読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chirl0301の山旅と手芸おまけににゃんこ

大好きな山の旅と つくること そしておまけににゃんこのブログ始めました

3月最終週末は奥多摩三山『 三頭山』へ~軽アイゼンデビュー~

奥多摩三山(大岳山・御前山・三頭山)の三頭山、またまた雪の残る登山道を『三頭山周遊コース』で行きます。
f:id:chirl0301:20170326085906j:plain

檜原『都民の森』Pより
f:id:chirl0301:20170326090301j:plain
よく整備された歩道を少し登って行くと、案内小屋の横のキツツキが出迎えてくれます。
f:id:chirl0301:20170326090616j:plain
さらに木の階段の先には、立派な木造の森林館なるものがそびえ建っていて
f:id:chirl0301:20170326090845j:plain

森林館の左手から森林セラピーロードなる木のチップの道で三頭大滝へ。
残念ながら工事中のため、上から滝見橋をのぞく。
f:id:chirl0301:20170326091143j:plain

やっと登山道へ
f:id:chirl0301:20170326091550j:plain
横を流れる川は氷ってました。
標識を右手、大沢山経由のコースに進むと、雪が〰️
f:id:chirl0301:20170326091925j:plain
ついに『軽アイゼン』登場❗
f:id:chirl0301:20170326092058j:plain

『石山の路』では左手に富士山がのぞめます
f:id:chirl0301:20170326092221j:plain
さらに『深山の路』
f:id:chirl0301:20170326092446j:plain
まだ葉のない木々の間から青空が見える気持ちの良い登山道

いくつがの小山を登り降りしながら、『大沢山』(1482m)に到着
f:id:chirl0301:20170326092811j:plain

さらに雪の道を軽アイゼンで登り降りして行くと、避難小屋
f:id:chirl0301:20170326092956j:plain
避難小屋の中
f:id:chirl0301:20170326093142j:plain

『ムツカリ峠』からひとつめの三頭山(1531m)山頂
f:id:chirl0301:20170326093413j:plain
雪の広場の少し奥は山梨県の三頭山頂上
f:id:chirl0301:20170326093731j:plain

雪道
f:id:chirl0301:20170326093939j:plain
軽アイゼンお役立ち❗
f:id:chirl0301:20170326094052j:plain
ふたつめ
f:id:chirl0301:20170326094146j:plain
みっつめ
f:id:chirl0301:20170326094227j:plain

三つのピークを超え、見晴らし小屋へ
f:id:chirl0301:20170326094402j:plain
大岳山、御前岳が裏手(奥側)からのぞめます
f:id:chirl0301:20170326094604j:plain
軽アイゼンを着けたりはずしたりを繰り返し下山。
さい口峠(さいの字は革に肖)からシラカバの路(シラカバは見当たらないなぁ(^^;))

岩を滑る黒滝
f:id:chirl0301:20170326100016j:plain
そして炭焼窯を抜け
f:id:chirl0301:20170326095843j:plain
森林館の裏側にある『木材工芸センター』に到着
f:id:chirl0301:20170326100223j:plain
中では木工細工の体験出来ます。
テーブルや本棚の大物は日程がきまっていますが、キーホルダー作製体験は随時無料で出来るそうで、数人が取り組んでいました。
お子さんを連れて、カップルで、体験良いと思います😊
家具は日程が決まっていますが、とても安価で体験できるので、ネットで調べてみる価値ありです。
Pからの入口にあるくぬぎ売店で、ソフトクリーム🍦(お店の方はソフトアイスとおっしゃってました)と三頭だんご(クルミ味噌)をいただきました。
f:id:chirl0301:20170326101346j:plain

帰りに『数馬の温泉センター』にたちより
f:id:chirl0301:20170326101613j:plain

奥多摩湖をドライブし、三頭山の対岸
『浮き橋』
次はここ渡って逆周りの三頭山周遊も良いかも🎵
f:id:chirl0301:20170326101909j:plain

さてさて東京都の奥地に、自然を壊して創るべきであったかはおいておくとして、すでに造られた場所は上手に利用させていただきましょう。
家族ずれ・カップル・チャリ・バイク・ドライブ オススメ❗

おまけ
持ってて良かった『軽アイゼン』‼️

3月 秩父多摩甲斐国立公園 川苔山へ

いくつもの登山コースのある川苔山(川乗山)

本日はJR.青梅線鳩ノ巣駅』から大根ノ山ノ神~大ダワ~舟井戸~川苔山ルートで登り、熊野神社鳩ノ巣駅へ下山。


f:id:chirl0301:20170319225315j:image

車の方は、青梅街道で鳩ノ巣駅入り口を過ぎ鳩ノ巣トンネル手前を右に入って電車のアーチ橋をくぐってすぐの右手に町営駐車場(無料♥️)あり。

電車ならJR.青梅線 鳩ノ巣駅(標高310m)から。


f:id:chirl0301:20170319225939j:image

線路を渡り


f:id:chirl0301:20170319225830j:image

しばらく急斜面の舗装路を民家の梅の花を見ながら上がり、標識に沿って登山道へ。

 f:id:chirl0301:20170320182920j:plain

植林の中50分程歩きやすい山道を登って行くと大根ノ山ノ神

f:id:chirl0301:20170320182950j:plain

 

本日は大ダワ~舟戸コースで川苔山の頂上を目指します

f:id:chirl0301:20170319230602j:image

 

20分程で大ダワの分岐点

f:id:chirl0301:20170319230830j:image

 

さらに舟井戸へ目指して登って行くと、杉の植林から一変、落葉樹の林の中

f:id:chirl0301:20170319230952j:image

大量の落ち葉の上をザクザク登ります。

1時間程で、舟井戸分岐

曲ヶ谷比峰の急斜面

ここで一気に標高を稼ぐみたい

f:id:chirl0301:20170320183100j:plain

すると今まではなかった残雪が!

ついに軽アイゼン登場か?!

 

f:id:chirl0301:20170320183209j:plain

 

まぁ大丈夫かな

鎖場も多少あり

f:id:chirl0301:20170320183237j:plain

急斜面登って、ちょっと下って、また急斜面登って、ちょっと下ってを繰り返し、川苔山(1363.3m)

 f:id:chirl0301:20170319232041j:image

標高差約1000mかぁ

 

下山は巻き道のコースで

 f:id:chirl0301:20170320183341j:plain

途中、こんな苔の岩場

川苔だもんね

f:id:chirl0301:20170320183411j:plain

 

どんどん下って熊野神社

f:id:chirl0301:20170320183606j:plain

 

さらに下って鳩ノ巣駅

駅構内にはキレイなトイレ、助かります

 

たくさん汗をかいたので温泉を探しましたが近くには見つからず…

青梅街道を青梅駅方面に進むと青梅線沢井駅近くに『澤乃井園』が目に入り、ちょいと寄り道


f:id:chirl0301:20170319233100j:image

時間が遅く(店閉まるのが早い?)飲食店ではすでに螢の光が流れていましたが、澤乃井酒店でお土産購入

先の橋を渡ると、かんざし博物館へも行けるそう。


f:id:chirl0301:20170319233421j:image

次は行ってみましょかね🎵

 外のガーデン席では利き酒をされているグループもいらして 何とも楽しそうでした(*^^*)

皆でワイワイ

渓谷歩きデートの帰りにホッコリ

立ち寄りに良いと思います(^^)d

 

こんな冬の日帰りトレーニング(標高差約1000m)でした❗

私は花粉症にガッツリやられ、マスク登山でトホホ(;´д`)

 

おまけ

前々から気になっていたパン屋さんに寄ってみました

PANJA


f:id:chirl0301:20170320184828j:image

大好きなハード系パンを購入


f:id:chirl0301:20170320184859j:image

ちょっとお値段高めですが、それなりのパフォーマンス

気になるお方は パンの横にご案内を載せてみましたのでお試しあれ\(^o^)/

 

 

ねこねこ仲良し もうすぐ春

いつも仲良し
くうとそら
f:id:chirl0301:20170317132155j:plain

寝ているときも
f:id:chirl0301:20170317132323j:plain

ストーブの上でも
f:id:chirl0301:20170317132447j:plain

上を見上げる瞬間も
f:id:chirl0301:20170317132604j:plain
f:id:chirl0301:20170317132644j:plain

下を覗き込む時も
f:id:chirl0301:20170317132733j:plain

春が近づき 窓の外がきになるくう
f:id:chirl0301:20170317133259j:plain
そらも
f:id:chirl0301:20170317133322j:plain
仲良くふたにゃんで
f:id:chirl0301:20170317133414j:plain

と思いきや!
f:id:chirl0301:20170317133504j:plain
姉妹ゲンカ勃発!
f:id:chirl0301:20170317133556j:plain
ケンカじゃないよ 
スポーツさ

ほらね
今日も仲良くお昼寝さ😸🐱
f:id:chirl0301:20170317142453j:plain

池袋 要町~目白~落合~小滝橋 そして大久保へ

要町から大久保にビビンバ&ホットクを食べに歩いてgo❗

今週は仕事で山歩きが出来なかったので ちょっと町歩き

池袋近くの要町からスタート

 

立教の裏手 江戸川乱歩記念館
f:id:chirl0301:20170312143402j:image

平日2日のみの開館のため 中はみられませんでしたが、それなりに雰囲気あります

立教大学
f:id:chirl0301:20170312143644j:image

f:id:chirl0301:20170312210740j:plain

立教の脇の小道を入って行くと

蕎麦屋のウインドウには麦わら帽子に徳利持った『たぬき』さん なかなかの本物感 剥製!?

f:id:chirl0301:20170312212233j:plain

さらに新宿方面に向かって、落合の閑静な住宅街を行くと『中村 つね(漢字がありません…💧)アトリエ記念館』


f:id:chirl0301:20170312143911j:image

ステキな洋館

f:id:chirl0301:20170312210816j:plain

拝観させていただくと室内も絵もとてもステキ

f:id:chirl0301:20170312221553j:plain

f:id:chirl0301:20170312213454j:plain

落合には多くの文化人や芸術家が住んでいたそうで、その跡を歩くのもgood

黒猫の『クロッチの歩く落合お散歩マップ』なるものがアトリエにもありました。

これを持ってお散歩も良いかも
f:id:chirl0301:20170312222008j:image

私もそのうち 行ってみましょっと。

 

目白・落合の閑静な住宅街をぬけ、坂を下ると山手線が見え、町の雰囲気もガラリと変わります。

 

f:id:chirl0301:20170312211034j:plain

 

 神田川を超え

f:id:chirl0301:20170312210922j:plain

高田馬場駅近くに

『山手卓球』シブイ

f:id:chirl0301:20170312144216j:image

 

早稲田通りに出て、小滝橋

f:id:chirl0301:20170312144232j:image

そこには昔話の碑がありますので、ぜひお読みください。

ふ~ん井の頭の池にも続くのかぁ

 

大久保方面に上がって行くと

ちっちゃいけど良さげなパン屋さん

f:id:chirl0301:20170312220241j:plain

帰宅後食べてみました

私好きです❗

とくにハード系のパンがオススメ

また買いに絶対行きます

 

f:id:chirl0301:20170312220510j:plain

 

『やっちゃば』の前を通り抜け
f:id:chirl0301:20170312144246j:image

 

 さらに線路脇をすり抜けて行きます。

f:id:chirl0301:20170312211257j:plain

 

新大久保では石焼ビビンバ2種を食べ

f:id:chirl0301:20170312212055j:plain

ソウル市場で

f:id:chirl0301:20170312212118j:plain

並んで 並んで200円のホットク

f:id:chirl0301:20170312212143j:plain

すんごい人人人❗

日曜日の大久保界隈はヤバイ❗

味も普段の1/5だったなぁ

ショボン

さっさと別道で戻ろう

 

途中、グワッシの郵便ポスト

f:id:chirl0301:20170312215611j:plain

 

そして大好きな目白のpatagonia

 

f:id:chirl0301:20170312215839j:plain

その脇、地下にはアウトレット的な山屋さん

欲しい物だらけ❗♥️

 

f:id:chirl0301:20170312220030j:plain

 

そして要町への周遊

 

今回のオススメは

落合お散歩

小滝橋近くのパン屋さん『ticopain』

目白の山屋さん

 

押さないのは日曜日の大久保

 

ですかね✨



関東ふれあいの道/今週は 黒山三滝から関八州見晴台、高山不動尊を経て峠で春を満喫

梅林で賑わう越生の奥、黒山三滝から関八州見晴台へ。高山不動尊に立ち寄り、花立松峠・傘杉峠・顔振峠より役の行者に登りなおして黒山三滝に戻る、春の兆し満開のちょっくら縦走です。


f:id:chirl0301:20170305091242j:image

 

まずは黒山三滝の無料駐車場に車を停めます

10数台のスペースですが、今の季節は朝少し早めなら余裕で停めることが出来ます。

電車なら八高線もしくは東武越生線越生駅からバスで黒山バス停で下車。


f:id:chirl0301:20170305091805j:image

なんとも昭和チックな観光地でgood❗

 

黒山三滝は、男滝・女滝・天狗の滝

こちらは男滝と女滝を赤いお太鼓橋から見上げたショットです。


f:id:chirl0301:20170305092209j:image

 

向かう関八州見晴台へは、いくつかのコースがありますが、今回は峠超えを後にまわし、滝の入り口近く右手の『関八州見晴台へ』標識より山に入りました。

途中、舗装路が多々ありますが、なるべく山中を歩きたいので花立松峠への山道に入っていきます


f:id:chirl0301:20170305092830j:image

 

山路には春の兆し


f:id:chirl0301:20170305092935j:image

いくつかの小さなアップダウンを行くと、その名の通りほぼ360度が見渡せる『関八州見晴台』(771m)に到着

 

f:id:chirl0301:20170305171610j:plain

安房、上野、下野、相模、武蔵、上総、下総、常陸の関東八州が見張らせる高台だそうで、秩父の守山武甲山両神山から


f:id:chirl0301:20170305094038j:image

富士山も


f:id:chirl0301:20170305094134j:image

ぐるっと回って、今まで登った山を眺めて感動(完全なる自己満!)しましょー。

 

高山不動尊に向かって下山

さらに高山不動尊入り口の標識に従って舗装路を下ります。

大きな威厳のある高山不動


f:id:chirl0301:20170305094640j:image

正面の急な階段を下りると、御神木の樹齢八百年の銀杏

f:id:chirl0301:20170305171709j:plain



 

高山不動尊入り口まで登り返し、舗装路を花立松峠へ。

さらに山道に入り傘杉峠を経て顔振峠に向かいます。

 

f:id:chirl0301:20170305171808j:plain

 

山道から舗装路をしばらく行くと顔振峠の茶屋が見えてきます。


f:id:chirl0301:20170305095425j:image

そこはもうすでに春❗

左手に早咲きの桜、右手の斜面には梅


f:id:chirl0301:20170305095646j:image

富士見茶屋前の斜面には鮮やかな梅の花


f:id:chirl0301:20170305095805j:image

黄梅も


f:id:chirl0301:20170305095840j:image

さらに早咲きの桜


f:id:chirl0301:20170305095913j:image

足下にも


f:id:chirl0301:20170305095937j:image

春🎶

 

春爛漫の顔振峠より下ります


f:id:chirl0301:20170305100117j:image

途中、役の行者を経て黒山バス停に向かうコースに進みます。

が、下りて行くと役の行者への山道は「廃路」!

そこで黒山バス停への舗装路まで一気に下り、そこから役の行者目指して急勾配を登り返します。

今日一番の山登り感

う~ん こうでなきゃ😄

 

f:id:chirl0301:20170305171954j:plain

 

役の行者は、ふっと現れます


f:id:chirl0301:20170305100749j:image

私 ここ好きです

「好き」のわけは…行ってみてくださいな。

雰囲気あります😊

 

そして黒山三滝へ下ると、天狗の滝の横道に出ます。

 

f:id:chirl0301:20170305172443j:plain

 

朝は開いていなかった店も開き、観光客が次々と坂道を上がってきます。

 

f:id:chirl0301:20170305172527j:plain

 

顔振峠へはハイカーだけではなく、車やバイク、その先の峠へも舗装路が続くので自転車、トレランランナーも。

それぞれがそれぞれのコースを楽しんでいる里山縦走路です。

峠の春を満喫したいなら『今』です❗

 

 

 

 

 

 

 

日本二百名山そして花の百名山 大岳山へ

御岳神社から鍋割山を経て大岳山、さらに七代の滝・ロックガーデンを周遊
f:id:chirl0301:20170225215213j:plain

車をケーブルカー脇のパーキング(1日1400円さすが東京、ちょいとお高い😁)に停め、滝本駅よりロープウェイで御岳山駅まで6分(往復1100円)
f:id:chirl0301:20170226074647j:plain
前回はケーブルカーに乗らずに御岳山~鍋割山往復しましたが、御岳山まで舗装路のため今回はケーブルカーで↑

御嶽神社で参拝
今年は『酉年式年大祭』と言うことで彩色された神社は青空にとても輝いていました
f:id:chirl0301:20170225220540j:plain

大岳山に奥ノ院・鍋割山を経るコース
天狗の腰掛け杉を右手に進みます
f:id:chirl0301:20170225221021j:plain

奥ノ院のより奥ノ院山頂へ
f:id:chirl0301:20170225221520j:plain

右斜面は杉の植林、左斜面は雑木林の山道を進み
f:id:chirl0301:20170225221723j:plain

鍋割山山頂
f:id:chirl0301:20170225222123j:plain

鍋割山を下り、大岳山に登りかえす手前トイレ前での展望
ギリギリ富士山が見えました☺️
f:id:chirl0301:20170225222320j:plain

多少の岩場を登り大岳山山頂
雲ってきてしまい、残念ながらここからは富士山は拝めませんでした。
f:id:chirl0301:20170225222603j:plain

折り返し下って、七代の滝・ロックガーデン方面にさらに下ります。
七代の滝へは長い急なハシゴのような階段をいくつも下ります。
f:id:chirl0301:20170225223234j:plain

七代の滝
すぐ下まで近づけます
f:id:chirl0301:20170225223422j:plain
f:id:chirl0301:20170225223517j:plain

折り返しいくつもの階段を登りきったところには 、天狗岩
岩と根っこをよじ登る
f:id:chirl0301:20170225223811j:plain
と左右の岩のテッペンに天狗さん
右手
f:id:chirl0301:20170225223912j:plain
左手
f:id:chirl0301:20170225224011j:plain
下りて裏から天狗岩を見るとこんなに大きな岩でした
f:id:chirl0301:20170225224156j:plain

さらに進み、山ガールに人気の沢沿いのロックガーデン
f:id:chirl0301:20170225224411j:plain

天狗の腰掛け杉まで登り返す手前に鳥居、そして滝
f:id:chirl0301:20170225224626j:plain

天狗の腰掛け杉に戻り、そこからは整備された林道を御岳山駅に向けて歩きます。
途中昭和チックな参道
f:id:chirl0301:20170225224914j:plain

カラフルなケーブルカーで滝本駅に向かって急斜面を下ります
f:id:chirl0301:20170225225128j:plain

この周遊は、林道・岩場・階段ハシゴ・沢沿いとなかなか変化があって楽しいです🎵
そこそこの距離もあるので、歩き回りたい方にはオススメですね。
特に冬は人が少なめで歩きやすいと思います。
ただし冬は軽アイゼンを持参して方が良いかも…今回はギリギリ使用しませんでしたが、ケーブルカーの駅でも売っていました。
また周遊するならケーブルカーのご利用もオススメです。
だって急な舗装路 疲れるし、膝に悪いですもん。
私の感想でした😁

菜の花ちらしーもうすぐひな祭りー

まだ2月ですが、色とりどり菜の花ちらしをつくりました😊


f:id:chirl0301:20170221190428j:image

寿司飯には先に煮ておいたかんぴょう、ハス、椎茸、にんじんをまぜ、飯台であわせます。

トッピングはメインの菜の花(緑)・錦糸玉子(黄色)・ムキエビ(優しい肌色?)・カニもどき(紅白)・でんぶ(ピンク)・穴子(つやつや茶色)に胡麻。
f:id:chirl0301:20170221191537j:image

かわいくて美味しい菜の花ちらし

3月3日 ひな祭りにぜひ❗

 

なんて本当は3月生まれの私に、母上がつくってくれました😁

感謝🎵🎵🎵


f:id:chirl0301:20170221191929j:image

 

皆さんもチャレンジしてみて☺️

 

山合の茶屋

浅見茶屋の雛壇見て気分をあげよ➰

f:id:chirl0301:20170221215811j:plain