chirl0301の山旅と手芸おまけににゃんこ

大好きな山の旅と つくること そしておまけににゃんこのブログ始めました

奥日光 戦場を歩く

残雪は大丈夫かなと思いつつ、5月初旬の奥日光へ

f:id:chirl0301:20190512192438j:image

冬季閉鎖中だった「金精峠」が4月25日に開通したので、関越自動車道の沼田より丸沼を抜けて向かいます

丸沼を抜け菅沼が見えて来てビックリ

f:id:chirl0301:20190512191902j:image

白く沼を覆うのはなんと溶けかけの氷

シャーベットのように沼を覆っています

まだ寒いのかぁと思いつつ奥日光方面へ進みます

赤沼の🅿️(無料) に車を停め、「戦場ヶ原自然研究路」(日光てくてく歩道)入口よりスタート

f:id:chirl0301:20190512192906j:image

最初は小さな水の流れの横を歩きます

f:id:chirl0301:20190512193152j:image

10分程で分岐に

まずは小田代原方面へ
f:id:chirl0301:20190512193205j:image

まだまだ本格的な春の訪れが感じられない森の中、笹も枯れ色
f:id:chirl0301:20190512193202j:image

でも足元をよく見ると春の気配
f:id:chirl0301:20190512193156j:image

小さなスミレも
f:id:chirl0301:20190512193159j:image

は〜るよ 来いと(^^)

気候も、今日は菅沼からは想像出来ない暖かさ

森の中を2.1km分岐を進む

f:id:chirl0301:20190512194209j:image

山を臨む この景観
f:id:chirl0301:20190512191320j:image

しか避けの柵を抜けます

植物のため、きちんと閉めましょ
f:id:chirl0301:20190512194216j:image

この辺りにはツキノワグマの目撃情報も多々あるそうです😓

f:id:chirl0301:20190512194800j:image

こ〜んなどなたかのおフンも見かけるし。。。

いえいえここは柵の中

気持ちをあげてキレイな木道を行きましょー
f:id:chirl0301:20190512194200j:image

だってこんな素晴らしい景観が目の前に広がっていますもの
f:id:chirl0301:20190512194204j:image

「小田代原」のモザイク模様は植生によるものだそう
f:id:chirl0301:20190512194213j:image

さらにまだ青空が見える森を「湯ノ滝」に向け歩きます

f:id:chirl0301:20190512195515j:image

凛と咲く ちいさな白い花
f:id:chirl0301:20190512195511j:image

絵になるなぁ

乾いた森の中に小さな水の溜まり
f:id:chirl0301:20190512195520j:image

さらに行くと歩道は川の横に

f:id:chirl0301:20190512200218j:image

そして大きな石を水が滑る
f:id:chirl0301:20190512200214j:image

新しそうな木道 階段を下りる
f:id:chirl0301:20190512200221j:image

その先の木道もとてもキレイ
f:id:chirl0301:20190512200210j:image

見えてきたのは「湯の滝」

f:id:chirl0301:20190512200720j:image

正面の展望台から
f:id:chirl0301:20190512200724j:image

ここにはヤマザキレストハウス

そしてトイレがありました

赤沼」へは分岐まで戻ります
f:id:chirl0301:20190512200717j:image

「戦場ヶ原」の向こうに昨年登った「男体山」がそびえ立ちます

f:id:chirl0301:20190512201443j:image

「戦場ヶ原」はその昔、中禅寺湖を巡って男体山の神と上州赤城山の神がヘビとムカデをひきつれて戦ったと言われているそうです

 

古い木のオブジェ
f:id:chirl0301:20190512201440j:image

こちらも
f:id:chirl0301:20190512201458j:image

倒れた木の根っこも
f:id:chirl0301:20190512201447j:image

ここでしか見られないオブジェのよう

そして流れる川に浮かぶ 谷地坊主(やちぼうず)に鴨
f:id:chirl0301:20190512201454j:image 

谷地とはスゲの仲間が川の中で、水位の変動で体が浸からないように丸く盛り上がったものだそうで、その形から私たちはティナ タナー、ティナと呼ぶことに ^ω^

f:id:chirl0301:20190512201450j:image

なんて楽しみながら気持ち良く木道を歩き、赤沼🅿️に戻りました

 

まだまだ新芽は出始めですが、気持ちの良い気候で歩き回るには良い季節です

 

帰りは日光方面へいろは坂

f:id:chirl0301:20190512202959j:image

ここには春が到着しているようで、桜のトンネル
f:id:chirl0301:20190512203002j:image

山の斜面もピンクのまだら模様

 

おまけは宇都宮の餃子

宇都宮駅近くの

「餃天堂」はいつも大行列で一度は食べてみたかった餃子屋さん

f:id:chirl0301:20190512203350j:image

今日は行列がまだ少なかったのでトライ

40分程で焼き餃子&水餃子のセットにありつきました^o^
f:id:chirl0301:20190512203400j:image

焼きはおススメ通りマヨネーズに一味を入れて食し、緑の水餃子はこちらも教えていただいた通りタレと酢を入れていただく

どちらも旨い😋

あっさりモチモチで私好み

水餃子はそのスープまで完食

「とちぎの苺ラムネ」とともに😁
f:id:chirl0301:20190512203357j:image

そしてお風呂は「宇都宮の湯」

f:id:chirl0301:20190512204116j:image

 

栃木を楽しんだ一日でした(^-^)

GW後半② 1都8県を巡る旅

GW後半は関西方面へ

混雑を避けるため、夜出発

f:id:chirl0301:20190505195343j:image

新東名で静岡まで進み、パーキングエリアで車中泊

朝、名古屋で高速を下りてまずはモーニング

f:id:chirl0301:20190505195605j:image

サラダとあんこ付きトーストはコーヒー代のみ

サラダとサンドイッチはコーヒー代+50円

さすがモーニング文化の強い名古屋

f:id:chirl0301:20190505195953j:image

さい先の良いニャンコカップニャー☕️

まずは「熱田神宮」へ
f:id:chirl0301:20190505195956j:image

朝早かったので、神社の🅿️に難なく入れられました
f:id:chirl0301:20190505195946j:image

立派な御神木

そして境内へ

f:id:chirl0301:20190505200445j:image

お参りを済ませて境内の茶屋で、宮きしめん名古屋コーチンフライをいただきます

f:id:chirl0301:20190505195949j:image

出しが効いてて美味

f:id:chirl0301:20190505200838j:image

宮入り^_^

と境内に名古屋コーチン

f:id:chirl0301:20190505200835j:image

大きい!

さぁ歩くぞ

ググって「名古屋駅」へ

途中のマンホール

f:id:chirl0301:20190505201230j:image

何?虫かな?

高架下の壁画もパンチあるぅ
f:id:chirl0301:20190505201223j:image

写楽が野茂をパクってる

その上を電車が通る

名古屋駅は近代的で人人人
f:id:chirl0301:20190505201217j:image

すぐに退散して、ベタですが金シャチを観に「名古屋城」へ

f:id:chirl0301:20190505202206j:image

ここもたぁくさんの人!

天守閣に入るのには2〜3時間かかるとか^^;
f:id:chirl0301:20190505202201j:image

よぉし、青空に聳える金の鯱鉾は観たし10kmは歩いたので地下鉄で熱田神宮に戻るぞ

f:id:chirl0301:20190505202657j:image

近くの市役所も立派!

熱田神宮」に戻って車で銘菓のきよめ餅をいただく

f:id:chirl0301:20190505202918j:image

普通...だな

海沿いを関西方面に進み、見かけた天然温泉クアハウスへ寄ってひとっ風呂
f:id:chirl0301:20190505202924j:image

安くて(通常は800円が本日はペア入浴で1000円)タオル大小も貸してくれて、ここはおススメ

当初の予定では神戸で六甲縦断予定だったが、名古屋の人混み(にウンザリ)と今後の距離を考え、日本百名山伊吹山』に登ることに決定

夕食は琵琶湖にほど近いレストランで

f:id:chirl0301:20190505204010j:image

和牛ハンバーグと
f:id:chirl0301:20190505204014j:image

豚角煮&エビフライ

角煮はホロホロとやわらかく、ハンバーグは肉の旨味を活かすソース、エビフライはプリプリ

どれもウソのない美味しさで満足満腹

琵琶湖と明日登る『伊吹山』に近い道の駅で車中泊

同じようなピープルでほぼ満車(°_°)

伊吹山』 登山は①で^_^

登山後は近くの薬草の湯で汗を流し

f:id:chirl0301:20190505205316j:image

近くの道の駅伊吹の里でソフトクリームだモウ
f:id:chirl0301:20190505205320j:image

飛騨高山を目指して岐阜へ

途中、関ヶ原を通過し

道の駅 池田温泉に立ち寄るf:id:chirl0301:20190505205312j:image

何やらグランプリで準優勝だと言うたこ焼き
f:id:chirl0301:20190505205324j:image

美味しい!大好き!

せせらぎ街道を抜けて飛騨高山の手前の道の駅で車中泊

ここもほぼ満車(°_°)

朝早く高山駅

f:id:chirl0301:20190505210354j:image

駅構内にも所縁の展示物

古い町並みに向かって歩くと開き待ちねこさん
f:id:chirl0301:20190505210359j:image

かわいい💕

朝市へ
f:id:chirl0301:20190505210402j:image

お店はまだ開いていないが朝市は人でいっぱい

そう言えば飛騨高山にクロワッサンで有名なパン屋さんがあったな と思いググって向かう

途中、見えた北アルプスに感動

f:id:chirl0301:20190505211233j:image

古い町並みから20分位歩き到着

f:id:chirl0301:20190505211238j:image

そこには長蛇の行列!

すでに100の整理券は出払い、並んでもいつ入店出来るか何かひとつでも買えるのかわからず
f:id:chirl0301:20190505211226j:image

百名山奈良ならぬ百名店のステッカーを撮って古い町並みに戻ります

途中、電車をパチリ

知ってました?高山駅はとても立派ですが走る電車は単線なのです
f:id:chirl0301:20190505211230j:image
ダイヤも高山駅から出るバスの方がはるかに多いはず

大好きな小鳥屋さんで刺し子糸を購入

f:id:chirl0301:20190505212504j:image
今回は(も?) ねこをパチリ
f:id:chirl0301:20190505212500j:image

開いていた入口のお花も粋ですf:id:chirl0301:20190505212447j:image

きな粉わらび餅と苺ジュース
f:id:chirl0301:20190505212457j:image

そしてねこさんパチリ
f:id:chirl0301:20190505212454j:image

お約束の飛騨牛握りは甘くて超旨い

f:id:chirl0301:20190505213056j:image

そしてまたねこさんパチリ
f:id:chirl0301:20190505213052j:image

ほぼ目的を達成しましたので、北アルプスを遠目に観ながら松本方面へ

f:id:chirl0301:20190505213437j:image

よし、次は南アルプスを遠目に観に茅野方面へ

途中の道はりんごの花が咲いていてザ長野

f:id:chirl0301:20190505213737j:image

まだまだ雪の北アルプスにあこがれます
f:id:chirl0301:20190505213730j:image

途中の道の駅で山賊焼きをいただく
f:id:chirl0301:20190505213735j:image

ボリュームあるぅ

味噌汁とご飯も美味しかったです

道の駅のご当地定食はレベル高いです^_^

20号(甲州街道)を走っているとグレーの空から雨

南アルプスは全く観られませんでしたが、山梨に入るとこんなステキな景色

f:id:chirl0301:20190505214120j:image

大きな虹

何度か立ち寄っている大菩薩の湯で最後の温泉を楽しみ大菩薩街道〜奥多摩街道で帰宅f:id:chirl0301:20190505214115j:image

1000km超えの車旅は盛りだくさんで楽しかった^_^

また長い休みが取れたら日本中走って観て食べて、山にトライしたいなぁ。

 

 

 

 

GW後半① 日本百名山34座めの『伊吹山』

久しぶりの日本百名山は新花の百名山でもある滋賀県岐阜県に跨がる立派な山容の『伊吹山』へ

f:id:chirl0301:20190505100105j:image

琵琶湖より少し岐阜に向かった『伊吹山』は信仰の山です

今回は表登山道と呼ばれる標高差約1200mあるとパンフにあるコースにトライ

f:id:chirl0301:20190505100340j:image

三之宮神社近くの🅿️(500円)よりスタート
f:id:chirl0301:20190505100337j:image

登山ポストに届けを出して協力金300円を納めます(トイレあり) 

f:id:chirl0301:20190505101331j:image

登山口から少しのぼるとスキー場の1合目(トイレあり)
f:id:chirl0301:20190505101328j:image

スキー場を登りシャクシの森を登る

f:id:chirl0301:20190505101845j:image

春の花の代名詞スミレ
f:id:chirl0301:20190505101841j:image

オドリコソウ
f:id:chirl0301:20190505101850j:image

先に目指す山頂がやっと見える3合目付近

f:id:chirl0301:20190505102452j:image

なんと3合目の休憩所(トイレあり)近くに赤く光る(?) 自販機!
f:id:chirl0301:20190505102455j:image

珍しいので冷たいファンタ缶(200円)をいただきました^_^

5号目先の避難小屋

f:id:chirl0301:20190505110557j:image

6号目の先に目指す頂上がそびえ立つ
f:id:chirl0301:20190505110603j:image

でんでん虫?

いえ白い巻貝らしい

登山道脇でいくつかみました

f:id:chirl0301:20190505110606j:image

結構シンドイ登りが続きます
f:id:chirl0301:20190505110600j:image

8号目、まだ続く急登

f:id:chirl0301:20190505111105j:image

「手掛岩」

この先は女人禁制の神の領域で、夫を追いかけて登って来た女性が神に吹き飛ばされた時に手を掛けた後が残っているとか💧f:id:chirl0301:20190505111056j:image

もう少し!
f:id:chirl0301:20190505111102j:image

山頂すぐの神社
f:id:chirl0301:20190505111052j:image

そして伊吹山の神の使いの白猪
f:id:chirl0301:20190505111059j:image

山頂付近は広く、岐阜県との境のドライブウェイを車で上がって来た一般観光客もたくさんいらっしゃいました

伊吹山』(1377m)山頂

f:id:chirl0301:20190505111840j:image

日本武尊が祀られています

眼下には白く霞む「琵琶湖」
f:id:chirl0301:20190505111849j:image

ここは年間を通して晴れが少ないとか

今日はツイテル方かな

今大のお気に入り マンモスとレゲエザルと記念撮影
f:id:chirl0301:20190505111846j:image

少し腹ごしらえして下山

途中、斜面に日を浴びて咲き出した一輪草
f:id:chirl0301:20190505111843j:image

春の花を楽しみながらひたすら下りる

f:id:chirl0301:20190505112642j:image

三之宮の登山口に戻る往復7時間半

標準タイム7〜8時間とあるので、そこそこですかね

標高でナメたらアカン日本百名山です!

 

今回のおまけ

GW後半旅は②に挙げてみます(^.^)v

 

 

GW前半は『沼津アルプス』縦走

平成最後のGW頭の4/28に静岡県の沼津に入り、翌29日早朝に7座縦走の『沼津アルプス』

沼津市に入る手前から大雨さらに雷の大荒れ、がしかし温泉につかってきる間に。。。

f:id:chirl0301:20190429113618j:image

雲が抜け、青空に富士山

そして29日は真ッ晴れ☀️

沼津駅南口よりバスで約30分

(7番もしくは8番バス停です)

f:id:chirl0301:20190429114519j:image

「多比」バス停からスタート

f:id:chirl0301:20190429113615j:image

舗装の山道を登山口まで約25分

f:id:chirl0301:20190429115229j:image

そこそこの根っこの急登

f:id:chirl0301:20190429115646j:image

分岐は右手に太平山、左手に沼津アルプス縦走コース
f:id:chirl0301:20190429115652j:image

まずは太平山まで20分、岩と根っこをよじ登る

f:id:chirl0301:20190429120324j:image

一座めは太平山(356m)

f:id:chirl0301:20190429120528j:image

途中、春の花
f:id:chirl0301:20190429115657j:image

花?葉っぱ?
f:id:chirl0301:20190429115649j:image

いいモチーフ❤️

分岐まで戻り、縦走路へ

木々の合間に海が港が見える

f:id:chirl0301:20190429120907j:image

うっ!

不思議な根っこ?
f:id:chirl0301:20190429120904j:image

横から見ると。。。なんと直角に倒れた木

と言うか、根っこが立ってて直角に伸びてる木
f:id:chirl0301:20190429120911j:image

さらに根っこの急登の登り降り
f:id:chirl0301:20190429120925j:image

木々の間の富士山
f:id:chirl0301:20190429120901j:image

今日もステキです!
f:id:chirl0301:20190429120922j:image

登る、降る、登る、降る

足元に超キレイな葉っぱに感動しながら登り降る
f:id:chirl0301:20190429120915j:image

すっと開けた山あい
f:id:chirl0301:20190429120919j:image

二座めは鷲頭山(392m ワシズ と読みます^_^)
f:id:chirl0301:20190429120855j:image

登り降り

三座めは小鷲頭山(214m)

言われのある大きな中将さんが岩

f:id:chirl0301:20190429204050j:image

新緑にかわいい実
f:id:chirl0301:20190429122332j:image

そして山ツツジ
f:id:chirl0301:20190429204603j:image

春や景色や

そしてぼたもち岩

f:id:chirl0301:20190429205448j:image

道中いろいろ楽しめます

4座めは志下山(214m)
f:id:chirl0301:20190429205452j:image

展望台からの景色も胸がすくよう

f:id:chirl0301:20190429122417j:image

かわいいお花も楽しめます
f:id:chirl0301:20190429122342j:image
が、登山道は結構なモンです
f:id:chirl0301:20190429122406j:image

標高だけで侮ってはいけません

登りも下りも短いが急峻です

見どころはまだまだ

千金岩なる大きな岩
f:id:chirl0301:20190429211114j:image

太平洋戦争 機関銃座の跡地
f:id:chirl0301:20190429211118j:image

大きな横穴が残っていました

5座めは徳倉山(256m)

f:id:chirl0301:20190429211833j:image

さらに6座めは横山(183m) 
f:id:chirl0301:20190429122402j:image
こんな不思議なキノコ?
f:id:chirl0301:20190429122339j:image

ゴムみたい

途中歩道路を歩き
f:id:chirl0301:20190429122423j:image

公園山のようなところです
f:id:chirl0301:20190429122345j:image

7座めの頂上はなんだかなぁの景色ですが。。。香貫山(193m)
f:id:chirl0301:20190429122348j:image

最後の下りに夫婦岩

f:id:chirl0301:20190429212601j:image

下山後、沼津駅に向かう

大きな川を渡ります
f:id:chirl0301:20190429122336j:image

よく登りよく降る『沼津アルプス』でした

沼津駅近くの仲見世商店街
f:id:chirl0301:20190429122420j:image

ラブライフなるアニメのマンホール
f:id:chirl0301:20190429122359j:image

そういえば行きのバスもラブライフでした

 

おまけは前夜に行った沼津港の美味しいお話

f:id:chirl0301:20190429213644j:image

魚河岸丸天にて

金目鯛の煮付けにシャケとば皮焼き
f:id:chirl0301:20190429213636j:image

シラスと桜エビと生しらすの三色丼、あら汁付き
f:id:chirl0301:20190429213640j:image

いわしの刺身
f:id:chirl0301:20190429213648j:image

これだけたっぷり食して、なんと4500円しませんでした。

もちろん新鮮で最高に美味しかったです(o^^o)



3回目の『筑波山』は花を愛でる山遊び

まだ花粉はびこる4月、3回目の日本百名山筑波山』へ

今回のコース

筑波山神社〜白雲橋コース〜女体山〜男体山〜自然研究路〜御幸ヶ原コース〜筑波山神社

赤い大きな鳥居近くの🅿️(どこの🅿️も500円です)よりスタート
f:id:chirl0301:20190414090703j:image

筑波山神社も春色

f:id:chirl0301:20190414102608j:image

お参りをして、右脇の登山道へ

鳥居をくぐる

f:id:chirl0301:20190414102552j:image

本日は林の登山道から巨岩のパワースポットを巡る「白雲橋コース」に進みます
f:id:chirl0301:20190414102539j:image

少し登って行くと白い蛇が祀られている「白蛇弁天」

f:id:chirl0301:20190414102651j:image

登山道の反対側に回り込むとちゃんと白蛇さまがいました^_^

林の中、根っこと石の登山道
f:id:chirl0301:20190414102612j:image

山にも春が確実にやって来ています
f:id:chirl0301:20190414102710j:image

天狗さんが足をぶらぶら座ってるのが見える。。。ような枝っぷり
f:id:chirl0301:20190414102632j:image

足元も目の上も楽しみながら登って行くと、始まる奇岩のパワースポット

まずは有名な「弁慶七戻り」

大きな岩が見事に乗っかってる
f:id:chirl0301:20190414102506j:image

「母の胎内くぐり」をくぐり

何度目の生まれ変わりかなぁf:id:chirl0301:20190414102603j:image

相反する二つの巨大岩が寄り添う「陰陽石
f:id:chirl0301:20190414102530j:image

「出船入船」

f:id:chirl0301:20190414102502j:image

「裏面大黒」
f:id:chirl0301:20190414102534j:image

「北斗岩」 
f:id:chirl0301:20190414102510j:image

途中、こんな岩登りもあるのでなめた格好で登らない方が良いと思います
f:id:chirl0301:20190414102515j:image

岩や笹の合間にカタクリのつぼみ
f:id:chirl0301:20190414102730j:image

苺系のお花
f:id:chirl0301:20190414102628j:image

春の代名詞 すみれ
f:id:chirl0301:20190414102706j:image

足元から目を上げると

木々の上に頭を出す「大仏岩」
f:id:chirl0301:20190414102526j:image

小さな花々と大きな奇岩を満喫しながら

頂上直下には雪が!
f:id:chirl0301:20190414102725j:image

平日の雨は、山の上では雪だった様子

『女体山』(877m)

関東平野を従えた気分( ◠‿◠ )
f:id:chirl0301:20190414102647j:image

男体山』に向かう間も奇岩パワースポットあり

「ガマ石」お金が貯まるよう小石をガマさんのお口の中に投げ込む
f:id:chirl0301:20190414102623j:image

入った。。。宝くじ買おう!

。。。さてさて次は「セキレイ石」f:id:chirl0301:20190414102439j:image

この上に鳥のセキレイが止まり、二神に夫婦の道を教えたという縁結びのパワースポットだそうです。

『女体山』と『男体山』の間に広がる御幸ヶ原

ケーブルカーの終点駅とたくさんと茶屋があります。
f:id:chirl0301:20190414102714j:image

ケーブルカー駅の後ろに『男体山

登って行くと斜面にこんなかわいいお花
f:id:chirl0301:20190414102617j:image

写真を撮っているオジサマにその花の名前を教えていただきました^_^

キクザキイチゲ
f:id:chirl0301:20190414102642j:image

紫と青の間の色がまたステキ

なんて思いながらひょいひょいと上がること15分で『男体山』(871m)さん山頂

f:id:chirl0301:20190414102518j:image

山頂をくるっと回って下りて来たところに「自然研究路」とあるのを発見
f:id:chirl0301:20190414102702j:image

ようし、行ってみよー!
f:id:chirl0301:20190414102637j:image

男体山』を周遊して「御幸ヶ原」に戻る役1時間のコース

両脇にはたくさんのカタクリの花
f:id:chirl0301:20190414102543j:image

開ききるとこんなに見事な形になるのね
f:id:chirl0301:20190414102548j:image

淡いブルーのすみれもメッチャ可憐
f:id:chirl0301:20190414102452j:image

周遊路の至る所に『筑波山』の自然解説の看板があり、面白いです

f:id:chirl0301:20190414102443j:image

花だけじゃありません、葉っぱだって光ってます。
f:id:chirl0301:20190414102557j:image

自然観察を楽しみながら、御幸ヶ原に戻りケーブルカー脇からの「御幸ヶ原コース」で下山。

 

ケーブルカーの駅近くのお店にもカエル

そしてその後に何やら見つめるお顔(・_・;
f:id:chirl0301:20190414102720j:image

筑波山神社」に戻るとガマの油売りの口上の準備
f:id:chirl0301:20190414102656j:image

なんともノスタルジック

参道脇には早くもシャクナゲが満開
f:id:chirl0301:20190414102457j:image

そんな春色の『筑波山』を楽しんで来ました(*^^*)
f:id:chirl0301:20190414102448j:image

おまけ

参道には地元の方が手作りされたジャムやピーナッツや野菜が並び、とてもリーズナブルなお値段です。

私は、手作りジャムや味噌ピーやおこげピーナツや七味唐辛子。。。いろいろ試食後7点程購入いたしました。

どれも素朴で美味いです😋

近くに日帰り温泉もあって、汗を流し帰宅できますし😽

チャリ編/桜満開入間川〜川越ちょい食べ歩き

なかなか花粉が去らず。。。

マスクにサングラスにキャップで軽くチャリ旅

f:id:chirl0301:20190407091432j:image

狭山市柏原の入間川沿いの🅿️よりスタート

この辺りのサイクリングロード🚴‍♂️は桜のアーチ
f:id:chirl0301:20190407091459j:image

青空に満開の桜

河原の広い公園も春満開
f:id:chirl0301:20190407091455j:image

かわいい春
f:id:chirl0301:20190407091420j:image

春を目で楽しんだら サイクリングロードを下りて小江戸川越へ
f:id:chirl0301:20190407091449j:image

時の鐘も青空の元

メイン通りから一本入った道にはたっくさんの鯉のぼりが泳ぐ
f:id:chirl0301:20190407091427j:image

まずはやっぱりサツマイモ
f:id:chirl0301:20190407091437j:image

蜂蜜屋さんのサツマイモは蜂蜜たっぷり

うま〜い!

こんもりで300円は安い!

鯉のぼりの道にあります

次は明石焼きを挟んだえびせん
f:id:chirl0301:20190407091423j:image

たっぷり特製ソースとマヨをかけていただきま〜す

中の具は紅生姜しかわからなかったが。。150円 安い

時の鐘の下のお店です

前は無かったような?

つぎはメイン通りで少し並んで長い粗挽きソーセージ
f:id:chirl0301:20190407091442j:image

脂が旨い!

小江戸ビール飲みたい!

が、チャリなのでグッと我慢。。。

川越は鰻屋さんも点在し、行列が出来ています

そこで鰻飯

f:id:chirl0301:20190407094144j:image

中はおこわの上に鰻がのっています(600円)
f:id:chirl0301:20190407094141j:image

やさしい味のおこわに香りの良い鰻

たくさんの観光客の合間をぬって歩くと

こんなオブジェ
f:id:chirl0301:20190407094125j:image

養寿院前の鰻屋さんの角の不思議
f:id:chirl0301:20190407094137j:image

かわいい💕

川越 行列はあちこちで見られましたが、

一番の行列は鰹節屋さんの焼きおにぎり(250円)

二番行列はサツマイモチップ屋さん(500円)

どちらも長蛇の列

なので今回はあきらめて花の入間川に戻る
f:id:chirl0301:20190407094130j:image

川越水上公園の桜は見事🌸

 

どこにも多くの外人さんが楽しんでいらっしゃいました

春満開のちょいとサイクリングはちょいと食べ歩きを楽しんできました

 

 

今週も強く思う。。。早く花粉去れ!

春夏に向けて2019手芸編

2019年の春夏

刺し子と小花刺繍のパッチワーク風のショルダーバック

f:id:chirl0301:20190331205828j:image

minneで、「全面に刺し子や小花刺繍を施したショルダーバッグ」の注文をいただき、デザインしてみました。

パッチワーク風に
f:id:chirl0301:20190331205852j:image

小さな刺し子や小さなお花や葉
f:id:chirl0301:20190331205753j:image

中袋を貼り付け
f:id:chirl0301:20190331205906j:image

ポケットにも刺繍
f:id:chirl0301:20190331205910j:image

持ち手にも
f:id:chirl0301:20190331205729j:image

小さな刺繍
f:id:chirl0301:20190331205812j:image

そして底にはチクチクカラフルな刺し子f:id:chirl0301:20190331205818j:image

時間はかかりましたが、イメージ通りの作品に仕上がり大満足です(^^)

と言っても、刺し子の出来ははまだまだとてもとても未熟ですf^_^;

でも、このお題(ご注文)をいただき今年の春夏に作りたいテーマが見えてきました。

そして課題も(*´-`)

どんどん作製していこー!

保冷バックもちょっと刺し子
f:id:chirl0301:20190331205901j:image

ちょっと小花刺繍
f:id:chirl0301:20190331205843j:image

配置や色や。。。とても面白い!
f:id:chirl0301:20190331205747j:image

ちっちゃなボタニカル刺繍
f:id:chirl0301:20190331205805j:image

中はお弁当やペットボトルを入れる保冷バックに
f:id:chirl0301:20190331205856j:image

そしてポーチにも小さな刺し子とちっちゃなお花
f:id:chirl0301:20190331205733j:image

両面バランス良くね
f:id:chirl0301:20190331205848j:image

ポケットから小花
f:id:chirl0301:20190331205737j:image

刺し子パッチ
f:id:chirl0301:20190331205837j:image

刺し子パッチからも小花
f:id:chirl0301:20190331205741j:image

春夏はこ〜んな感じでやっていきたいな〜

 

そんな2019年春が始まります