読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chirl0301の山旅と手芸おまけににゃんこ

大好きな山の旅と つくること そしておまけににゃんこのブログ始めました

日本百名山15座めは『瑞牆山』

先週登った奥秩父の盟主『金峰山』のお隣山
岩の山様がカッコいい『瑞牆山
f:id:chirl0301:20170529103826j:plain
本日はメンバーに初登山がいるので 「瑞牆山荘」からの短いコースを選択
まぁ前日 ひとつ前のブログに揚げた80kmチャリ走の後ですし😜
f:id:chirl0301:20170529103920j:plain
前回の『金峰山』と同様 瑞牆山荘🅿️より新緑の登山道を「富士見平小屋」目指します
f:id:chirl0301:20170529104145j:plain
途中 先週は咲いていなかった山つつじがとてもキレイ
f:id:chirl0301:20170529104330j:plain
本日はカメラマン(ミラーレス一眼購入したて😅)が同行のため春~初夏のキレイな写真多数あり
f:id:chirl0301:20170529104647j:plain
そんな気持ちの良い森の中を50分程歩き「富士見平湧水」
f:id:chirl0301:20170529104903j:plain
美味しい軟水を飲んで「富士見平小屋」へ
f:id:chirl0301:20170529105002j:plain
本日は小屋の手前の『みずがき山』登山口へ
f:id:chirl0301:20170529105130j:plain
まずは沢まで下ります
f:id:chirl0301:20170529105423j:plain
新緑と青空がのぞく 沢を渡る
f:id:chirl0301:20170529105640j:plain
左手に大きな『桃太郎岩』
f:id:chirl0301:20170529105834j:plain
見事に割れた大きな岩を支える木々
この光景 日本ならでは?
これもね
f:id:chirl0301:20170529110034j:plain
少し行くと木の階段
f:id:chirl0301:20170529110130j:plain
ここからは大きな岩のオンパレード
よじ登れ
f:id:chirl0301:20170529110511j:plain
そして鎖場
f:id:chirl0301:20170529110611j:plain
人気山の宿命 大勢の登山者のため 登りの方下りの方 交互での通行
f:id:chirl0301:20170529111441j:plain
急ぐと危険 岩に負ける膝 強打😢
そんな中 先週皆無だったシャクナゲが岩の合間にチラホラ咲きだし 痛み遠退く😅
f:id:chirl0301:20170529111236j:plain
左手にひときわ大きな岩がそそりたつ
f:id:chirl0301:20170529111352j:plain
先週登った『金峰山』が木々の上に見えて 先週を思い出し 感動
f:id:chirl0301:20170529111650j:plain
ひたすら岩をよじ登り 行く先にポッカリあいた空間 もしや
f:id:chirl0301:20170529111845j:plain
青空の『瑞牆山 』2230m登頂
f:id:chirl0301:20170529112019j:plain
人は多いが 景色は最高
f:id:chirl0301:20170529112125j:plain
下から見上げた大きな岩と その彼方に南アルプス
f:id:chirl0301:20170529112300j:plain
そして左手には『金峰山』五丈岩がポコ
f:id:chirl0301:20170529112449j:plain
早いお昼を食べて下山
f:id:chirl0301:20170529112944j:plain
今度はひたすら岩の間を下る
f:id:chirl0301:20170529113241j:plain
大きな赤い岩を支える1本の木
f:id:chirl0301:20170529113137j:plain
そして こんな可憐な花を見ながらの下山f:id:chirl0301:20170529113356j:plain
踏まないてねf:id:chirl0301:20170529113426j:plain
あっ新緑の森の中に「ヨーダ」が!?
f:id:chirl0301:20170529113718j:plain
近づくと小熊のような倒木でした😄
f:id:chirl0301:20170529113906j:plain

今回のコースはコンパクトに登れるが 新緑の森や咲きだした花々、そして岩場・鎖場が楽しめるとても凝縮された良いコースでした☺️f:id:chirl0301:20170529114256j:plain

新緑やシャクナゲ・山つつじを見るなら今ですよ❗

帰路の小川沿いも新緑でドライブ最高f:id:chirl0301:20170529114457j:plain
途中 車停めてゆっくり景色に浸ってください
f:id:chirl0301:20170529114636j:plain
癒されますよ~

そして今回も「増富ラジウム温泉」へ
先週はまだだった田植えが終わったその向こうが 日帰り温泉
f:id:chirl0301:20170529114916j:plain

とても楽しい日帰り山旅でした🎵

中央高速の渋滞がなきゃあなぁ…トホホのホ

サイクリング 荒川秋ヶ瀬公園からスカイツリー ちょいと下町周遊

f:id:chirl0301:20170529091056j:plain
荒川土手の「秋ヶ瀬公園」🅿️よりスタートf:id:chirl0301:20170529091228j:plain
公園内を少し走って 次の「羽根倉橋」で右岸へ
f:id:chirl0301:20170529085523j:plain
荒川サイクリングロードはチャリダーのメッカの1つですが、ロードが広くて走りやすい。
とは言え、たくさんの野球場やサッカー場やゴルフ場、消防訓練や駅伝もやっていたり、ジョギングやお散歩、中学生の○○ハイクetcで たくさんの人々が行き交います。
f:id:chirl0301:20170529090210j:plain
「岩淵水門」を通り抜け
f:id:chirl0301:20170529090355j:plain
ひたすら走る
f:id:chirl0301:20170529090532j:plain
河口まで6km地点 風は向かい風
スカイツリーが右後ろになりつつある
f:id:chirl0301:20170529091308j:plain
向かい風ビュンビュン走はあきたな
スカイツリー』の辺りで美味しい物食べよ😁
と『スカイツリー』見ながら街中へ
f:id:chirl0301:20170529091614j:plain
考えてみると『スカイツリー』へはいつもチャリだなぁ
本日はお日柄も良く、『スカイツリー』近辺では「ご当地キャラクター フェスティバル in すみだ 2017」なるものが開催されています
f:id:chirl0301:20170529092243j:plain
おしなりくん」「カッパのコタロー」「ソラカラちゃん」がいないなぁ
この近辺のキャラクターじゃあないなぁと見ながら美味しい物探し
まずは煎餅屋さんの「みりん堂」
f:id:chirl0301:20170529092754j:plain
ぬれ煎が有名で「ぬれ煎」が有名らしく「ぬれそふと」なるぬれ煎の間にアイスがサンドを購入
f:id:chirl0301:20170529093123j:plain
貴重なキャラ缶もゲット😊
あと3つは食べられる美味しさ💗
「おしなり神輿」「バーバースカイツリー
f:id:chirl0301:20170529093351j:plain
お腹がすいた「ごはんだ ご飯だぁ」
てことで『鳥・魚 お食事処 なりひら』で
Aセット
f:id:chirl0301:20170529093828j:plain
焼き鳥丼
f:id:chirl0301:20170529093916j:plain
そして夏のオススメ 焼たけのこ
f:id:chirl0301:20170529094015j:plain
なんでメニュー画像?
そりゃあー あ➰た 食欲に負けて撮る前に食べちゃったから😅
当然 二人分ですから
定食は千円で大満足 リーズナブルなうえに ここでも缶バッチ2個ゲット
今度はお魚の定食も食べたい
さばきの上手いお店のお姉さんの笑顔もステキでした💗
お近くにいらしたら 食べてみて
そして『とうきょうスカイツリー駅』前
f:id:chirl0301:20170529094331j:plain
赤い絨毯に「太郎次郎軍団」がスタンバイ
f:id:chirl0301:20170529094608j:plain
最初立ち止まるのは私たちだけでしたが、「太郎さん」の巧みな話術と「次郎くん」のスマホ芸で見る見る間に人だかり
f:id:chirl0301:20170529094825j:plain
「次郎くん」の品のある涼しいお顔が凛々しくて
f:id:chirl0301:20170529094954j:plain
玉芸やらジャンプ芸やら最後まで惹き付けられました
f:id:chirl0301:20170529095114j:plain
もちろん御祝儀(?)はお札で☺️
スカイツリー近辺を離れ「隅田川」
f:id:chirl0301:20170529100044j:plain
振り返ると橋の向こうに「墨田区役所」「とスカイツリー
f:id:chirl0301:20170529100227j:plain
この辺りはお散歩にもってこい
さらに街中を荒川に向かって走る
ずっとスマホのmap片手に走行のため 充電がヤバイ😞💦
で最後に「尾久駅」近くで「あんみつ」ののほりで見つけた『山内商店』さん
f:id:chirl0301:20170529100750j:plain
お店の方、パンフによると「茂さん」が気さくでとっても親切な方でした。
大好きな「あんみつ」と「沖縄黒蜜」を購入
おまけに「刺身こんにゃく」をいただきました
f:id:chirl0301:20170529101233j:plain
これはふっくら大きな梅干しの入った「梅餡蜜」美味しかった❗
絶対にまた行きますからね😊

そして 荒川サイクリングロードに戻りまたまた向かい風の中 西日を浴びながらひたすらゴールの「秋ヶ瀬公園」を目指し爆走
f:id:chirl0301:20170529101700j:plain
お疲れさん

爽快で 楽しくて 美味しくて 疲れた 80kmのチャリ周遊でした
チャンチャン

日本百名山14座めは奥秩父の盟主『金峰山』

5/20 青空の下の登山はGWに『茅ヶ岳』から臨んだ『金峰山
f:id:chirl0301:20170521090335j:plain

中央高速「須玉インター」より「増富ラジウムライン」を通り 『瑞牆山荘駐車場』へ。f:id:chirl0301:20170521093422j:plain
登山口から瑞牆山金峰山ともに『富士見平』へf:id:chirl0301:20170521093824j:plain
木々の間から時々見える『瑞牆山』を横目に新緑の森を行きます
50分程登ると『富士見平小屋』のすぐ下に『富士見平湧水』
f:id:chirl0301:20170521094513j:plain
とてもとても美味な軟水
少し脇道にそれますが 絶対に飲むべきですね!
そして鹿ソーセージや窯焼きピザの食べられる『富士見平小屋』
f:id:chirl0301:20170521111614j:plain
前には色とりどりのテントとくつろぐ登山者
f:id:chirl0301:20170521111929j:plain
ここから『瑞牆山』・『金峰山』登山道は分かれます
f:id:chirl0301:20170521111958j:plain
ここで相棒と相談
今日は「行けそー」と言うことで『金峰山』へ
苔とまだまだ咲かぬシャクナゲの登山道
f:id:chirl0301:20170521112124j:plain
登山道の下に『大日小屋』が見えますf:id:chirl0301:20170521100433j:plain
上を見上げると『大日岩』の岩壁f:id:chirl0301:20170521112601j:plain
足元には苔と小さな白い花
f:id:chirl0301:20170521100816j:plain
花はまだまだのようですが なんとも素敵な色のコントラスト そして可憐なフォルム🍀
なんて言うのもつかの間
鎖場です!f:id:chirl0301:20170521101142j:plain
そして『大日岩』
f:id:chirl0301:20170521101352j:plain
雪の残る登山道を進みますf:id:chirl0301:20170521101523j:plain
やっと稜線に出ましたぁf:id:chirl0301:20170521101747j:plain
これから行く稜線が見えます
一番奥 大きな『五丈岩』の先が『山頂』です
下はこんなにキレてf:id:chirl0301:20170521102106j:plain
大きな岩の間を登り下り
蛇紋岩とは違いここの岩は花こう岩で 比較的滑らず 通り抜ける風が気持ち良い稜線です
雪の残る稜線の先にそびえる『五丈岩』
f:id:chirl0301:20170521102635j:plain
『五丈岩』直下には鳥居
f:id:chirl0301:20170521102818j:plain
登っている登山者がいましたが、たいがいが途中で断念
帰路ネットを見ると「ここはロッククライミングの経験者がトライすべき」とありました
そして『金峰山』山頂2559mf:id:chirl0301:20170521103406j:plain
その上の岩によじ登り 今来た稜線を振り返る
f:id:chirl0301:20170521103518j:plain
富士山・南アルプス中央アルプス・うっすら北アルプス八ヶ岳
f:id:chirl0301:20170521103823j:plain
『五丈岩』下で昼食
高い山の上 気圧でキャラメルがプックリ
飛行機の中みたいf:id:chirl0301:20170521104503j:plain
バックの岩と苔の色合いも良いですよね➰
さぁ 来た登山道を戻りましょーf:id:chirl0301:20170521104654j:plain

実は始めこそ「今日は行けそー」でしたが 登るに連れて足が重くなり 息もあがることも多々ありました
梅干しのお菓子やこまめな水分補給をいつも以上に繰り返したどり着きました
そして稜線の展望や 大好きな岩よじ登りに助けられ 苦しい中充実した山歩きでした

各小屋にはトイレがあり 利用料100円の箱が設置されています
山での管理はとても大変だと思われます
利用の際には 必ず利用料を払いましょー!
私にはそのぐらいしかできないし

次は『瑞牆山』だな😄
f:id:chirl0301:20170521105931j:plain

2週間前は まだかなり雪が残っていて少し心配でしたが 本日は青空新緑 絶好の登山日よりでした⛰️

おまけ
帰路『増富の湯』へ
f:id:chirl0301:20170521110104j:plain
ラジウム温泉は19時(冬は18時)までですのでご注意を。
道を挟んだ河原では「火祭り」が開催されていました
f:id:chirl0301:20170521110519j:plain

5月散歩にオススメの『四季の香 ローズガーデン』

練馬光が丘の中央に とにかくステキなガーデンが昨年オープンしました。
f:id:chirl0301:20170518202350j:plain
もともとあった薔薇の公園のすぐ横に薔薇だけではなく、色とりどりの花々がガーデニングされています。
f:id:chirl0301:20170518203431j:plain
アーチやトレリス、レンガやベンチが上手に配置されていて、うっとり❤️
f:id:chirl0301:20170518203835j:plain
もちろん薔薇
f:id:chirl0301:20170518203940j:plain
薔薇
f:id:chirl0301:20170518204016j:plain
だけではないのです
ブルー
f:id:chirl0301:20170518204128j:plain
ホワイト
f:id:chirl0301:20170518204229j:plain
イエロー
f:id:chirl0301:20170518204358j:plain
ベンチのりす
f:id:chirl0301:20170518204600j:plain
f:id:chirl0301:20170518204637j:plain
どちらも素敵でしょー?
とにかく咲き乱れています。
5月中がおすすめです。
5/3〜28 Spring Festivalが開催されているそうで、色々体験も出来るみたい。
詳しくは練馬区のHpを確かめてみてください。
前からある薔薇の公園も色とりどりの薔薇バラばらが楽しめます。
f:id:chirl0301:20170518205403j:plain

バラ園と言えば『深大寺植物園』にここ数年春秋、父上母上を誘っていましたが、ここもコンパクトだけど色とりどりの花々を愛でることができて良かったです。
入園料もなく、近隣にパーキング(商業スペース)もあり、お帰りにお買い物も出来てGood!
決して回し者ではありませんよ(笑)


撮影してきた花々は、デッサンして刺繍の図案に。
さあ 四季の香を作品に生かすぞっと!

2017GW山旅+ ② 北八ヶ岳 雪の残る北横岳そしておまけは八ヶ岳へリゾートアウトレット

GW2日目は北八ヶ岳f:id:chirl0301:20170507122538j:plain
北八ヶ岳ロープウェー
f:id:chirl0301:20170507125646j:plain
には乗らず(^-^)
ロープウェーの🅿️より 登山口へ
f:id:chirl0301:20170507125838j:plain
上を行くロープウェーを見ながら スキー場脇の登山道を登ります
f:id:chirl0301:20170507130013j:plain
まだ枯れ色のささの中を登り
f:id:chirl0301:20170507130208j:plain
先のスキー場を見上げると雪
f:id:chirl0301:20170507130307j:plain
こりゃあアイゼン登場か!?
f:id:chirl0301:20170507130419j:plain
軽アイゼンを装着し さくさく登ってロープウェーの到着駅
大きなキツツキがお出迎え
f:id:chirl0301:20170507130750j:plain
山頂は雪の『坪庭』
f:id:chirl0301:20170507130948j:plain
観光客の方々が歩けるように 除雪されていますので ご安心ください
子どもたちは季節はずれの雪に大喜びの様子でしたが😄
f:id:chirl0301:20170507210947j:plain
溶岩台地に高山植物が群生する坪庭自然園
f:id:chirl0301:20170507211129j:plain
少し眺めながら 登山道へf:id:chirl0301:20170507200728j:plain
山道を進む程に雪f:id:chirl0301:20170507200904j:plain
よく見ると 木々の下は 山全体が雪です😅f:id:chirl0301:20170507201132j:plain
当然 アイゼン大活躍😄
さくさく登って『北横岳ヒュッテ』
f:id:chirl0301:20170507201312j:plain
そこからさらに雪の急峻をしばらく登って行くと北横岳南峰(2476m)に到着f:id:chirl0301:20170507201623j:plain
振り返ると八ヶ岳の山々f:id:chirl0301:20170507201745j:plain
南アルプスf:id:chirl0301:20170507201835j:plain
そして すぐそこに昨年のGWで登った蓼科山f:id:chirl0301:20170507202014j:plain
昨日に引き続き 360度の大パノラマです
すばらしかァ❗
さらに雪の道を少し行くと 北横岳北峰(2460m)
f:id:chirl0301:20170507202312j:plain
下りも もちろん雪の中
もちろんロープウェーには乗らず 自分の足で下山
f:id:chirl0301:20170507202458j:plain
なぜかアイゼンの右足の底がブロウクン
しかも同時に相棒の右足も😞
そーとー負担をおかけしたようで😅
それでも元気に自力で下山
こんな景気を眺めながらf:id:chirl0301:20170507202912j:plain
約6時間半

お腹もすいたし『八ヶ岳リゾートアウトレット』で美味しい物食べるぞ✨
約30km 南アルプス八ヶ岳の間の気持ち良い道『八ヶ岳エコーライン』
f:id:chirl0301:20170507203550j:plain

こんなすてきな森の中に点在する『八ヶ岳リゾートアウトレット』
f:id:chirl0301:20170507203749j:plain
まずはソフトクリーム❗
グラノーラトッピングと信玄餅ソフト
f:id:chirl0301:20170507204003j:plain
もーメチャクチャ美味なの❗
甘過ぎず コッテリし過ぎず
あと3つはイケる❗
でもお腹もすいた😞
こんな雰囲気のあるテラスで インドカレー食べよー
f:id:chirl0301:20170507204331j:plain
3種のカレー(バターチキン・パラクパニール・チキンカレー)にシシカバブー・タンドリーチキン・タンドリーブラウン(エビ)・ターメリックライスになんとかの賞をとったと言う3種のキノコチーズナン、ラッキーにマンゴープリン
f:id:chirl0301:20170507205147j:plain
カレーはまーまーでしたが ナンが美味しかったです

今晩の宿(茅野)への帰路
車窓にウットリ
f:id:chirl0301:20170507205437j:plain
田んぼに映る夕暮れ
f:id:chirl0301:20170507205601j:plain
この景気を眺めるためだけに ここ『八ヶ岳エコーライン』を走るのもありです(* ´ ▽ ` *)

3日目に立ち寄った『県営八ヶ岳牧場』も景色の良い 気持ちの良いところでした
f:id:chirl0301:20170507210207j:plain

ぜひドライブデートしてください。
家族連れやワンちゃん連れも 楽しめるコースも盛り沢山の『八ヶ岳

ただし 山はまだまだ雪深いのでご注意あれ。

2017GW山旅+ ①茅ヶ岳 昇仙峡

GW2泊3日の山旅
1日目は『日本百名山 深田久弥先生終焉の地』茅ヶ岳
f:id:chirl0301:20170507102102j:plain

中央高速韮崎ICから約7km 『深田久弥記念公園』の🅿️登山口より
f:id:chirl0301:20170507102629j:plain
登りやすい登山道は若葉があふれ
f:id:chirl0301:20170507103009j:plain
両脇には春の可憐な花々
f:id:chirl0301:20170507103310j:plain
f:id:chirl0301:20170507103417j:plain
古い小屋の屋根の上はすみれ畑
f:id:chirl0301:20170507103542j:plain
登山道の岩の間にも
f:id:chirl0301:20170507103919j:plain

大きな岩を支える木々(笑)
f:id:chirl0301:20170507104232j:plain
こう言う風景 よく見ますよね
日本人気質のジョーク?

途中 水場の女岩
落石が多く立入禁止でしたf:id:chirl0301:20170507104544j:plain
少し手前に水場が設けられていますので そちらでいただきましょう(^-^)

綴れ織りに登る道をすり抜けて進むと 突然『深田久弥先生終焉地』の碑
f:id:chirl0301:20170507104945j:plain
少なからず影響を受け その言葉に共感し 足元をちょろちょろと行かせていただいてる自分
手を合わせて先に進むと 程なく頂上(1704m)
f:id:chirl0301:20170507105523j:plain
富士山f:id:chirl0301:20170507105653j:plain
南アルプスf:id:chirl0301:20170507105742j:plain
瑞牆山 金峰山f:id:chirl0301:20170507110059j:plain
ベタですが360度の大パノラマ
空が広い!f:id:chirl0301:20170507110227j:plain
頂上より深田記念公園に降りる登山道
上の方は まだ春の若葉はなくf:id:chirl0301:20170507110456j:plain
でも 岩の陰には春f:id:chirl0301:20170507110633j:plain
ステキ
足元にもf:id:chirl0301:20170507110752j:plain
降りるにつれて春の森f:id:chirl0301:20170507111022j:plain

そして深田記念公園の東屋が見えてきましたf:id:chirl0301:20170507111222j:plain
そこには『百の頂きに百の喜びあり』の記念碑がひっそりと…f:id:chirl0301:20170507111430j:plain
振り返ると森の間に茅ヶ岳f:id:chirl0301:20170507111533j:plain
ほっと ふうっと 何か良い感じ
感じに行ってみよう🌸

本日はおまけに昇仙峡へ 車で約20km
昇仙峡の上 こんなキレイな神社
f:id:chirl0301:20170507112114j:plain
金峰山を神体山とす?『金櫻神社』
御神木のうこん櫻が神社を守るf:id:chirl0301:20170507112333j:plain
神社の柱には『昇龍と降龍』
f:id:chirl0301:20170507113143j:plain
とても艶やかな なんでも「一生金運に恵まれる御神木ウコン櫻」とか
ぜひご利益艶やかなますように!

そして山を降ると『昇仙峡』
無料🅿️より『仙娥滝』入口へf:id:chirl0301:20170507113832j:plain
日本の滝百選『仙娥滝』
f:id:chirl0301:20170507114331j:plain
右手に渓谷をみながらの遊歩道
f:id:chirl0301:20170507115742j:plain
両壁は断崖f:id:chirl0301:20170507114845j:plain
岩の間を通るf:id:chirl0301:20170507115032j:plain
すんでのところで浮いてるf:id:chirl0301:20170507115316j:plain
急峻で直立の岩『覚円峰』に『天狗岩』
f:id:chirl0301:20170507115615j:plain
それぞれの箇所にQRコードがありスマホ片手に知識を入れつつ散策出来ますf:id:chirl0301:20170507120103j:plain
岩の屋根(テレビで見た中国の秘境みたい)を戻るとf:id:chirl0301:20170507120212j:plain
水晶やアメジストのお店
f:id:chirl0301:20170507120511j:plain
『 夫婦木大神』もf:id:chirl0301:20170507120626j:plain
子宝に恵まれる神社だそうです

1日目は山梨
『茅ヶ岳』『金櫻神社』『昇仙峡』を楽しんだ山旅でした。
車で廻られる方にはオススメのコースです。
山の若葉と花々や里の桜を楽しむなら『今』でしょ❗
ちょっと古いか(笑)
次のブログ「2日目は長野」お楽しみに。

春の里山 日和田山~北向地蔵~鎌北湖~宿谷の滝

奥武蔵自然公園で花と新緑見ながら歩きますf:id:chirl0301:20170423134649j:plain
ファミリーで楽しめますよ🎵

電車なら西武線高麗駅から徒歩10分
車なら日和田山の登り口すぐに🅿️(300円)あり

登り口入ってすぐにベンチとトイレがあります
f:id:chirl0301:20170423135134j:plain
登る道はいくつかあって 山の真ん中 新緑の中を行きます
f:id:chirl0301:20170423135340j:plain
おしゃべりしなからや 小さいお子ちゃま連れの方は、右端に斜度の少ないゆったり道もありますよ。

目先には新緑の中 鮮やかな花🌸
f:id:chirl0301:20170423140703j:plain
足元にも花🌸
f:id:chirl0301:20170423140504j:plain

大きな鳥居を抜け
f:id:chirl0301:20170423135620j:plain
男坂と女坂の分岐点
f:id:chirl0301:20170423135722j:plain
男坂へ進むと木の根っこ登りや
f:id:chirl0301:20170423135835j:plain
岩をよじ登る
f:id:chirl0301:20170423140010j:plain
短いけれどアスレチックのように楽しめる男坂です
ゆっくり散策しながらの家族連れやカップルは女坂へ

岩を登りきるとまた鳥居があり、奥には本宮
f:id:chirl0301:20170423140624j:plain
振り返ると 眼下には菜の花の黄色と新緑がキレイな巾着田
f:id:chirl0301:20170423141000j:plain
ここでお昼を広げて のんびり景色を楽しんでお帰りになるファミリーがたくさんいらっしゃいます😊
さぁ歩くぞ の方は
和田山山頂へは本宮の右側へ
高指山・物見山へは本宮の左側へ進みます
物見山方面へ林道を行きます
f:id:chirl0301:20170423141354j:plain

少し行くと舗装路に出ます
右手奥の小高く 鉄塔がたつ『高指山』
f:id:chirl0301:20170423141743j:plain
歩道をしばらく行くと景色が開け ミカンの缶詰めのような(😄)山吹の花が咲き乱れています
f:id:chirl0301:20170423141935j:plain
右手にトイレあり(ボチャン式)
左手にちょっとした茶屋あり
いつもなら白い看板ネコが寝てますが 今日は朝早かったためお店も白ネコもまだでした

赤いお顔の案内板の先を右手の山道に入ります
f:id:chirl0301:20170423144931j:plain
林道をしばらく登り
f:id:chirl0301:20170423142840j:plain
『物見山』頂上(375m)
f:id:chirl0301:20170423142944j:plain
少し下って行くと林道の端に無人のお店
夏みかんに菜の花 ・ブロッコリー・里芋・ワラビ・ジャガイモ・キウリフルツ(たぶんキウイフルーツ😊)・シンギク(たぶん春菊😄)
f:id:chirl0301:20170423145638j:plain
季節によっていろいろ出てます
大きめのリュックで来てね
林道にも小さなたくさんの花
f:id:chirl0301:20170423145857j:plain
舗装路に出る直前
お花に囲まれた『北向地蔵』
f:id:chirl0301:20170423150241j:plain
地元の方に愛され 大事にされているのでしょう
赤いお揃いのお帽子にたくさんのお花
f:id:chirl0301:20170423150158j:plain

標識に従って鎌北湖へ
f:id:chirl0301:20170423150619j:plain
下りきると不思議なちょっと妖怪チック(?)な『鎌北湖』
f:id:chirl0301:20170423150950j:plain
新緑と花の中 木の階段を登り また山道へ
途中 新緑の中にベンチとテーブルがあります
目に風に癒されながら 行動食でも食べましょ🎵
f:id:chirl0301:20170423151454j:plain
可憐に咲く白いすみれ
f:id:chirl0301:20170423151216j:plain

舗装路に出て少し行くと左手に『宿谷の滝』に降りて行く木の階段があります
f:id:chirl0301:20170423151838j:plain
下りきると『宿谷の滝』
f:id:chirl0301:20170423152030j:plain
真冬の雪が残る頃 お経を唱える大きな声が響き渡り 白装束の修行者が滝に打たれていました
滝行が終わると 分厚いダウンに着替えお帰りなられました😅
滝の左手には川沿いに キレイに整備された歩道があり 暑い夏ファミリーで遊ぶ姿を見ました
先に舗装路とちょっとした車がおけるスペースがあり 穴場かも
f:id:chirl0301:20170423153028j:plain
滝の上には東屋があり 子どもたち遊べる広場もあります
f:id:chirl0301:20170423153253j:plain

物見山に向かって小さな沢沿いを行きます
f:id:chirl0301:20170423153512j:plain
沢脇に「パワースポット 宿谷の小滝」とあり
f:id:chirl0301:20170423153658j:plain
シダと高い杉の中の小さな滝
f:id:chirl0301:20170423160450j:plain
急に根っこの急斜面
f:id:chirl0301:20170423154030j:plain
えっちらこっちら登って行くと 右側が開け …植林が伐採された様子…はとても広く 春なのに寒々しい
f:id:chirl0301:20170423154326j:plain
登りきると 舗装路またぎ さらに登ると物見山から北向地蔵の間の林道に戻ります
f:id:chirl0301:20170423154628j:plain

和田山に戻り たくさんの人がくつろぐ岩の上をすり抜けて女坂で花を楽しみながら下山
f:id:chirl0301:20170423154927j:plain

全ての行程でなくても 体調にあわせてお楽しみください
春の新緑やお花を楽しむなら 『今』です❗
家族で ふたりの散策で ぜひ訪れてみてください❗