chirl0301の山旅と手芸おまけににゃんこ

大好きな山の旅と つくること そしておまけににゃんこのブログ始めました

8月に入った。のに晴れず、赤城の荒山ととうもろこし

またまた雨を避けて、今週末は群馬方面へ

谷川岳を目指していましたが、直前の天気予報&登山情報が激↓

で、赤城方面へ

朝一から大好物の焼きとうもろこしを食す

f:id:chirl0301:20200802215746j:image

ググって赤城山系の荒山へ

姫百合🅿️より猪熊注意を見て😓スタートf:id:chirl0301:20200802215737j:image

とても湿気の多い登山道
f:id:chirl0301:20200802215751j:image

森と沢の登山道
f:id:chirl0301:20200802215742j:image

荒山風穴

ちょっとひんやり

f:id:chirl0301:20200802220758j:image

多湿の登山道脇に花
f:id:chirl0301:20200802220810j:image

ホトトギス
f:id:chirl0301:20200802220803j:image

ホタルブクロ
f:id:chirl0301:20200802220813j:image

白い空の下、荒山高原分岐
f:id:chirl0301:20200802220806j:image

荒山に向かうそこそこの登り

f:id:chirl0301:20200802221511j:image

ここにもユニークな岩くん
f:id:chirl0301:20200802221538j:image

荒山頂上(1571.9m)
f:id:chirl0301:20200802221452j:image

周遊しようと、笹の登山道を下る

笹中の木に注目
f:id:chirl0301:20200802221506j:image

展望の良い場所でコーヒーブレイク
f:id:chirl0301:20200802221530j:image

とにかく曇ってるったら曇ってる
f:id:chirl0301:20200802221515j:image

梅雨はあけるのかなぁ。。。

本日は相棒が新しい登山靴の試し履き
f:id:chirl0301:20200802221520j:image

湿度の高い森の登山道の木々はイキイキ
f:id:chirl0301:20200802221535j:image

突然出てきた芝の広場

f:id:chirl0301:20200802221456j:image

雨が心配なので、荒山高原を経て下山

途中、登山道脇にはこんな不思議なきのこ(?)
f:id:chirl0301:20200802221526j:image

本日は天気もあやしく、軽めの

行動時間 3時間31分

走行距離 6.1km

累計標高差 ↑592m ↓602m

消費カロリー 1408kcl

 

下山後に、さらに焼きとうもろこし1本食す!
f:id:chirl0301:20200802221503j:image

雨続きで不作の様子だけど、赤城のとうもろこしは旨し!!

 

おまけの温泉はあいやまの湯

とても感染対策が行き届いた気持ちの良い温泉でした☺️
f:id:chirl0301:20200802221459j:image

晴を求めて 久しぶりの『安達太良山』へ

f:id:chirl0301:20200727074555j:image

コロナ禍、晴れない、ウンザリな今日この頃(7月最終週)

唯一山天気Aを信じて、福島県安達太良山』へ。

前回は2年前の5月、くろがね小屋に泊り吹雪く中の登山で火口の場所さえ見えず、真っ白な乳首に登ったことを思い出します。

が、本日は朝日に感動!

スキー場脇の奥院登山口よりスタート

f:id:chirl0301:20200727075410j:image

森の登山道は木々の合間から久しぶりの木漏れ日
f:id:chirl0301:20200727075420j:image

沢沿いの登山道は長い雨でヌカヌカツルツル

f:id:chirl0301:20200728074812j:image

沢を何度も渡ります
f:id:chirl0301:20200727075416j:image

いくつもの生き生きした滝が観られます

f:id:chirl0301:20200728075014j:image

束の間の太陽にお花もイキイキ
f:id:chirl0301:20200728075026j:image

同じ白でも同じ緑でもひとつとして同じではない色合い
f:id:chirl0301:20200728075019j:image

沢から離れると、旧道と馬車道が選べますが前日まで雨でヌカヌカツルツルのため、馬車道を登ります
f:id:chirl0301:20200728075009j:image

久しぶり青空に心踊ります♪

何処からともなく硫黄の匂いもしてきました

f:id:chirl0301:20200728202241j:image

馬車道脇の小さな湿原

以前来た時は雪の合間にミズバショウも見られたことを思い出します
f:id:chirl0301:20200728202246j:image

くろがね小屋に到着
f:id:chirl0301:20200728202252j:image

小屋を通り過ぎた小高いところで休憩をされていた登山者おじさまに伺ったところ、午後から天気が変わってくるから早めに周った方が良いとのこと。

肝に命じて開けた登山道を登る

f:id:chirl0301:20200729074659j:image

地面の赤茶、あまり高さの無いこんもりとした緑、そして青空の中、息をあげて登って行く
f:id:chirl0301:20200729074730j:image

気持ちイー!
f:id:chirl0301:20200729074724j:image

お花も出迎えてくれる?
f:id:chirl0301:20200729074750j:image

山の花は格別
f:id:chirl0301:20200729074735j:image

安達太良山の岩の目印は皆表情豊か
f:id:chirl0301:20200729074739j:image

前回の吹雪の景色と比べてみたい

f:id:chirl0301:20200731075238j:image

登りきると鉄山との分岐
f:id:chirl0301:20200729074704j:image

そして前回は吹雪で全く見えなかった噴火口

f:id:chirl0301:20200731075448j:image

噴火口直前のピラミッドのような小山に登ってみる

日本か?

f:id:chirl0301:20200802105457j:image

奥院に向かう噴火口脇の尾根
f:id:chirl0301:20200802105505j:image

雄大さにうっとり。。。

でも足下注意!ガレてます💦
f:id:chirl0301:20200802105502j:image

赤茶の尾根の高山植物

f:id:chirl0301:20200802110122j:image

そして奥院の祠
f:id:chirl0301:20200802110118j:image

無事を感謝して、さらに進むとエメラルドグリーンの池
f:id:chirl0301:20200802110129j:image

噴火口の外輪尾根を足下気をつけながら戻ります

f:id:chirl0301:20200802110609j:image

前回、吹雪の中でお会いした大きな目印岩さんこんにちは

後ろに安達太良山頂上の乳首
f:id:chirl0301:20200802110133j:image

安達太良山(1571.9m)

f:id:chirl0301:20200802110137j:image

リュックを置いて乳首へ
f:id:chirl0301:20200802110125j:image

頂上!

まだ青空を垣間見られますが、雲がどんどん広がってきました
f:id:chirl0301:20200802110140j:image

さあ!下ろー!

f:id:chirl0301:20200802210457j:image

ジャリジャリの下り、そして良く滑る木道の下りには、ロープウェイで上がってくる方も多いのでこんな看板あり

f:id:chirl0301:20200802211437j:image

ロープウェイで上がって来ても頂上まではそこそこの登山道

雲がどんどんかかってくる
f:id:chirl0301:20200802211446j:image

途中引き返すご家族やかなりへばってらっしゃるご夫婦を数組見かけました

薬師岳展望台
f:id:chirl0301:20200802211440j:image

ロープウェイはこの薬師岳までなのです

さらに下ります

遠くに滝が見えます
f:id:chirl0301:20200802211434j:image

長い下りは登山道周りで楽しみましょ

若い青い固い松の実

f:id:chirl0301:20200802212339j:image

真っ赤&真っ緑 てかてか
f:id:chirl0301:20200802212346j:image

見事なグラデーション
f:id:chirl0301:20200802212342j:image

足は痛くなって来たが、楽しー♪

で、なんとか雨に降られず無事下山

f:id:chirl0301:20200802212822j:image

久々の青空の下、雄大なお山登山に大満足

行動時間 7時間51分

走行距離 15km

累計標高差 ↑↓980m

消費カロリー 3487kcl

 

うふふ

消費出来たなー!

おまけの温泉は、

大好きな安達太良ロープウェイすぐの奥岳温泉はめちゃくちゃ混んでる様子、岳温泉も🅿️が満車

三密を避けられる温泉見つけました!

アットホームおおたま

f:id:chirl0301:20200802212815j:image

ほぼ貸し切り状態で、とても気持ちの良い温泉でした☺️

さらに岳温泉のファミマで、相棒がガリガリくんで「当たり」出しましたー😁

ちゃんちゃん!

 

 



 

梅雨の止み間に1年ぶりの『尾瀬』へ

コロナ禍、対策をとりつつ今年も梅雨の止み間に『尾瀬』へ。

f:id:chirl0301:20200628083508j:image

鳩待〜アヤメ平〜富士見峠〜竜宮〜尾瀬ヶ原〜山の鼻〜鳩待 周遊約20km

6月27日現在、福島・新潟側からの登山口は閉鎖中で、群馬側からのみ専用バス(片道1000円)で鳩待から入山出来ます。

片品の🅿️では現在の状況をスタッフの方が説明してくださり、マスクをつけてバスに乗り込みました。

鳩待でトイレを済ませ、登山計画書を提出してアヤメ平コースへ

f:id:chirl0301:20200628084421j:image

気持ちの良い森の登山道
f:id:chirl0301:20200628084413j:image

生まれたての銀龍草があちこちに白く輝く
f:id:chirl0301:20200628084417j:image

ブナの根本もひとつの世界
f:id:chirl0301:20200628084424j:image

木々の合間に久しぶりの青空

f:id:chirl0301:20200628085130j:image

しばらく森の中を登って行くと

わーい🙌木道の先が開ける
f:id:chirl0301:20200628085127j:image

これぞ天空の湿原

f:id:chirl0301:20200628085526j:image

横田代

f:id:chirl0301:20200628195640j:image

可憐なヒメシャクナゲ
f:id:chirl0301:20200628085530j:image

大好き

タテヤマリンドウ
f:id:chirl0301:20200628085523j:image

久しぶりのイワカガミに感激!
f:id:chirl0301:20200628085519j:image

チングルマ

f:id:chirl0301:20200628090724j:image

いつもはたくさんの人が憩うアヤメ平
f:id:chirl0301:20200628195902j:image

人も少なく、振り返れば至仏山
f:id:chirl0301:20200628090728j:image

進む木道の先に燧ヶ岳
f:id:chirl0301:20200628083508j:image

どちらもその頂上に立ったことのある百名山

久々の解放感

ゴゼンタチバナも日差しを浴びて輝く

f:id:chirl0301:20200628091621j:image

尾瀬ヶ原竜宮への下りと富士見峠への分岐点の池脇で燧ヶ岳を眺めながらコーヒーブレイク
f:id:chirl0301:20200628091618j:image

竜宮のトイレが閉鎖されているとの情報をいただいて?ので、福島側の富士見峠へ少し下る
f:id:chirl0301:20200628091604j:image

トイレを済ませ、以前廻った八木沢新道で見晴らしに向かおうと登山口に行くとこの看板
f:id:chirl0301:20200628091607j:image

台風の影響でほぼ閉鎖状態の様子

無理は禁物

分岐まで戻り、竜宮方面へ下る
f:id:chirl0301:20200628091610j:image

とても滑る木道には大きな大きなナメクジ🙀
f:id:chirl0301:20200628091613j:image

とにかく滑る斜度のある下り

久しぶりにストックで安全確保☺️

f:id:chirl0301:20200628092743j:image

足元に気をつけつつ、岩の間の花壇や

f:id:chirl0301:20200628093831j:image

沢脇の花を楽しみながら下り
f:id:chirl0301:20200628093820j:image

尾瀬ヶ原に到着
f:id:chirl0301:20200628093826j:image

上の湿原にも広がっていたワタスゲの果穂
f:id:chirl0301:20200628093823j:image

ここからは木道脇や湿原・池塘に咲く花の競演☺️

あこがれのトキソウ

f:id:chirl0301:20200628095229j:image

うーん名前がわからない。。。
f:id:chirl0301:20200628095243j:image

木道の毛虫をはさんで😁
f:id:chirl0301:20200628095251j:image

まだツボミの硬いアザミ
f:id:chirl0301:20200628095246j:image

ヒオウギアヤメ
f:id:chirl0301:20200628095225j:image

夏近い池塘
f:id:chirl0301:20200628095222j:image

ヒツジグサ
f:id:chirl0301:20200628095255j:image

ニッコウキツゲ
f:id:chirl0301:20200628095232j:image

レンゲツツジ
f:id:chirl0301:20200628095219j:image

カキツバタ
f:id:chirl0301:20200628095239j:image

尾瀬の代名詞 ミズバショウ
f:id:chirl0301:20200628095235j:image

湿原のコバイケイソウ

f:id:chirl0301:20200628100234j:image

カラマツソウ
f:id:chirl0301:20200628100223j:image

今回も湿原の花々を楽しみ、山の鼻に到着

最後のトイレを済ませ3.3kmの登り返しへ。
f:id:chirl0301:20200628100226j:image

最後の登りをそこそこ効きます
f:id:chirl0301:20200628100231j:image

鳩待に戻り、バスで🅿️に戻りました

もちろんバスの中ではマスク着用

 

アプリによりますと

走行時間 約7時間

走行距離 20.3km

累計標高差 ↑694m ↓698m

消費カロリー 3080kcl

うふふ 消費したなぁ

 

おまけは

帰路、ほっこりの湯で汗を流し、沼田のトンカツ街道のとんかつ富田でカツをいただきました

マスク着用で入店した温泉もとんかつ屋さんも、徹底したコロナ対策がされていました
f:id:chirl0301:20200628100219j:image

もちろん、利用させていただく私たちが対策万全でなくてはならないことを肝に命じて、これからも行動致します

 

 

山梨県 武田の杜へ

都道府県跨ぎが可能になった週末、梅雨の止み間に久しぶりの山梨

f:id:chirl0301:20200621121407j:image

前日が大雨だったためガチの登山は難しいので、軽めのトレッキングとして、甲府の「武田の杜」へ。

緑ヶ丘運動公園に車をとめ湯村山登山道よりスタート

f:id:chirl0301:20200621121935j:image

久しぶりの青空に緑豊かな森の登山道
f:id:chirl0301:20200621121932j:image

道はいくつかあり、森の登山道を選べば山歩きが楽しめます☺️

f:id:chirl0301:20200621121942j:image

森を見つめる巨岩にも出会えます
f:id:chirl0301:20200621121938j:image

森林浴カード入れなんてのもありました
f:id:chirl0301:20200621121945j:image

数分で湯村山の東屋を越え

f:id:chirl0301:20200621122647j:image

光るベリー系の花
f:id:chirl0301:20200621122631j:image

約40分で法泉寺山(539m)
f:id:chirl0301:20200621122638j:image

森の登山道

f:id:chirl0301:20200621123358j:image

展望が開けると富士山が雲の上にスクっと
f:id:chirl0301:20200621122635j:image

反対側にはこれから登る白山ものぞめます
f:id:chirl0301:20200621122627j:image

ここからはそこそこの登り

一枚岩をうまく整備した登山道
f:id:chirl0301:20200621122624j:image

登りきると白山頂上(670m)
f:id:chirl0301:20200621122643j:image

御祭神である八王子(三女五男)を祀る白山八王子神社

f:id:chirl0301:20200621141218j:image

祠の裏手より降って行くと千代田湖が見えます
f:id:chirl0301:20200621141222j:image

赤茶の登山道に巨岩あり
f:id:chirl0301:20200621141226j:image

持ち上げてみた。。。ってか😅
f:id:chirl0301:20200621141230j:image

標高は低くてもなかなかの展望です

f:id:chirl0301:20200621141932j:image

岩と葉のコントラストにうっとり
f:id:chirl0301:20200621141950j:image

岩と光る毛虫のコントラスト。。。
f:id:chirl0301:20200621141946j:image

真っ赤なイチゴも光ってます
f:id:chirl0301:20200621141936j:image

降りきると千代田湖

湖の端にハスの花が咲き詰めてます
f:id:chirl0301:20200621141943j:image

今が一番良い状態のよう

緑のまんまる葉っぱに白く輝く花
f:id:chirl0301:20200621141928j:image

うちのレゲェボーイもアフロヘアをまとめて湖畔でポーズ

f:id:chirl0301:20200621141940j:image

湖畔でゆったりコーヒーブレイクして

湖畔の別の登山口から登り返す

f:id:chirl0301:20200621143002j:image

登山道の植物を楽しみながら進みます
f:id:chirl0301:20200621142951j:image

6月の花
f:id:chirl0301:20200621142958j:image

ツルの葉
f:id:chirl0301:20200621142954j:image

どれも完璧❤️

f:id:chirl0301:20200621143439j:image

岩と苔のコントラストもイケてる

なんて登山道を楽しみながら下山

 

アプリによりますと

走行時間 3時間44分

走行距離 8.6km

累計標高差 ↑↓670m

消費カロリー 1699kcal

と、そこそこですね

 

 

おまけは、やまなしフルーツ温泉「ぷくぷく」
f:id:chirl0301:20200621143445j:image

甲府盆地を一望出来る丘の上の温泉で、お天気が良ければ富士山もドーンとのぞめます。

現在の状況からマスクは必須ですが(浴室は不要)、空いているのでソーシャルディスタンスをきっちり守りつつ、久々の温泉を楽しむことが出来ました☺️



おまけのおまけ

 

f:id:chirl0301:20200621174929j:image

千代田湖畔で出会ったかわいいにゃんこ
f:id:chirl0301:20200621174933j:image

にゃー

武甲山そして日和田山〜鎌北湖

コロナ禍で、やっと少し(都道府県をまたがない)動いても良くなった先週末は武甲山へ、今週は日和田〜鎌北湖へ。

f:id:chirl0301:20200607092825j:image

やっばりお山は良いな〜

今回は何度も登らせていただいてるお山なので、この時期のステキなお花や葉っぱを中心に☺️

 

武甲山は昨年の台風でのダメージでしばらく入山禁止が解けて間もなくコロナ禍に。

台風の最大の影響は登山口前の道路の陥没のようで、車で通過に注意が必要です。

登山道に入れば高い針葉樹の合間から刺す日差しの中を行きます。

f:id:chirl0301:20200607094142j:image

マスク下で深呼吸

久しぶり

元気なマムシ
f:id:chirl0301:20200607094153j:image

可憐な白い花
f:id:chirl0301:20200607094201j:image

林の中の小さな花束
f:id:chirl0301:20200607094146j:image

ジブリの世界?

つくりモノのよう
f:id:chirl0301:20200607094157j:image

もううっとり
f:id:chirl0301:20200607094150j:image

武甲山には登りの励み、そして私の心のお守り(^_^*)

f:id:chirl0301:20200607094825j:image

何丁目に存在するかは登ってご確認あれ
f:id:chirl0301:20200607094817j:image

もちろん下りでも😌

台風の影響も最小限で抑えられたようで安心しました
f:id:chirl0301:20200607094828j:image

これも地元の方々のお陰だと思います

本当に感謝です

おまけの頂上
f:id:chirl0301:20200607094833j:image

からの秩父
f:id:chirl0301:20200607094822j:image

頂上直下でコーヒーブレイクして下山

もちろん今回も頂上トイレ用のお水を歩荷してのお山登り

緊急事態宣言中の「ご近所(半径25km圏内)歩け歩け」が功を奏し、難なく登山ができホッとしました😅

 

そして、今週末は久々の日和田〜物見山〜北向地蔵〜鎌北湖〜宿谷の滝〜高指山〜日和田

早朝の曇り空の中、登山開始

f:id:chirl0301:20200607100606j:image

鳥居をくぐったら男坂

水場の脇より登山道へ

f:id:chirl0301:20200607104837j:image

男坂には短いですが岩登りもあります
f:id:chirl0301:20200607101039j:image

神社を経て日和田頂上

f:id:chirl0301:20200607101222j:image

湿気の多い林の中の登山道には生き生きした植物が溢れてます

f:id:chirl0301:20200607101800j:image

蛇苺は大豊作?
f:id:chirl0301:20200607101812j:image

アザミも元気!
f:id:chirl0301:20200607101757j:image

光る白い花
f:id:chirl0301:20200607101808j:image

ジャングルみたい
f:id:chirl0301:20200607101816j:image

白い人面クモ🕷
f:id:chirl0301:20200607101754j:image

シダも飛んで行きそうな躍動感
f:id:chirl0301:20200607101804j:image

自然の盆栽

f:id:chirl0301:20200607102316j:image

そして北向地蔵
f:id:chirl0301:20200607102325j:image

お地蔵さんもマスク

地元の方々に愛され大切にされているお地蔵さんです

さらに林の中、鎌北湖へ
f:id:chirl0301:20200607102328j:image

花の狂乱
f:id:chirl0301:20200607102258j:image

モチーフに完璧なフォルム
f:id:chirl0301:20200607102308j:image

売物じゃありません

登山道脇の植物なのです
f:id:chirl0301:20200607102320j:image

完璧!
f:id:chirl0301:20200607102334j:image

お見事!
f:id:chirl0301:20200607102302j:image

惚れ惚れ
f:id:chirl0301:20200607102342j:image

感動しながら鎌北湖に着くと、噂には聞いてましたが、鎌北湖は水無

すぐに脇の登山道を登り、展望ベンチでコーヒーとプロテインバーでちょっとブレイク
f:id:chirl0301:20200607102338j:image

登り返しの登山道も花を楽しむ
f:id:chirl0301:20200607102312j:image

少し息があがったって、この可憐さにはうっとり
f:id:chirl0301:20200607102305j:image

梅雨近づく登山道を行く
f:id:chirl0301:20200607100603j:image

神秘的な宿谷の滝

f:id:chirl0301:20200607103601j:image

登りも楽しみ
f:id:chirl0301:20200607103558j:image

花々に癒え
f:id:chirl0301:20200607103617j:image

またまたうっとり
f:id:chirl0301:20200607103609j:image

なんと銀龍草らしきまで🐉
f:id:chirl0301:20200607103605j:image

そして物見山を通過

f:id:chirl0301:20200607103613j:image

日和田に戻る里山周遊

 

里山植物図鑑のようなブログ

ただし、名前がようわからん植物図鑑😓

 

やっぱ お山 良いですな

まだ、お風呂には寄らず、直帰してシャワーの先週今週

stay Home で作品作り&とにかく歩く!

緊急事態宣言が出て仕事を週3にシフトし、その間、とにかく作る!そしてとにかく歩く!をしてきました。

作る!ではいつもよりたくさんの作品を作成し、minneにボチボチ出展😌

そこそこ売れてる様子😁

f:id:chirl0301:20200526075311j:image

そして歩く!はディスカバご近所、自宅から半径12km(往復25km目安)をご近所とし、なるべく人との接触を避け歩きまくる。

f:id:chirl0301:20200525075048j:image

幸い私のご近所定義には遊歩道のある川が3つあり、よく整備されていて距離もあり、とにかく歩く!を週40〜60km歩くことができました☺️

こんな「どこか来ちゃった感」のご近所

f:id:chirl0301:20200526074608j:image

ちょっと距離あるご近所

都立狭山公園や八国山公園

f:id:chirl0301:20200526185748j:image

お花もたくさんたくさん撮影

f:id:chirl0301:20200526074745j:image

すぐにスケッチそして刺しゅうへf:id:chirl0301:20200526074736j:image

f:id:chirl0301:20200526074919j:image

ご近所にはお花か咲き乱れ
f:id:chirl0301:20200526074741j:image

作品に☺️

f:id:chirl0301:20200526075045j:image

f:id:chirl0301:20200526190029j:image

少し時間も出来たので、チャレンジも

ギターストラップ

f:id:chirl0301:20200526075241j:image

f:id:chirl0301:20200526185941j:image

春〜梅雨前 花咲き乱れ
f:id:chirl0301:20200526185946j:image

どんどん作ろ
f:id:chirl0301:20200526185937j:image

そんな緊急事態宣言下の生活

解除でそろそろ少しずつ動けるかしら

な今日この頃

 

このblogのぞいてくれた方

もし良かったら、

minneの手作り作家chirl-sも

のぞいて見てください☺️

 

 

久々の手芸 春の新作 

f:id:chirl0301:20200329092208j:image

世の中が大変なことになってしまってる今

どこにも行けず。。。

春に向けてminneにアップし始めた作品を掲載してみます☺️

春夏物は、基本飛騨高山小鳥屋さんの刺し子糸で刺しゅうを施したり、モチーフ編みしたりした雑貨です。

まずは巾着いろいろ

まずは真っ赤な巾着

f:id:chirl0301:20200328155808j:imagef:id:chirl0301:20200329090020j:image

表は刺し子糸でハート型刺しゅう

裏はエスニックなリボンを貼り付けてみました
サックスの巾着には小花

f:id:chirl0301:20200329085813j:imagef:id:chirl0301:20200329085820j:image
大人かわいいグレー×ブルーの巾着
f:id:chirl0301:20200329085816j:imagef:id:chirl0301:20200329085828j:image
くるくる模様を施したオリーブの巾着
f:id:chirl0301:20200329085825j:imagef:id:chirl0301:20200329085836j:image
中袋もオシャレに/ギンガムチェック

f:id:chirl0301:20200329085823j:imagef:id:chirl0301:20200329090449j:image

それぞれ工夫しています☺️

ジーンズ地のトートも落ち着いた色合いの飛騨高山小鳥屋さんの刺し子糸でやんわりカラフルに、中袋には刺しゅうを施したポケットを付けました。

f:id:chirl0301:20200329090633j:imagef:id:chirl0301:20200329090710j:image

刺し子糸で編んだ小花モチーフ付巾着

裏は刺しゅう

f:id:chirl0301:20200329091215j:imagef:id:chirl0301:20200329091301j:image

赤い小花モチーフの巾着

f:id:chirl0301:20200329091546j:imagef:id:chirl0301:20200329091617j:image

とても軽い縦長のショルダートート

シュールねこさんとボタニカル刺しゅう

f:id:chirl0301:20200329091836j:imagef:id:chirl0301:20200329091955j:imagef:id:chirl0301:20200329092015j:image

ねこさんシルエットにボタニカル刺しゅう

f:id:chirl0301:20200328155640j:imagef:id:chirl0301:20200329092124j:image

全ての花葉はデッサンからおこしたオリジナルデザインです。

f:id:chirl0301:20200329092148j:image

こちらもボタニカル刺しゅうのショルダートート

f:id:chirl0301:20200329092513j:imagef:id:chirl0301:20200329092545j:image

刺しゅうはデッサンからおこしたオリジナルデザイン 中袋のポケットにも施しました。

f:id:chirl0301:20200329092616j:imagef:id:chirl0301:20200329092647j:imagef:id:chirl0301:20200329092658j:image

刺し子糸で編んだモチーフを貼り付けたショルダートート

f:id:chirl0301:20200329092844j:imagef:id:chirl0301:20200329092906j:image

モチーフはこんな感じ

f:id:chirl0301:20200329093110j:imagef:id:chirl0301:20200329093128j:image

中袋のポケットにもモチーフを付けています

f:id:chirl0301:20200329093300j:image

ほんの一部ですが...

不要不急な外出が出来ない今

週末や出勤(仕事柄テレワークは出来ず...)からの帰宅後、いつも以上に作製に向かっています😅

 

あらっ、良いじゃん

なんて思われたら、

minne CHIRL-S GALLERY(手作り作家chirl-s)

のぞいてみてくださいませ☺️