chirl0301の山旅と手芸おまけににゃんこ

大好きな山の旅と つくること そしておまけににゃんこのブログ始めました

人混みを避けて 皆野アルプス破風山〜前原山

f:id:chirl0301:20210505104603j:image

今年のゴールデンウィークもコロナ禍中。。。

どこへも行けず、家の模様替えや断捨離にご近所散歩。。。

そこで、ゴールデンウィーク真ん中日、人混みを避け朝早くに秩父長瀞近くの皆野アルプス周遊へ。

皆野駅の🅿️よりスタート

f:id:chirl0301:20210505105146j:image

秩父鉄道の線路を渡ると、線路の先に秩父の守護山 武甲山がドーン
f:id:chirl0301:20210505105150j:image

荒川とその支流を渡り舗装路を行きます
f:id:chirl0301:20210505105153j:image

山里の藤棚は満開

f:id:chirl0301:20210505105542j:image

高橋沢登山口より山道へ
f:id:chirl0301:20210505105601j:image

最初は植林の登山道
f:id:chirl0301:20210505105549j:image

青空に新緑
f:id:chirl0301:20210505105553j:image

足元にはめっちゃステキな双子の葉っぱ
f:id:chirl0301:20210505105556j:image

そこそこに花が咲き始め
f:id:chirl0301:20210505105545j:image

ここにもクマさん注意!

登山者のカウントもあり

f:id:chirl0301:20210505110249j:image

ゆず園を通過
f:id:chirl0301:20210505110300j:image

雲海とゆずの里とあります

f:id:chirl0301:20210505110644j:image

木苺の花もかわいい
f:id:chirl0301:20210505110304j:image

手作り感満載の地図
f:id:chirl0301:20210505110235j:image

自然のオブジェ
f:id:chirl0301:20210505110244j:image

登り続けて開ける青空
f:id:chirl0301:20210505110256j:image

まずは祠のお出迎え

と、ここで気づく

ここ来たコトある!
f:id:chirl0301:20210505110240j:image

そう、前回は満願の湯方面より登りました😅

破風山(626.5m)
f:id:chirl0301:20210505110226j:image

からの展望
f:id:chirl0301:20210505110230j:image

両神山もくっきり

f:id:chirl0301:20210505111412j:image

少し下った分岐の東屋で、コーヒーブレイクして前原尾根コース(皆野アルプス)へ

f:id:chirl0301:20210505111836j:image

こちらのコースには山ツツジも鮮やか
f:id:chirl0301:20210505111839j:image

新緑の尾根コース

f:id:chirl0301:20210505112210j:image

そびえ立つ猿岩
f:id:chirl0301:20210505112146j:image

ちょっと登ってみる

今日はバランス良くないのでやめとく😅
f:id:chirl0301:20210505112153j:image

ここは山靴の道

急坂・岩場あり と
f:id:chirl0301:20210505112149j:image

ありました

下りも
f:id:chirl0301:20210505112204j:image

登りも
f:id:chirl0301:20210505112157j:image

繰り返し

男体拝なるピーク
f:id:chirl0301:20210505112200j:image

さらに尾根を登り下り

f:id:chirl0301:20210505112828j:image

前原山(347.1m)

f:id:chirl0301:20210505113119j:image

さらに下って山里に到着
f:id:chirl0301:20210505113130j:image

皆野駅に戻る周遊
f:id:chirl0301:20210505113127j:image

人混みはなく、それでもほぼマスク登山

 

おまけは道の駅の前に出ていたキッチンかーでレモンスカッシュ&かぼっシュ&おかき
f:id:chirl0301:20210505113123j:image

人を避けて、今回も↑のみで帰宅

 

アプリによりますと

走行時間 4:36

走行距離 10.3km

累計標高差 ↑729m ↓730m

消費カロリー 1968kcal

 

 

3度目の日本百名山『大菩薩嶺』

4月に訪れるのは初めての『大菩薩嶺

今回は熊沢山〜石丸峠まで周ってみました

コロナ禍、もちろん登山のみ、温泉もお買い物も食事もせずに帰宅😢

f:id:chirl0301:20210425081132j:image

上日川峠の🅿️は第二まですでに満車に近い混みよう

バス停のあるロッヂ長兵衛脇の登山口より登りはじめます

f:id:chirl0301:20210425081741j:image

青空にまだ新緑は見られない登山道
f:id:chirl0301:20210425081731j:image

でも足元には落ち葉から春

すみれが可憐です
f:id:chirl0301:20210425081734j:image

登山道脇の木には熊さまの爪痕!

確実にお目覚めの様子。。。

f:id:chirl0301:20210425082812j:image

少し登って行くと、福ちゃん荘
f:id:chirl0301:20210425081738j:image

かわいいバックフォー❤️
f:id:chirl0301:20210425081744j:image

人が少ない唐松尾根コースへ

つづら折りのそこそこの急騰を登ります

f:id:chirl0301:20210425082637j:image

まだ葉のない木々の間から大菩薩嶺の尾根が見えます
f:id:chirl0301:20210425082640j:image

登山口から約1時間半で大菩薩嶺の尾根

f:id:chirl0301:20210425084040j:image

右手にはたくさんの人が景観を楽しんでいますが

f:id:chirl0301:20210425084219j:image

まずは『大菩薩嶺』目指して左手に進みます

倒木の多い登山道

f:id:chirl0301:20210425084619j:image

大菩薩嶺』2057m
f:id:chirl0301:20210425084609j:image

写真を撮る人がたくさんいらしたので、すぐに折り返し尾根に戻ります
f:id:chirl0301:20210425084616j:image

尾根は気持ち良い登山道

そろそろ大菩薩嶺峠周りからの多くの登山者が向かって来られるはず

なので、マスク登山
f:id:chirl0301:20210425084613j:image

人のいないところでコーヒーブレイク

目の前に富士山をみながらのコーヒーブレイク

f:id:chirl0301:20210425085503j:image

ですが、見えます?

大量の鹿のフン

ここは鹿のトイレ⁉️
f:id:chirl0301:20210425085510j:image

フンフンフン♪富士山観ながら尾根歩き♪
f:id:chirl0301:20210425085520j:image

標高2000mの標識

こんなに斜めだったかしら
f:id:chirl0301:20210425085513j:image

なんてコトしてみたり
f:id:chirl0301:20210425085454j:image

岩の上にも行きたいし
f:id:chirl0301:20210425085517j:image

大大大好き南アルプスもまだ白い

f:id:chirl0301:20210425090030j:image

ステキな岩もたくさん
f:id:chirl0301:20210425085458j:image

気持ちの良い尾根を登り下り

f:id:chirl0301:20210425090432j:image

ずっと富士山が見守ってくれてるよう
f:id:chirl0301:20210425090421j:image

岩岩もキレイ
f:id:chirl0301:20210425090424j:image

小説で有名な『大菩薩峠
f:id:chirl0301:20210425090427j:image

峠の茶屋にはお馴染みの瓶が並ぶ
f:id:chirl0301:20210425090438j:image

トイレをお借りして

人の一番多い登山道を下山ではなく、石丸峠方面へ進むことに。
f:id:chirl0301:20210425090435j:image

まだまだ春の訪れがニブイ様子の暗い木々の合間を登って行きます

f:id:chirl0301:20210425091232j:image

苔の間から小さな白い花
f:id:chirl0301:20210425091245j:image

そして恐竜のような倒木のオブジェ
f:id:chirl0301:20210425091240j:image

熊沢山
f:id:chirl0301:20210425091235j:image

さらに進むと、突然目の前が開け、笹原の山

f:id:chirl0301:20210425092012j:image

笹原に登山道がくっきり

f:id:chirl0301:20210425092006j:image

なんとも気持ちの良い笹原の登山道

の向こうに富士山
f:id:chirl0301:20210425092001j:image

上日川峠に向かいます

f:id:chirl0301:20210425092722j:image

人も少なく気持ちの良い登山道
f:id:chirl0301:20210425092022j:image

眼下に大菩薩湖
f:id:chirl0301:20210425092019j:image

まだまだ新緑が薄い登山道
f:id:chirl0301:20210425092009j:image

林道に下り少し行くと登山道が出てきます

ここにも熊注意
f:id:chirl0301:20210425092015j:image

案内板がしっかりありますので安心

f:id:chirl0301:20210425093349j:image

下りてくると少しずつ春
f:id:chirl0301:20210425093411j:image

沢を渡り
f:id:chirl0301:20210425093408j:image

沢のほとりでランチ
f:id:chirl0301:20210425093404j:image

ネコ石❤️
f:id:chirl0301:20210425093345j:image

さらに登山道を進む
f:id:chirl0301:20210425093356j:image

上日川峠のトイレ脇に到着
f:id:chirl0301:20210425093352j:image

次はまた別のルートも良いなと考えつつ、車で汗の登山着を着替えて帰宅

 

車で柳沢峠方面に下りてくると、桜とこぶしの淡い春
f:id:chirl0301:20210425093400j:image

 

アプリによりますと

総合時間  5:08

走行距離 8.7km

累計標高差 ↑767m ↓768m

消費カロリー 2013kcal

 

ちなみに本日着用のキャップはこちらから

https://minne.com/@chirl-s

f:id:chirl0301:20210425172407j:image

色違いバージョン

 

栃木県「班根石山」はなかなかの岩登り😁

f:id:chirl0301:20210411093733j:image

YAMPの活動記録を見て、お花がキレイそうでそこそこ登れそうな宇都宮郊外に位置する「班根石山」へ。

宇都宮森林公園の🅿️よりスタート。

f:id:chirl0301:20210411100650j:image

赤川ダム湖を見ながら、登山口へ
f:id:chirl0301:20210411100654j:image

登山道はいきなりの急騰
f:id:chirl0301:20210411100702j:image

すみれのお出迎え
f:id:chirl0301:20210411100706j:image

春の可憐代表☺️
f:id:chirl0301:20210411100657j:image

低山縦走はどこもなかなかの急騰の登り下り

f:id:chirl0301:20210411101259j:image

突然始まった岩登り
f:id:chirl0301:20210411101255j:image

ほぼ前知識無しのため、少したじろぐ💧

でも、ちょっとワクワク

f:id:chirl0301:20210411101639j:image

より登る

そして、岩に食われる⁉️
f:id:chirl0301:20210411101642j:image

岩の頭に登っちゃおう

。。。けど先まで行けない、私はビビリ
f:id:chirl0301:20210411101645j:image

青空に向かって春を生きるステキな木

f:id:chirl0301:20210411102130j:image

さぁ、また岩登り
f:id:chirl0301:20210411102113j:image

よじ登るのだ
f:id:chirl0301:20210411102126j:image

ダム湖が見える
f:id:chirl0301:20210411102110j:image

新芽が光る
f:id:chirl0301:20210411102120j:image

植生は次々変わり行く登山道
f:id:chirl0301:20210411102103j:image

アカヤシオ

ギリ拝めました
f:id:chirl0301:20210411102123j:image

青空に透けるピンク
f:id:chirl0301:20210411102133j:image

地元呼称「班根石山」なる標識
f:id:chirl0301:20210411102117j:image

アカヤシオの向こうに男体山、その左側白く光る白根山

どちらも過去登らせていただいた百名山

f:id:chirl0301:20210411102939j:image

このような標識が次々出て来ます。

かなりたくさんのコースがあるらしい。

要経験者同行。。。
f:id:chirl0301:20210411102136j:image

ほぼ前知識のない私たちは、YAMPからのダウンロードに従う

木が笑って見守ってくれてるみたい
f:id:chirl0301:20210411102936j:image
とにかく登り

f:id:chirl0301:20210411103924j:image

下る
f:id:chirl0301:20210411103909j:image

大きな岩の山
f:id:chirl0301:20210411103902j:image

開けると青空に連なるお山

低山ながら、とてもドシっとしたステキな山容
f:id:chirl0301:20210411103914j:image

ツツジも山を飾る
f:id:chirl0301:20210411103917j:image

オレンジの新芽も輝く
f:id:chirl0301:20210411103906j:image

葉っぱが特徴あるエイザンスミレ
f:id:chirl0301:20210411103843j:image

こんな不思議な新芽
f:id:chirl0301:20210411103850j:image

こうなっていくようです😁
f:id:chirl0301:20210411103847j:image

春山を楽しんで行くと舗装路に出る
f:id:chirl0301:20210411103921j:image

進んで行くとそのままダム湖に戻れてしまいました。
f:id:chirl0301:20210411103855j:image

次は少しお勉強して、コースを選んで縦走しようと思います。

低山ながら、岩登りや急騰もあり、景観も良いステキな山塊でした❤️

おまけは、栃木ですもの、とちおとめのイチゴ飴☺️
f:id:chirl0301:20210411103858j:image

美味❤️

 

アプリによると

走行時間 5:33

走行距離 8.7km

累計標高差 ↑↓612m

消費カロリー 2426kcal

ちなみに本日着用のキャップはこちらf:id:chirl0301:20210425172637j:image

https://minne.com/@chirl-s

久しぶりの縦走10のピークを行く「花の高尾山外輪縦走」

f:id:chirl0301:20210404121921j:image

花が咲き誇る春、山の編集長が紹介していた高尾山の外輪セブンサミッツなるピークを縦走。

高尾山口から甲州街道を渡り、住宅脇から登山道へ。少しわかり難いですが、ピンクのおうちの右脇が登山道の入口です。

f:id:chirl0301:20210404123322j:image

すぐに、白いお花のお出迎え
f:id:chirl0301:20210404123316j:image

高尾山はすみれの種類の多さで有名ですよね
f:id:chirl0301:20210404123319j:image

登山道脇には生き生きしたマムシ

f:id:chirl0301:20210404123853j:image

春、新緑の登山道
f:id:chirl0301:20210404123843j:image

お花も生き生き
f:id:chirl0301:20210404123850j:image

最初のうちは小さな登りを繰り返す
f:id:chirl0301:20210404123847j:image

さあ出てきました

急騰の登り、そして下り

f:id:chirl0301:20210404124333j:image

開けると

神奈川県側の景観
f:id:chirl0301:20210404124338j:image

春満開
f:id:chirl0301:20210404124346j:image

松見平休憩所
f:id:chirl0301:20210404124350j:image

案内板によると休憩所あたりが最初のピーク、草戸山?
f:id:chirl0301:20210404124359j:image

春の登山道、黙々と登り、下る

実は結構登山者(ハイカー)は多い
f:id:chirl0301:20210404124343j:image

落ち葉の中から、春

f:id:chirl0301:20210404125403j:image

行く手左側に次々望める湖(池?)
f:id:chirl0301:20210404125410j:image

登山道のすみれ

踏まないように気をつけて
f:id:chirl0301:20210404125406j:image

林中に鮮やかな山吹
f:id:chirl0301:20210404125413j:image

春の登山道を楽しむ
f:id:chirl0301:20210404125359j:image

花に癒えながら進む

f:id:chirl0301:20210404125939j:image

編集長が紹介していました

倒木を使ったチェーンソー制作のモニュメント

鷹かな
f:id:chirl0301:20210404125944j:image

反対側はフクロウ
f:id:chirl0301:20210404125950j:image

さぁ、まだまだ続く登り下り
f:id:chirl0301:20210404125947j:image

龍のベンチ

躍動感あります

f:id:chirl0301:20210404130511j:image

とにか山々にくすみれ

f:id:chirl0301:20210404131406j:image

神奈川県側の景観
f:id:chirl0301:20210404130500j:image

見晴台

いくつかありますが、どこも木のリュック掛けがありました
f:id:chirl0301:20210404130534j:image

登山道に大きな実?
f:id:chirl0301:20210404130540j:image

木に中沢山とあるピーク

ここまで、草戸山〜榎窪山〜泰光山〜東山〜入沢山と5つのピークを超えて来たらしい
f:id:chirl0301:20210404130517j:image

ボケかな

かわいい
f:id:chirl0301:20210404130521j:image

山吹かな

オレンジが鮮やか
f:id:chirl0301:20210404130530j:image

う〜んステキ
f:id:chirl0301:20210404130507j:image

さらに登り下りコンピラ山を経て、大洞山

f:id:chirl0301:20210404131728j:image

下って下って、上って
f:id:chirl0301:20210404130526j:image

大垂水峠甲州街道を渡り高尾山側に渡るf:id:chirl0301:20210404130514j:image

渡って登って行く

f:id:chirl0301:20210404155700j:image

さらにさらに、登り返す
f:id:chirl0301:20210404155703j:image

陣馬山〜高尾山のメイン縦走路に合流

大勢のハイカーが行き来したり、ランチをひろげたり

私も隅っこでランチ
f:id:chirl0301:20210404155650j:image

高尾山に向かって行く

青空に散りかけた桜
f:id:chirl0301:20210404155722j:image

下りて登って
f:id:chirl0301:20210404155646j:image

ツツジ
f:id:chirl0301:20210404155711j:image

う〜、最後の階段が続く
f:id:chirl0301:20210404155657j:image

登りきると高尾山頂上

そりゃあもー大勢の人
f:id:chirl0301:20210404155725j:image

展望を1枚撮影したら、稲荷山コースでかけ降りる
f:id:chirl0301:20210404155707j:image

高尾山〜最後の稲荷山を経由して縦走終了

 

本日の縦走

草戸山〜榎窪山〜泰光寺山〜東山〜入沢山〜中沢山〜コンピラ山〜大洞山〜大垂水〜高尾山〜稲荷山

アプリによると

走行時間 7:29

走行距離 18.5km

累計標高差 ↑↓1232m

消費Cal   3166kcal

 

久しぶりに気持ち良かったけど、とても疲れました。。。

そして、ちょっと感じたコト

日本一混雑する週末の高尾山

なぜ、ここでトレラン⁉️

観光客に近いハイカーが大勢いる中で⁉️

空いてる他で走ったらどーでしょー⁉️

 

刺し子糸でのボタニカル刺しゅう

コロナ禍、猛烈な花粉、そして週末の悪天候。。。作品作りに励む😅

f:id:chirl0301:20210314100636j:image

歩き回る週末に撮りだめた植物をデッサンしまくり、バックやキャップにデザイン。

f:id:chirl0301:20210314100920j:image
f:id:chirl0301:20210314100923j:image

とても素朴な色合いが魅了の飛騨高山小鳥屋さんの刺し子糸で刺しゅうを施します。

f:id:chirl0301:20210314101122j:image

クロス刺しゅうなどの既存の刺しゅう糸に比べるとかなり色数が少ないですが、その分素朴な風合いがステキな刺し子糸です。
f:id:chirl0301:20210314101119j:image

春に向かうトートバック

f:id:chirl0301:20210314101539j:image

中袋にもポケット
f:id:chirl0301:20210314101553j:image

中袋もポケットも外色に合わせて
f:id:chirl0301:20210314101547j:image

ボタニカルデザイン
f:id:chirl0301:20210314101557j:image

和柄

こちらは青海波と唐草をデザインしてみました
f:id:chirl0301:20210314101607j:image
f:id:chirl0301:20210314101543j:image
キャップにもボタニカル刺しゅう
f:id:chirl0301:20210314101603j:image

山歩きに活躍してます✌️
f:id:chirl0301:20210314101600j:image

それぞれminneにupしてます☺️

ボタニカル刺しゅうトート(オリーブ)Vol.2 #minne https://minne.com/items/27067522

 

早く花粉期終われー❗️

もちろんコロナも収束してー❗️

 

 

コロナ禍の2月棒ノ嶺へ 本日も近場でトレーニング

久しぶりに青梅と狭山の間に位置する「棒ノ嶺(棒ノ折山)」へ

f:id:chirl0301:20210221091435j:image

スタートのさわらびの湯は、コロナ禍で休業中

大きな🅿️にはグランピングらしき施設が建設中

f:id:chirl0301:20210221091631j:image

舗装路を少し行き、有間ダムを横切りますf:id:chirl0301:20210221091957j:image

白谷登山口より、登山道が始まります

万が一の時に、ジローさんに救助していただけるよう低山でも登山届けを提出☺️
f:id:chirl0301:20210221091954j:image

林道を少し行くと沢沿いの登山道

f:id:chirl0301:20210221092426j:image

小さな滝がたくさんあり癒えます
f:id:chirl0301:20210221092422j:image

渡渉を繰り返す沢沿いの登山道は滑りますので要注意

f:id:chirl0301:20210221093427j:image

「棒ノ嶺(棒ノ折)」の代表的な景観
f:id:chirl0301:20210221091435j:image

大きな岩の間を沢沿いに登って行きます

f:id:chirl0301:20210221094127j:image

今日は暖かいですが、まだまた凍る登山道
f:id:chirl0301:20210221094120j:image

沢中も凍ってる
f:id:chirl0301:20210221094135j:image

沢を離れて登って行くと、舗装路が見えますf:id:chirl0301:20210221094131j:image

舗装路を渡り、登って行きます

f:id:chirl0301:20210221094715j:image

植林の中、根っこの登山道

なかなかの急騰
f:id:chirl0301:20210221094719j:image

ここのスギはまだまだ若いから、花粉は飛んでない!と自分に言い聞かせてマスク登山を続行😅

f:id:chirl0301:20210221095354j:image

岩茸岩

f:id:chirl0301:20210221095357j:image

ゴンジリ(権次入)峠を越え、急騰を登りきると棒ノ嶺(棒ノ折山)頂上(969m)

f:id:chirl0301:20210221095718j:image

コーヒー&パン ブレイク

青空に山々を臨めました

f:id:chirl0301:20210221100506j:image

岩茸岩まで下り、行きとは別の道で河又方面へ下山

f:id:chirl0301:20210221100926j:image

倒木にキノコらしきがびっしり
f:id:chirl0301:20210221100500j:image

何だか貝殻みたい
f:id:chirl0301:20210221100503j:image

芸術的!
f:id:chirl0301:20210221100453j:image

下山道はさらに根っこが張り巡らされた急騰
f:id:chirl0301:20210221100457j:image

とにかく下る

f:id:chirl0301:20210221101316j:image

そして名栗川まで下り、さわらびの湯まで、上がる
f:id:chirl0301:20210221101332j:image

ここにも春が訪れ始めてます
f:id:chirl0301:20210221101309j:image

青空に映えますね
f:id:chirl0301:20210221101306j:image

さわらびの湯の前に出来るキャンピング施設は5月開業のようです☺️
f:id:chirl0301:20210221101313j:image

 

おまけはシンボルのブタさんもマスク姿のサイボクハムへ
f:id:chirl0301:20210221101323j:image

下山後のタンパク質補給
f:id:chirl0301:20210221101301j:image

メガトンセットはなかなかのボリューム

もちろんお外で距離を取って食す😌
f:id:chirl0301:20210221101252j:image

広い施設内にはブタさんもいっぱい
f:id:chirl0301:20210221101319j:image

手作りもgood!
f:id:chirl0301:20210221101328j:image

ブーフーウーならぬ、ブーブーブーかな
f:id:chirl0301:20210221101256j:image

美味しい物たんまり購入して帰宅

 

アプリによりますと

走行時間 5時間4分

走行距離 8.5km

累計標高差 ↑942m↓941m

消費カロリー 2120kcl

 

里山低山プチ縦走

f:id:chirl0301:20210214082624j:image

まだまだ続くコロナ禍、週末コツコツ家周辺を20〜30km歩き回るだけの最近。。。ほぼ平地歩き。。。不安

で、人の少ない早朝から近場の低山で累計標高差のトレーニングへ

和田山直下の無人🅿️(300円)よりスタート

f:id:chirl0301:20210214083011j:image

朝日が登り始めなので、人はとても少ない
f:id:chirl0301:20210214082959j:image

さぁ登ろ
f:id:chirl0301:20210214082956j:image

男坂から登れば、短いけれどこんな岩場も楽しめます☺️
f:id:chirl0301:20210214083002j:image

神社下から朝日に浮かぶ巾着田
f:id:chirl0301:20210214083006j:image

和田山山頂
f:id:chirl0301:20210214083016j:image

降って登って林道を歩き、高指山脇を抜け、里山の蝋梅にうっとり

f:id:chirl0301:20210214083956j:image

物見山(山頂標識近辺に人がいらしたのですぐ下山)を通過

林道脇のお花(わたわたは種?)が日に輝く

f:id:chirl0301:20210214083916j:image

こんなピンク色も
f:id:chirl0301:20210214083909j:image

たっぷり林道の登山道を楽しみながら、北向き地蔵さんに到着
f:id:chirl0301:20210214083913j:image

地元の方たちが大事になさっている様子が伺えます

お山におじゃましてますと、疫病退散をお願いし先へ

少し舗装路の後、こんな根っこの登山道を登りを繰り返します

f:id:chirl0301:20210214084820j:image

観音ケ岳
f:id:chirl0301:20210214083906j:image

小さな、でも急な登り降りを繰り返す

f:id:chirl0301:20210214085359j:image

スカリ山
f:id:chirl0301:20210214083919j:image

ここら辺をエビガ坂と言うらしい
f:id:chirl0301:20210214083901j:image

蟹穴山(らしい)😁

f:id:chirl0301:20210214085601j:image

林道の登山道にひっそり鳥居
f:id:chirl0301:20210214085617j:image

少し行くと、諏訪神社
f:id:chirl0301:20210214085620j:image

青空に春を感じさせる梅
f:id:chirl0301:20210214085609j:image

顔振峠は車や自転車でも人気なので、そのすぐ下から下山

秩父の守護山 武甲山がクッキリ見えます
f:id:chirl0301:20210214085623j:image

登山道脇の木のコブ

f:id:chirl0301:20210214085612j:image

よく見て

たぬきちゃんの祠
f:id:chirl0301:20210214085604j:image

とんとこ下りて行く途中、不思議な形の木片

年輪かハッキリしていてバームクーヘンみたい

持ってみると超軽!

f:id:chirl0301:20210214090318j:image

看板のスミ

MU-MA 飯能のゆるキャラ
f:id:chirl0301:20210214090321j:image

そう言えば登山道には毛呂山ゆるキャラ

もろ丸くんもいましたっけ☺️

f:id:chirl0301:20210214090906j:image

さらに下ると、山里の春満載

甘い香りの蝋梅

f:id:chirl0301:20210214091110j:image

ヤナギの芽吹き
f:id:chirl0301:20210214091114j:image

枯れた落ち葉の中に、ピンクのかわいいお花
f:id:chirl0301:20210214091128j:image

黄色こ光る福寿草
f:id:chirl0301:20210214091133j:image

春を感じつつ下り切ると吾野宿
f:id:chirl0301:20210214091121j:image

急な階段を登ると吾野駅
f:id:chirl0301:20210214091103j:image

高麗駅まで、ガラガラの西武線で戻ります
f:id:chirl0301:20210214091106j:image

高麗駅から、日和田に戻る途中の高麗豆腐のお店
f:id:chirl0301:20210214091124j:image

下山後のタンパク質として最高!

濃くて美味しい豆乳

ここの寄せ豆腐は絶品、家族分購入

早くに戻れたので買えて良かった☺️
f:id:chirl0301:20210214091118j:image

高麗駅から徒歩10分の🅿️に戻って、プチ縦走終了

 

アプリによりますと

走行距離 約13km

走行時間 約5時間

累計標高差  ↑983m ↓911m

消費カロリー  2331kcal