chirl0301の山旅と手芸おまけににゃんこ

大好きな山の旅と つくること そしておまけににゃんこのブログ始めました

日本百名山28座めは南アルプスの白く光る『甲斐駒ヶ岳』

初の南アルプスはとにかくカッコいい『甲斐駒ヶ岳』(*^^*)うっとり〜

 f:id:chirl0301:20180807074440j:image

前日(零時を越えてたから当日ですが...)深夜に仙流荘の🅿️(無料350台)に到着、車中泊

朝4時に起床すると、🅿️はザワザワ、ヤバイ、バス乗車のために並ぶ。

f:id:chirl0301:20180807075015j:image

土日は始発5時ですが、長蛇の列、さすが南アルプス

暗い中、登山届を提出して、何とか始発の2台めに乗車。

約40分で登山口の『北沢峠』着。

f:id:chirl0301:20180807075551j:image

左に登れば『甲斐駒ヶ岳』右に進めば『仙丈ヶ岳

f:id:chirl0301:20180807075739j:image

なんか贅沢~

今回は)『甲斐駒ヶ岳』へ、登山道はしらびその林を登って行きます。

f:id:chirl0301:20180807080037j:image

しらびその真っ黒の実がいっぱいついた枝が落ちていました。

f:id:chirl0301:20180807080218j:image

登山道をズンズン行くと頭上が開け、『仙丈ヶ岳』に飛行機雲が伸びています。

f:id:chirl0301:20180807080844j:image

青空に四号目

f:id:chirl0301:20180807081016j:image

 

石岩ゴロゴロをおりたり登ったりを繰り返す

f:id:chirl0301:20180807090710j:plain

「駒津峰(2750m)」六合目

f:id:chirl0301:20180807085608j:plain

からの『甲斐駒ヶ岳』山頂

f:id:chirl0301:20180807085719j:plain

まだ先だなあ

また下るのかあ

展望は最高

f:id:chirl0301:20180807085921j:plain

北岳間ノ岳、左奥には鳳凰三山の「地蔵岳」にオベリスク

そしてうっすら富士山

さあ、ガンバりますか

さらに大岩山道を行く

f:id:chirl0301:20180807084955j:plain

ハイマツの中に大きな「六万石」

f:id:chirl0301:20180807095752j:plain

岩場の分岐

「直」か「マキ」か

f:id:chirl0301:20180807091634j:plain

「マキ」で。。。

青空にそびえ立つ山頂はまだまだ先!

f:id:chirl0301:20180807092034j:plain

テレビで見た「唯一日影をつくってくれる木」

f:id:chirl0301:20180807092211j:plain

白く光る炎天下のオアシス

岩の間を登るリュックに一直線の飛行機雲

f:id:chirl0301:20180807092458j:plain

カメくん(岩)が青空に向かって首を伸ばしてるみたい

f:id:chirl0301:20180807092739j:plain

景色は最高だ

。。。けど登りはツライ〜

振り返ると白い山容の先に「魔天ケ天」

f:id:chirl0301:20180807093121j:plain

山頂でお出迎えはわらじの下がる祠

f:id:chirl0301:20180807093304j:plain

甲斐駒ヶ岳(2967m)』

f:id:chirl0301:20180807093439j:plain

登山口から約4時間半

よく登り下りを繰り返し、さらに登りる、やっぱアルプスは甘くないですね〜

この先の「鋸岳」はキケンらしい。。。

f:id:chirl0301:20180807094110j:plain

30分程休憩して下山を始めると

登りでは気づかなかった岩の間の小さな花壇(?)

「雪先花」

f:id:chirl0301:20180807094412j:plain

下る!

f:id:chirl0301:20180807095049j:plain

突き出る岩をよけ、登り下る

f:id:chirl0301:20180807095207j:plain

途中「六万石」を持ち上げ٩( 'ω' )و

f:id:chirl0301:20180807100030j:plain

「駒津峰」の先の分岐で行きの「双児山経由」ではなく「仙水峠経由」でバスターミナルのある「北沢峠」に向かって下ります。

f:id:chirl0301:20180807100112j:plain

分岐で振り返ると白く凛々しい『甲斐駒ヶ岳

f:id:chirl0301:20180807100324j:plain

カッコいいなあ

あらためて、てっぺんに立てて良かった〜

先の景色が一変

岩ゴロゴロの登山道

f:id:chirl0301:20180807100711j:plain

両側の山も岩石がびっしり

f:id:chirl0301:20180807100816j:plain

こんな不思議な白い苔(?)の群生

f:id:chirl0301:20180807100927j:plain

岩ゴロゴロを抜け、シラビソの林を行きます。

f:id:chirl0301:20180807101046j:plain

バスの時間(15時・最終16時)を気にしつつ下り

「仙水小屋」

f:id:chirl0301:20180807101340j:plain

その脇の水場の南アルプスの水は、冷たくてとても美味しい!

あまりに冷たくて、手では2度が限度でした。

f:id:chirl0301:20180807101547j:plain

さらに下り、「長衛小屋」

f:id:chirl0301:20180807101943j:plain

テント場は色とりどり

たくさんの人たちが楽しんでいる様子

f:id:chirl0301:20180807102111j:plain

最後は砂利道を少し登り返し「北沢峠」に到着

約9時間の初南アルプスの『甲斐駒ヶ岳』周遊コース

帰路のバスの車窓から『甲斐駒ヶ岳』を目に焼き付けます。

いつもの山梨方面から見るのとは違う、深い山並みの中の『甲斐駒ヶ岳

f:id:chirl0301:20180807102746j:plain

どちらも

やっぱ

カッコいい〜

 

車を停めた「仙流荘」の日帰り風呂で汗を流して帰路へ。

 

登山口へは伊那市営バスでのみの入山なので、日帰り登山の場合は、とにかく始発で行かねばなりません。

しかも土日の始発は5時ですが、平日は6時、最終帰路バスは16時。

前泊しないと厳しいです。

さすがアルプス。。。です(*´-`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本百名山27座めは天空の湿原『苗場山』


f:id:chirl0301:20180731075010j:image

台風一過の平日、山頂の湿原が最高❗の『苗場山』へ。


f:id:chirl0301:20180731075643j:image

フジロック」最終日でわく「苗場スキー場」を横目に、その先の「かぐらみつまたスキー場」近くの「道の駅みつまた 街道の湯」で前日車中泊してのトライ。

 
f:id:chirl0301:20180731210410j:image

コースは最もポピュラーと言われている「祓川(はらいがわ)コース」

かぐらみつまたスキー場の駐車場脇から車で約10km走り、「かぐらスキー場町営🅿️」(無料約30台)に停めてスタート。

🅿️→和田小屋→神楽ヶ峰→苗場山山頂→湿原

往復

 🅿️脇の「苗場山登山口」からスタート

f:id:chirl0301:20180731210516j:image

スキー場の中なので、ちゃんとキレイなトイレあり(^^)d

少し行くと車道にでます。

f:id:chirl0301:20180731210815j:image

🅿️から25分でスキー場の中の「和田小屋」

f:id:chirl0301:20180731211022j:image

登山届を出して

f:id:chirl0301:20180731211155j:image

ゲレンデの右脇から登山道へ

f:id:chirl0301:20180731211326j:image

木道と岩ゴロゴロの登りを繰り返し

f:id:chirl0301:20180731211521j:image

清々しいブナの木と青空と緑の山々を楽しみながら

f:id:chirl0301:20180731211746j:image

和田小屋から登ること、約1時間15分

展望の開けた「下ノ芝」


f:id:chirl0301:20180731212148j:image

さらに石ゴロゴロの登りと木道を約1時間30分、中ノ芝を経て上ノ芝

f:id:chirl0301:20180731212658j:image

展望最高!

青空の下、山々を滝雲が流れています


f:id:chirl0301:20180731212954j:image

そして先に続く木道脇のベンチで水分補給

f:id:chirl0301:20180731213105j:image

リュックも映える、青緑白のコントラスト

さらに登り、小松原分岐

f:id:chirl0301:20180731213758j:image

苗場山山頂』を目指しさらに展望の良い登山道を行くと、左手眼下に緑色の湖が光る

その向こう側が、苗場スキー場

f:id:chirl0301:20180731213940j:image

突然出てきた「股スリ岩」を越える

f:id:chirl0301:20180731214153j:image

確かに股すります(^^;

上ノ芝から約1時間15分登りきると「神楽ヶ峰」(2029.6m)

f:id:chirl0301:20180731214456j:image

なんとここからは急な下りです

下る途中から、先にポコっとせりあがる山


f:id:chirl0301:20180731214849j:image

あれが『苗場山』(と、途中行くかうご夫婦にお聞きしました、ついでに最後大変よーと。。。💧)

下りきった先に続く登山道が見えます

朝日が眩しい「雷清水」で冷たいお水をいただき(どうやっても光が入っちゃう~)

f:id:chirl0301:20180731215151j:image

お花畑に癒され

f:id:chirl0301:20180731215246j:image

これからの登りをガンバります

「お花畑」の案内板のとおり

見事なタカネナデシコのごんずいだま

f:id:chirl0301:20180731215458j:image

そして振り替えると「雲尾根」をまさに雲が渡るのが見えます

f:id:chirl0301:20180731215703j:image

花に応援されて急騰を登ります

f:id:chirl0301:20180731220019j:image

登りきれた?

先に木道を見えた!

f:id:chirl0301:20180731220205j:image

霧の『苗場山』の湿原が広がる

f:id:chirl0301:20180731220435j:image

木道をさらに少し登り『苗場山山頂』(2145.6m)

f:id:chirl0301:20180731220606j:image

🅿️から約4時間半、山頂ヒュッテ

f:id:chirl0301:20180731220738j:image

苗場山』を楽しむ方の多くがお泊まりになるようです

キレイなトイレ(使用料100円)をお借りして、湿原に戻ると青空に\(^o^)/

f:id:chirl0301:20180731221055j:image

奥に続く湿原、そして山々をのぞむ

f:id:chirl0301:20180731221313j:image

ステキ過ぎる。。。

f:id:chirl0301:20180731221444j:image

ぜひ、その目で確かめてください

帰路は同じコースを下り、お花畑と青空を楽しみながら

f:id:chirl0301:20180731221755j:image

 そして登り返し、ひたすら下りスキー場の登山口に戻ります

f:id:chirl0301:20180731221902j:image

たっぷり楽しんだ約7時間半

 

下山後は「道の駅みつまた」で八色スイカとハチミツソフト


f:id:chirl0301:20180731222150j:image

そして隣の温泉で汗を流して帰路へ。

 

今回のおまけは、前日の往路で寄った「道の駅こもち」
f:id:chirl0301:20180731222521j:image

上州豚のカツ丼

f:id:chirl0301:20180731222619j:image

赤城牛のカルビ丼

f:id:chirl0301:20180731222723j:image

そして、前日立ち寄った「越後湯沢駅」の酔っぱらいサラリーマン

f:id:chirl0301:20180731222904j:image

どちらもお近くに行かれた際に、お確かめあれ(^-^)v

展望最高の奥のお山『苗場山』でした(^-^)

 

 

 

 

 

 



 



深大寺手作り市 初出店


f:id:chirl0301:20180721092740j:image

猛暑続く三連休の最終日7月16日に、深大寺手作り市初出店しました(^-^)v

f:id:chirl0301:20180721081558j:image

朝7時半から搬入

スタッフの方々は慣れてる感じで手際よく、優しく対応してくださいました

場所は深大寺正面左手、七福神のふくよかな像のすぐ裏側の広場で開催


f:id:chirl0301:20180721082437j:image

お店のレイアウトはこんな具合


f:id:chirl0301:20180721090458j:image

両隣はハーバリウムのお店とアクセサリーのお店でした

マネキンはリメイクした藍染カットソー(展示のみ)にリュックに刺繍を施したキャップ


f:id:chirl0301:20180721090937j:image

リュックに付けたポケットポーチと吊り下げまんまるイヤホンケース


f:id:chirl0301:20180721091110j:image

刺繍はすべて大好きな『飛騨高山小鳥屋(おどりや)』さんの刺し子糸を使っています。

手前はフェルトのブックカバーと刺繍の髪ゴム、奥はがま口ポーチ


f:id:chirl0301:20180721091438j:image

 刺し子糸刺繍のバック


f:id:chirl0301:20180721091701j:image

ねこちゃん刺繍の小さなトートバック


f:id:chirl0301:20180721091809j:image

ねこちゃん刺繍の青い小さなトートバックとポーチ


f:id:chirl0301:20180721091939j:image

気づくとねこちゃんばっかり(^^;


f:id:chirl0301:20180721092140j:image
f:id:chirl0301:20180721092209j:image

ねこちゃんと素朴なお花がテーマ

と言うことに(^^;

 とてもとても暑い中、おいでいただきました皆さまに感謝

一期一会の出会いに感謝

ねこちゃんトートや小花のショルダーやポーチや髪止め等々、お買い上げいただきましたお客さまに大感謝

な1日でした(^-^)

 

また10月・11月に本業(^-^)vのニット雑貨をひっさげて出店させていただこうかと考えてます


f:id:chirl0301:20180721093612j:image

minne 手作り作家 chirl-s

 

日本百名山26座めは修験道『武尊山』

本日のルートは「武尊山神社」→登山口→手小屋沢避難小屋→『武尊山山頂』→『剣ヶ峯』→登山口の周遊
f:id:chirl0301:20180715075914j:image

群馬の『武尊山』へは、関越道「水上IC」から国道291号→県道63号、「武尊山神社」近くの「裏見の滝🅿️」(無料)に車を停めてスタート。

まずは登山口で登山届を提出


f:id:chirl0301:20180715080117j:image

そして🅿️からすぐの「武尊山神社」で登山の無事をお願いしましょう


f:id:chirl0301:20180715080251j:image

まずは砂利道を40分

道の両側にとっても爽やかな色合いの紫陽花が迎えてくれます


f:id:chirl0301:20180715080619j:image

7月だけど。。。キレイ

やっと登山口

 
f:id:chirl0301:20180715081043j:image

最初は気持ち良いブナ林の登山道


f:id:chirl0301:20180715085423j:image

豪雪地帯のため、こんなに根曲がりしてます


f:id:chirl0301:20180715085636j:image

でも力強い!

そして発見!

テレビで見た、葉緑素も持たない全体が真っ白な花


f:id:chirl0301:20180715085910j:image

ブナ林下に自生する「銀竜草

根っこの急騰をえっちらこっちら


f:id:chirl0301:20180715090627j:image

大きなブナが根こそぎ倒れてます

 
f:id:chirl0301:20180715090929j:image

自然の威力に感動しながら登ること約3時間

いよいよ出て来ました

 f:id:chirl0301:20180715091257j:image

そびえ立つ鎖場

よじ登る


f:id:chirl0301:20180715091436j:image

長くはないが4ヵ所

楽しめましたぁ(^^;

展望が開け、お近くの『谷川岳』が雲の帽子の下


f:id:chirl0301:20180715091841j:image

行く先に『武尊山』の山頂も見えます


f:id:chirl0301:20180715091958j:image

まだ残ってるのね シャクナゲ


f:id:chirl0301:20180715092227j:image

ちょっと得した気分(^-^)

ユリも気品高く一輪


f:id:chirl0301:20180715092349j:image

急騰もなんのその

約4時間登り続け『武尊山』沖武尊山頂(2158.3m)到着


f:id:chirl0301:20180715092558j:image

お昼を食べて、次に目指すは『剣ヶ峯』


f:id:chirl0301:20180715092811j:image

一番奥の尖ったのが、『剣ヶ峯』

結構先は長そ~

まずは石ゴロゴロの急坂を下る


f:id:chirl0301:20180715093214j:image

足下気をつけて!

そして気持ちの良い稜線歩き


f:id:chirl0301:20180715093547j:image

ここにもお花たくさん

雪の下草


f:id:chirl0301:20180715093715j:image

黄色の花束みたい


f:id:chirl0301:20180715093805j:image

小さな登り降りを繰り返し、足のつった相棒と(^^;勢いのある白い花


f:id:chirl0301:20180715094020j:image

最後の登りの案内板


f:id:chirl0301:20180715094230j:image

ガンバるぞっと


f:id:chirl0301:20180715094337j:image

登りきり『剣ヶ峯』(2020m)頂上


f:id:chirl0301:20180715094506j:image

ここからはとにかく下るのだ!


f:id:chirl0301:20180715094655j:image

長い長い下り

イヤになっちゃう程、下り

小さな沢をいくつか渡り

f:id:chirl0301:20180715095106j:image

やっと周遊口まで戻り、さらに「武尊山神社」まで約2kmかぁ


f:id:chirl0301:20180715095503j:image

お昼タイムや撮影タイムを含めると

なんと約9時間

気持ちの良いブナ林・根っこの急騰・そびえ立つ鎖場・絶景広がる稜線・長い下り

おまけにお花たくさん

いろいろつまった 充実山旅でした(^-^)v

 

汗いっぱいかいたら、🅿️から車ですぐ

青少年旅行村(500円)でひとっ風呂


f:id:chirl0301:20180715100257j:image

 

 

 

 

 



 

日本百名山『赤城山』今度はちゃんと最高峰の『黒檜山』へ

前回は『赤城山』の『地蔵ヶ岳』だったので、今回は最高峰の『黒檜山』へ
f:id:chirl0301:20180630193803j:plain

コースは黒檜山登山口→猫岩→黒檜山山頂→絶景スポット→黒檜山山頂→鳥居→駒ヶ岳頂上→大沼湖畔→黒檜山登山口🅿️の周遊コース
f:id:chirl0301:20180701113154j:plain
赤城神社の先の黒檜山登山口🅿️(無料2~30台可能)に車をとめて、そこからすぐの「黒檜山登山口」からスタート
f:id:chirl0301:20180701113312j:plain
大きな石や岩がゴロゴロの急騰を登って行きます
途中、「猫岩」とありましたが、全くどれやらわかりません😅
f:id:chirl0301:20180701113726j:plain
足下にあるのかなぁ

大沼の向こうに「地蔵ヶ岳」が見えます
f:id:chirl0301:20180701115132j:plain
そろそろ終わりの季節を迎えた春ゼミの寂しげな鳴き声の中、ゴロゴロ岩の間を登る
f:id:chirl0301:20180701165418j:plain
30分も登ると、「大沼の上方に富士山」なる標識
f:id:chirl0301:20180701180724j:plain
確かにはるか山々の上に「富士山」が臨めます
f:id:chirl0301:20180701141937j:plain
わかりますかねぇ

つつじが終わって初夏の緑がまぶしい
そんな中にこんなかわいい森の風景
f:id:chirl0301:20180701163716j:plain
苔の上に落ちてきた赤い花

やっとなだらかな道
f:id:chirl0301:20180701163502j:plain
登山口から1時間15分『赤城山 黒檜山山頂』(1828m)到着
f:id:chirl0301:20180701164331j:plain
山頂標識の下に「絶景スポット2分」とあるので、その先に進みます
標識通り2分ちょっとで、尾瀬方面への展望が広がった広場に出ました
f:id:chirl0301:20180701164925j:plain
『燧岳』がはっきり見えます
f:id:chirl0301:20180701165125j:plain
ピストンで折り返して山頂に戻り、ちょいとキュウリをかじってから、「駒ヶ岳」に向かいます
青空と緑の中に ベニドウダンが咲いています
f:id:chirl0301:20180701165814j:plain
少し下っていくと「御黒檜大神」と書かれた岩が祀られた古い鳥居
f:id:chirl0301:20180701170032j:plain
さらに下っていくと、今度は「絶景スポット60歩」なる標識
f:id:chirl0301:20180701170230j:plain
「日本一の関東平野 筑波山」とありましたが、こちらの方面は雲が張り付いていて残念
f:id:chirl0301:20180701170455j:plain
60数えながら戻って、さらに下る
振り返ると『黒檜山』がモッコリと見えます
f:id:chirl0301:20180701171107j:plain
木段を登っていく
f:id:chirl0301:20180701171247j:plain
『黒檜山山頂』から約1.2km、下界が白く覆われた「赤城 駒ヶ岳
f:id:chirl0301:20180701171456j:plain
よく見ると、勢いのある緑の中にハコネウツギの花
f:id:chirl0301:20180701171827j:plain
登山道脇にも花束のような白い花
f:id:chirl0301:20180701171936j:plain
そして今年初の出会い
まんまる太った青虫くん
f:id:chirl0301:20180701172313j:plain
森の中を観察しながら、階段をくだります
f:id:chirl0301:20180701172440j:plain
山頂から約1時間で大沼湖畔に降りて来ました
f:id:chirl0301:20180701172627j:plain
湖畔の先に見える「赤城神社」への赤い橋に向かいます
f:id:chirl0301:20180701172748j:plain
橋を渡り、神社にお参りします
f:id:chirl0301:20180701172851j:plain
赤城神社』は沼に浮かぶ(裏は繋がっていますが😅)不思議な感じのパワースポット
その敷地で元気のあるまむし草発見
f:id:chirl0301:20180701173204j:plain
神社からすぐの「黒檜山登山口🅿️」に戻り、ショートコースを終了

そして帰路、赤城には私の大好物スポットがあるのです
私の「最後の晩餐」候補😄

焼トウモロコシ❤️
f:id:chirl0301:20180701173603j:plain
デカイ焼モロコシ2本いただきましたぁ
し・あ・わ・せ

そして道の駅「玉村」と「おおた」でお野菜とワインにもつに肉巻きを購入して
f:id:chirl0301:20180701173909j:plain
牧場ソフトを食し
f:id:chirl0301:20180701174011j:plain
梅雨明け、久々の山歩きを楽しみました(^^)d

赤城の焼トウモロコシは甘くて香ばしくて最高です!
台風さえこなけりゃ、10月まで食べられるそうです
また食べに行きますし🎵

今日も元気だ ねこねこ仲良し<(^-^)>

f:id:chirl0301:20180619104442j:plain
みなにゃん こんにちは
くうそら です

f:id:chirl0301:20180619104700j:plain
なんかダラけてます。。。そら

f:id:chirl0301:20180619104826j:plain
そうダラけてます。。。くう

だって梅雨だし
f:id:chirl0301:20180619162411j:plain
暑かったり
f:id:chirl0301:20180619162313j:plain
寒かったり
f:id:chirl0301:20180619105103j:plain
ちょっと寒いとこんなになっちゃいます

イラッとしちゃってケンカしちゃいます
f:id:chirl0301:20180619105554j:plain
ウソです
ファイト一発遊びです
f:id:chirl0301:20180619105632j:plain
おこられる前に仲良しします
f:id:chirl0301:20180619105734j:plain

人間観察もおこたりません
f:id:chirl0301:20180619110006j:plain
玄関で虫も見張ります
f:id:chirl0301:20180619110253j:plain
天井チェックも怠りません
f:id:chirl0301:20180619160309j:plain

。。。でもすぐつかれちゃって…お昼寝タイム。。。
f:id:chirl0301:20180619161651j:plain

そんな今日このごろの
くうそら

『深大寺手作り市』に参加してみる(^-^)v

久々の『手芸』をあげてみようっと。
と言うのは
f:id:chirl0301:20180619094121j:plain
神代植物公園のばら園に行った時に、ポスターを見て参加させていただくことにしました。

最近の製作物は、春夏なので布物小物とリメイクモノ
f:id:chirl0301:20180619094548j:plain
藍染のカットソーに和のテイストを使ってみました
f:id:chirl0301:20180619094801j:plain
和風の布に少し刺繍も施してf:id:chirl0301:20180619094941j:plain
もちろん刺繍糸は、大好きな飛騨高山小鳥屋さんの刺し子糸です

こんな小物雑貨も作製しています
f:id:chirl0301:20180619095253j:plain
まんまるイヤホンケース
f:id:chirl0301:20180619095405j:plain
リュックにつけて便利&かわいい
f:id:chirl0301:20180619095541j:plain
バックにも
f:id:chirl0301:20180619095705j:plain
中はやわらかいフェルトです


そして、私自身山歩きにも通勤にもつかっているぶら下げちっちゃポーチ
f:id:chirl0301:20180619100015j:plain
山歩きの時は小銭とリップを入れ、通勤時は定期と社員証を入れてリュックやバックにつけて、とっても重宝しています(^^)d
f:id:chirl0301:20180619103631j:plain
中にはファスナー付きポケットとカードが入れられるポケットをつけたので、とても便利です
f:id:chirl0301:20180619154704j:plain

他には布バックや、まんまる刺繍入り髪ゴム等々

「minne」の『手作り作家chirl-s』にも、出展しているモノもありますので、見ていただけたら🎵です

ちなみに『深大寺手作り市』初出店は7月16日(月・祝)の予定です
真夏ですね
どんなかな
何事もやってみなけりゃ!の精神で😅