chirl0301の山旅と手芸おまけににゃんこ

大好きな山の旅と つくること そしておまけににゃんこのブログ始めました

玉原・川場 武尊山嶺を満喫

f:id:chirl0301:20220918101030j:image

9月の三連休、日祝は雨予報、ならば初日しかない。

で、以前よぉくスノボで通っていた玉原へ。

スキー場先のセンターハウスよりスタート

f:id:chirl0301:20220918100738j:image

登山口までの道々もたくさんのお花がお出迎え
f:id:chirl0301:20220918100747j:image

ミゾソバはめちゃ可憐
f:id:chirl0301:20220918100745j:image

花火のよう
f:id:chirl0301:20220918100735j:image

ミズチドリかな
f:id:chirl0301:20220918100750j:image

十二山宮とあります

お邪魔します

f:id:chirl0301:20220918102016j:image

自然環境センター

f:id:chirl0301:20220918102327j:image

そこここにクマ注あり!
f:id:chirl0301:20220918102324j:image

えっ⁉️

クマさんにエサあげる人いるの⁉️
f:id:chirl0301:20220918102330j:image

鈴鳴らして、大声で喋りながらいかなくちゃ!

f:id:chirl0301:20220918102908j:image

キンコウカ
f:id:chirl0301:20220918102856j:image

木道脇に秋が始まる
f:id:chirl0301:20220918102905j:image

ウメバチソウ
f:id:chirl0301:20220918102853j:image

真っ赤な実も光る
f:id:chirl0301:20220918102858j:image

木道脇のステキ
f:id:chirl0301:20220918102901j:image

玉原湿原

こんなに広々、そして整備されているのに人が全くいない

超穴場❣️
f:id:chirl0301:20220918102910j:image

すすきの中にオクトリカブト
f:id:chirl0301:20220918102849j:image

玉原湿原 もう少し秋が進んでから、また来ようっと

f:id:chirl0301:20220918103550j:image

キレイです
f:id:chirl0301:20220918103600j:image

湿原をぬけてブナの森も進みます
f:id:chirl0301:20220918103652j:image

ここからはきのこさんの狂瀾

f:id:chirl0301:20220918103547j:image

すっくと
f:id:chirl0301:20220918103650j:image

まんまる
f:id:chirl0301:20220918103633j:image

光ってる
f:id:chirl0301:20220918103617j:image

黄金色
f:id:chirl0301:20220918103615j:image

真っ白
f:id:chirl0301:20220918103641j:image
楽しみながら進むと

東大のセミナーハウス
f:id:chirl0301:20220918103612j:image

そこからすぐの木には

誰かさんの爪痕!

近くに絶対いるのです
f:id:chirl0301:20220918103636j:image

ここからも、圧巻のきのこさん

f:id:chirl0301:20220918103553j:image

コブシの実も鮮やか
f:id:chirl0301:20220918103622j:image

ひらひらきのこ
f:id:chirl0301:20220918103609j:image

なんとも大人色
f:id:chirl0301:20220918103557j:image

ブナの木

よぉく見るとたくさんの小さな白いガのような虫がぴったりくっついていて、そばを通ると一斉に飛びます 見えるかなぁ

名付けて ブナっちょ😁
f:id:chirl0301:20220918105025j:image

これぞ 木の子
f:id:chirl0301:20220918103639j:image

コブシの実も色変しえいく
f:id:chirl0301:20220918103647j:image

こんなきのこは初めましてです
f:id:chirl0301:20220918103628j:image

ブナの森のきのこを楽しみながら登っていくと前が開けます

f:id:chirl0301:20220918105301j:image

ぎりぎり青空の尾根道
f:id:chirl0301:20220918103603j:image

玉原湖も見えます
f:id:chirl0301:20220918103644j:image

今日一の景観
f:id:chirl0301:20220918103606j:image

尼ヶ禿山(あまがはげやま)山頂
f:id:chirl0301:20220918103631j:image

折り返した所で初めてトレッキンググループに遭遇

分岐で玉原湖方面に下山

下山時も、映えきのこを楽しむ

f:id:chirl0301:20220918105958j:image

赤いキノコたちもそこここに
f:id:chirl0301:20220918110025j:image

黄色も!
f:id:chirl0301:20220918105943j:image

ブナの森・湿原・お花そしてきのこたちを楽しみダム湖まで下山

すすき 玉原湖 の奥に 武尊山
f:id:chirl0301:20220918105946j:image

湖の反対側は秋間近なお山
f:id:chirl0301:20220918110039j:image

足元の芝生にフクロダケ

ぱふっ
f:id:chirl0301:20220918105924j:image

湖脇の芝生でコーヒーブレイク
f:id:chirl0301:20220918105955j:image

先に進むと、ここにもかわいい小花
f:id:chirl0301:20220918110010j:image

タムラソウをたくさん

でもひっそり咲いています
f:id:chirl0301:20220918110013j:image

湿原に続く湖

まだ青空
f:id:chirl0301:20220918110001j:image

毎年、目を癒してくれる
f:id:chirl0301:20220918110019j:image

行きにはこの湧水を汲んでいらっしゃっるご夫婦がいらしたので、帰路で確認

ぶなのわきみず

かえるさんが合掌しています

f:id:chirl0301:20220918105933j:image

センターハウスまで戻り、車で川場に向かいます

玉原高原を下りて行く途中

強清水の滝(養老の滝)
f:id:chirl0301:20220918105927j:image

この近辺はとても水が豊富
f:id:chirl0301:20220918110022j:image

滝脇のミゾソバのお花もきらきら
f:id:chirl0301:20220918110028j:image

川場に向かう途中

里の初秋
f:id:chirl0301:20220918105921j:image

いこいの湯で汗を流す

なんと入浴料440円!
f:id:chirl0301:20220918105919j:image

周りは稲穂輝く田んぼ
f:id:chirl0301:20220918110016j:image

汗を流したら、日本一広い道の駅

川場田園プラザ
f:id:chirl0301:20220918105930j:image

まずは前々から気になっていたチーズの盛り合わせを食す

f:id:chirl0301:20220918112134j:image

めちゃ好きですー

野菜やアップルパイやソーセージのセットやらを購入し、保冷ケース(買う気満々で来ました!)に移して

まだ少し歩き足りないので、道の駅周辺を歩く

キャンプ場や温泉施設の先にジェラートのお店
f:id:chirl0301:20220918110004j:image

ウシさんが立ってお出迎え
f:id:chirl0301:20220918110036j:image

アホガードとアーモンドのジェラート

これも美味

たくさんのファミリーがそれぞれの方向を向いた気持ちの良いベンチで楽しんでいます
f:id:chirl0301:20220918110031j:image

まだ、少し早そうなリンゴ畑の脇を歩きます
f:id:chirl0301:20220918110033j:image

真っ赤なサルビアと黄金色の田んぼ
f:id:chirl0301:20220918105937j:image

人ようの橋で川を渡る
f:id:chirl0301:20220918105913j:image

端からは田んぼアート

緑人とあり、稲穂に武尊山、鳥も飛んでいる
f:id:chirl0301:20220918105949j:image

旧学校の資料館
f:id:chirl0301:20220918105915j:image

二宮金次郎さん
f:id:chirl0301:20220918110007j:image

その先にはSL

ホテルの奥にD51
f:id:chirl0301:20220918105952j:image

ぐるっと周遊して道の駅に戻り帰宅

夕飯は群馬といえばの

あおぞらの上州焼肉セットにノンアル梅酒で

お疲れ様!
f:id:chirl0301:20220918105940j:image

せっかくの三連休ですが、この後は雨模様

1日でぐるっと玉原〜川場

特に玉原湿原周辺はまだ人が少なく、超穴場

クマさんを除けば、よく整備されたトレッキングコースでオススメです

 

アプリによりますと

走行時間 4時間

走行距離 7.9km

累計標高差 ↑↓420m

消費カロリー 1661kcal

+ 川場散策 でした

栃木〜茨城 初秋 ドライブ

まずは大好きな「道の駅ましこ」

またまたお庭の仲間たちを購入

f:id:chirl0301:20220911082831j:image

「道の駅ましこ」は何度もアップしているので今回は絵なしですが、朝から野菜やらお庭の仲間たちやらを購入し、益子町

まだ開店時間前なので、ちょっと散策

f:id:chirl0301:20220911083251j:image

店先のピンク色の秋明菊に秋を感じつつ

開き始めたお店で、小さな花瓶を二つ購入

益子も何度もアップしてるので通過

f:id:chirl0301:20220911083736j:image

次は「道の駅もてぎ」に向かいます

たくさんの人が道の駅脇の線路の見える場所に集まっています。

しばらくワクワクしながら待っていると、ポッポー!

f:id:chirl0301:20220911082039j:image

真岡鐵道 機関車!
f:id:chirl0301:20220911082029j:image

目の前を煙はきはき、ポッポー!

その音に鳥肌

間近で体感出来て、ちょっと感動しつつ

道の駅の面に回って行くと、「ゆずも」くんのお出迎え
f:id:chirl0301:20220911082042j:image

奥には鮎登り(?)

芝生に遊具やモュメント

広々していて、ご家族連れがたくさん遊んでいます
f:id:chirl0301:20220911082036j:image

たくさんの美味しいモノが揃っています

ここでも野菜やパンを購入

トロピカルフルーツジェラートをいただきます

f:id:chirl0301:20220911084041j:image

凍ったフルーツがめちゃくちゃ入っていて、甘過ぎず、美味❤️

○○大会で3連続優勝したゆずラーメンは長蛇の列が出来ていたので、セットを購入して、桜豚とキノコのもち麦うどんをいただきます
f:id:chirl0301:20220911082026j:image

モッチモッチだし、つゆもお肉もきのこも美味しかったです

お腹いっぱいになって笠間稲荷に向かいます

道中の車窓に黄金色の田んぼが広がります
f:id:chirl0301:20220911082032j:image

実りの秋

笠間稲荷近くのいつもの🅿️に車を入れて、笠間駅まで散策

f:id:chirl0301:20220911085449j:image

有名な駅前のケーキ屋さん
f:id:chirl0301:20220911085452j:image

たくさんの人が購入待ち

。。。次回にします

笠間稲荷に戻る
f:id:chirl0301:20220911085458j:image

栗にはまだ早いようなので、10月を楽しみに(初めて)何も購入せず。。。
f:id:chirl0301:20220911085440j:image

笠間稲荷神社にお参り
f:id:chirl0301:20220911085434j:image

水神籤のおけが可愛い
f:id:chirl0301:20220911085431j:image

こちらは鯛神籤
f:id:chirl0301:20220911085437j:image

可愛いけど、おみくじはいつも通り引かない

で帰路

空に舞い飛ぶ恐竜雲
f:id:chirl0301:20220911085455j:image

絵のまんまの筑波山
f:id:chirl0301:20220911085443j:image

車窓からの夕日をたっぷり味わいながら

1日のドライブを楽しみきる
f:id:chirl0301:20220911085446j:image

八ヶ岳 トレッキング 

f:id:chirl0301:20220820144129j:image

8月 八ヶ岳トレッキングと言えばのコース

白駒池〜高見石〜中山峠〜黒百合ヒュッテ〜にゅう〜白駒池 の周遊

たくさんの苔の森を歩く ザ 八ヶ岳なコースですが、舐めたら痛い目にあいます😏

まずは、白駒池入口登山口よりスタート

f:id:chirl0301:20220820114455j:image

白駒の森へは木道歩きから
f:id:chirl0301:20220820114449j:image

木道の両脇に広がる苔と白樺やコメツガの森
f:id:chirl0301:20220820114452j:image

朝日に耀く白駒池

木道で一周出来るので、登山者だけではなく観光客も大勢いらっしゃいます。
f:id:chirl0301:20220820114446j:image

白駒荘を通り登山道へ

f:id:chirl0301:20220820115300j:image

高見の森も苔の森
f:id:chirl0301:20220820115306j:image

樹木の間からさす朝日が、より一層森を輝かせる
f:id:chirl0301:20220820115254j:image

八ヶ岳の森の世界観もタップリ味わえます
f:id:chirl0301:20220820115303j:image

お花も苔の中に少し控えめに咲く
f:id:chirl0301:20220820115257j:image

苔の森を楽しみつつも足元注意!

大きな湿った石の登山道を登る

f:id:chirl0301:20220820120220j:image

高見石小屋

湿りのある土地に大きな石ゴロゴロなので、テン場も土台の上
f:id:chirl0301:20220820120223j:image

小屋横の岩場をよじ登る
f:id:chirl0301:20220820120226j:image

高見石の展望

眼下の森の中にスタート地点の白駒池が見える

TVでよく見る景色

実際も最高!
f:id:chirl0301:20220820120233j:image

中央アルプス北アルプス〜北辰〜立山剱岳

近くに蓼科山浅間山

泣けるくらいの眺望

f:id:chirl0301:20220820144442j:image

後髪ひかれつつ岩場を降りる

赤いお屋根が高見石小屋
f:id:chirl0301:20220820120229j:image

高見石小屋を通り過ぎて

ここからの登山道も、水が溜まったぐちゃぐちゃな土の上にゴロゴロの大小の石を登る

f:id:chirl0301:20220820145635j:image

真っ赤なキノコや
f:id:chirl0301:20220820145639j:image

ステキな色合いの森のオブジェに励まされつつ、オゴジョの森の登山道を行きます
f:id:chirl0301:20220820145642j:image

結構ハードです

f:id:chirl0301:20220820150142j:image

石ゴロゴロの先に青空が開けます
f:id:chirl0301:20220820150424j:image

岩の合間の赤い小さな実
f:id:chirl0301:20220820150430j:image

石ゴロゴロの中山展望台
f:id:chirl0301:20220820150421j:image

中央も北も北辰もハッキリ見えます!

真夏のピーカンなのに、風が冷たい
f:id:chirl0301:20220820150433j:image

ここでも後髪引かれながら次に進みます

f:id:chirl0301:20220820151209j:image

木々に囲まれた中山山頂
f:id:chirl0301:20220820151206j:image

ここからも石ゴロゴロの登山道を進みます

f:id:chirl0301:20220820151553j:image

大きな葉っぱにも茎にもトゲトゲがいっぱい
f:id:chirl0301:20220820151541j:image

キノコもいっぱい
f:id:chirl0301:20220820151557j:image

分岐の見晴らし台
f:id:chirl0301:20220820151935j:image

硫黄岳・天狗山がよく見えます
f:id:chirl0301:20220820151549j:image

中山峠

f:id:chirl0301:20220820151545j:image

分岐を小屋の方に向かいます
f:id:chirl0301:20220820152204j:image

とても有名な黒百合ヒュッテ
f:id:chirl0301:20220820152201j:image

ここで、何か軽食と思っていましたが、今は改装中で、今日はヘリで荷上げの日とのことで、13時まではアイスのみ。

残念。。。

持参のカレーパンでコーヒーブレイク

相棒の帽子にカマキリ虫がこんにちは

f:id:chirl0301:20220820160248j:image

中山峠まで戻るとヘリが荷物を運んで来るのが見えます

その後も改装に必要な材木とかもあるのか、10回以上飛んで来る音がしていました。
f:id:chirl0301:20220820161405j:image

なかなかのシャッターチャンスに😏としながら、さらに進みます

f:id:chirl0301:20220820161321j:image

森には八ヶ岳ならではのオブジェが点在しています
f:id:chirl0301:20220820161331j:image

オブジェはここにしかない自然の成せる技
f:id:chirl0301:20220820161335j:image

凛とした鳥のよう
f:id:chirl0301:20220820161327j:image

足元も俄然注意!

今度は絡み合った根っこと石ゴロゴロの登山道
f:id:chirl0301:20220820161324j:image

先に岩場の尖った山頂が見えて来ました

f:id:chirl0301:20220820162324j:image

そこに向かうのも見事な根っこの合間を登り
f:id:chirl0301:20220820162335j:image

石ゴロゴロを、さらに岩をよじ登ります
f:id:chirl0301:20220820162338j:image

青空に立ち枯れの木もオブジェと化す
f:id:chirl0301:20220820162341j:image

にゅう山頂です
f:id:chirl0301:20220820162328j:image

ここへ来て初めて富士山
f:id:chirl0301:20220820163140j:image

これから戻る白駒池も見えます
f:id:chirl0301:20220820163312j:image

ここの眺望ももちろん最高!

最後のピークを後に、にゅうの森を下ります

f:id:chirl0301:20220820163753j:image

足元に注意しながら苔の森を下って行くと木道に出ます

両脇はちょっとした池塘
f:id:chirl0301:20220820163750j:image

青々したふかふかの苔に埋まる石
f:id:chirl0301:20220820163804j:image

見上げればこんなステキなスクエア
f:id:chirl0301:20220820163800j:image

ぬかぬかゴロゴロの登山道を降りきると白駒池
f:id:chirl0301:20220820163757j:image

半周して最初の白駒の森の木道に戻る

周遊コース

f:id:chirl0301:20220820163849j:image

八ヶ岳ならではの苔の森と登れば眺望最高の展望台が何ヵ所もあるとてもステキなトレッキングコースです

が、侮ってはいけません!

結構な登山道です。

 

本日のオマケは、閉店間際の道の駅の一コマ

道の駅 うえの の

猪豚ちゃま
f:id:chirl0301:20220820163808j:image

癒えますねー

皆さん食べちゃうのだけど。。。

 

アプリによりますと

走行時間 7:50

               (うち休憩1:37 眺望良い場所多くて😁)

走行距離 9.9km

累計標高差 ↑ 605m ↓610m

                ※ 標高差以上のなかなかのコースです

消費カロリー 3041kcal

 

 

 

 

八ヶ岳の森は大人の夏休み

f:id:chirl0301:20220801102348j:image

7月最終日、コロナ禍の猛暑日

八ヶ岳の森を散策

美の森よりスタート

f:id:chirl0301:20220801101750j:image

展望台への木の階段を登ります
f:id:chirl0301:20220801101802j:image

真夏の青空と

富士山や南アルプスの大大パノラマ
f:id:chirl0301:20220801101746j:image

木枠に八ヶ岳

f:id:chirl0301:20220801101456j:image
笹原の散策路
f:id:chirl0301:20220801101759j:image

笹原に咲く花

f:id:chirl0301:20220801101806j:image

色鮮やかに
f:id:chirl0301:20220801101756j:image

可憐に
f:id:chirl0301:20220801101753j:image

苔を纏う岩
f:id:chirl0301:20220801102721j:image

湿度の高い笹原を抜けて

羽衣の池
f:id:chirl0301:20220801102731j:image

小さな池の周りの木道でぐるっと周る
f:id:chirl0301:20220801102728j:image

森の中の静かなお池を独り占め
f:id:chirl0301:20220801102724j:image

八ヶ岳中腹の森を進む

涼しくはありません

f:id:chirl0301:20220801103424j:image

暑い夏の森

花はイキイキ
f:id:chirl0301:20220801103435j:image
見事な森の一員
f:id:chirl0301:20220801103417j:image

苔も小さな木の子もイキイキ
f:id:chirl0301:20220801103428j:image
花火のように咲きほこる

お見事❣️
f:id:chirl0301:20220801103421j:image

川を渡ります

f:id:chirl0301:20220801104158j:image
川 大きな石 大きく凛とした植物
f:id:chirl0301:20220801104152j:image

そして苔むす岸壁を滴り落ちる滝
f:id:chirl0301:20220801104155j:image

石を渡って近くまで
f:id:chirl0301:20220801104146j:image

もうステキ過ぎるでしょ

f:id:chirl0301:20220801104140j:image

みんな生きてる感満載
f:id:chirl0301:20220801104143j:image

森の 川の 自然の パワーをいただきます

f:id:chirl0301:20220801170453j:image

青々(翠緑)の道
f:id:chirl0301:20220801170518j:image

シダもイキイキ

とてもデカイ
f:id:chirl0301:20220801170514j:image

と 突然

牧場現る
f:id:chirl0301:20220801170509j:image

青空の牧場の中を突っ切る

夏休み感満載だわ
f:id:chirl0301:20220801170506j:image

光る花
f:id:chirl0301:20220801170457j:image

雲が張り付く 富士山
f:id:chirl0301:20220801170501j:image

牧場脇を登り下り

f:id:chirl0301:20220807091626j:image

森 牧場 森を繰り返す
f:id:chirl0301:20220807091614j:image

先の日差しも絵になる
f:id:chirl0301:20220807091617j:image

森に差し込む日差しもため息モノ
f:id:chirl0301:20220807091620j:image

お花もイキイキ
f:id:chirl0301:20220807091633j:image

ノビノビ
f:id:chirl0301:20220807091610j:image

笹原と木々の登山道を登り直し

女山
f:id:chirl0301:20220807091630j:image

うちのコも山頂を楽しむ
f:id:chirl0301:20220807091623j:image

コーヒーブレイクの東屋の屋根に

スズメバチの巣!

そっと退散。。。
f:id:chirl0301:20220807091607j:image

来た夏休み満載の道を返す

こ〜んな森を楽しみながら

f:id:chirl0301:20220807094212j:image

こ〜んな牧場を楽しみながら

大人の夏休み
f:id:chirl0301:20220807094218j:image

美し森の案内板も


f:id:chirl0301:20220807094215j:image

こちら?
f:id:chirl0301:20220807094209j:image

かんなイケてる花も
f:id:chirl0301:20220807094202j:image

大人の夏休みの締めくくりは

八ヶ岳アウトレットのバーガー

ここのアウトレットもコロナの影響で人はマバラ

半分くらいのショップが閉じている様子でした
f:id:chirl0301:20220807094205j:image

早く、コロナ禍の世界から抜け出せますように。。。

 

アプリによりますと

走行時間 5:46

走行距離 11.4km

累計標高差 ↑643m ↓640m

消費カロリー 2392kcal

人混み避けて、奥日光散策へ

f:id:chirl0301:20220724095954j:image

湯元温泉〜湯ノ湖〜湯滝〜小田代ヶ原〜赤沼〜戦場ヶ原〜赤沼〜小田代ヶ原〜湯滝〜湯の湖〜湯元温泉

第7波、3万超え。。。そして、まだ座骨神経痛が辛い私。。。

あまり、高低差なく歩けるところまで人混み避けてお花楽しもうと。

湯元温泉の観光🅿️よりスタート

f:id:chirl0301:20220724100158j:image

湯滝に向かって、湯ノ湖の右岸のコースへf:id:chirl0301:20220724100211j:image

左手が湖、右手がお山の涼しいコース
f:id:chirl0301:20220724100221j:image

ここのところの湿度↑でキノコさんも立派
f:id:chirl0301:20220724100208j:image

ツクリモノのような見事な葉のグラデーション
f:id:chirl0301:20220724100201j:image

ここもジブリの世界観
f:id:chirl0301:20220724100217j:image

いえ、ジブリがこう言う自然から生まれた世界かな
f:id:chirl0301:20220724100214j:image

ニガナは刺しゅうのモチーフでもよく使わせていただいています
f:id:chirl0301:20220724100204j:image

まだ、夏なのに見事な色合い
f:id:chirl0301:20220724100155j:image

クロベの大木

f:id:chirl0301:20220724101122j:image

湯ノ湖を半周すると、湯滝の真上に出ます
f:id:chirl0301:20220724101115j:image

滝を間近に見ながら脇の階段を下りる
f:id:chirl0301:20220724101112j:image

この迫力
f:id:chirl0301:20220724101118j:image

森の中の木道を進みます

f:id:chirl0301:20220724101452j:image

ここもジブリ美術館
f:id:chirl0301:20220724101505j:image

雨なのか、朝霧なのかの水分をみに纏った森はキラキラ
f:id:chirl0301:20220724101502j:image

湯ノ川には湖を越えても温泉成分があるみたい
f:id:chirl0301:20220724101508j:image

川面に小さな白い花
f:id:chirl0301:20220724101459j:image

ぬかるむ道

以前もこんなだったなぁ
f:id:chirl0301:20220724101456j:image

人気も少なく、思わず熊除けのベルを鳴らしました

だって、7/9にもクマ目撃と。。。

そんな森の道を抜けると青空も見えて来ました

f:id:chirl0301:20220724102111j:image

ここからはお花の饗宴です!

見事なツクリのハゴロモホトトギス
f:id:chirl0301:20220724102108j:image

ヤマオダマキ

f:id:chirl0301:20220724102753j:image

キツネフネ

f:id:chirl0301:20220724104137j:image

ニワトコの赤い実
f:id:chirl0301:20220724102803j:image

緑の実はこの後何色になるのかなー
f:id:chirl0301:20220724102757j:image

新芽も紅葉のようにキレイ
f:id:chirl0301:20220724102750j:image

真ん中に男体山を臨める水の縁でコーヒーブレイク

なかなかの足腰の痛みに、腰痛ベルトを付けてまた歩き出す😓
f:id:chirl0301:20220724102800j:image

痛みを和らげるこの景色

f:id:chirl0301:20220724103345j:image

ホザキシモツケの群生
f:id:chirl0301:20220724103342j:image

鮮やかなノアザミ
f:id:chirl0301:20220724103331j:image

夏の小田代ヶ原
f:id:chirl0301:20220724103348j:image

ハクサンフウロ
f:id:chirl0301:20220724103335j:image

イブキトラノオも群生してました
f:id:chirl0301:20220724103324j:image

ノアザミに蝶々

ナイスショット❤️
f:id:chirl0301:20220724103329j:image

こちらはニッコウアザミ

ノアザミと同じ色でも花がいくつかくっついて咲くようで、見分けられます

f:id:chirl0301:20220724103338j:image

コバキホウジ

メシベが絵のよう
f:id:chirl0301:20220724104342j:image

周遊しようと赤沼方面に向けて歩く

f:id:chirl0301:20220724105015j:image

森は全てが息づいてる
f:id:chirl0301:20220724105034j:image

湯川
f:id:chirl0301:20220724105031j:image

車道を超えて赤沼自然情報センターなる大きな🅿️先に行くも赤沼には出会えず、引き返す

こんな見事な色合いの花に会えたからイイカ
f:id:chirl0301:20220724105019j:image

戦場ヶ原へ
f:id:chirl0301:20220724105040j:image

夏の戦場ヶ原
f:id:chirl0301:20220724105012j:image

木道をどんどん進む

。。。が、先で通行止め

周遊出来ず。。。
f:id:chirl0301:20220724105025j:image

痛む足腰にムチ打ちながら

小田代ヶ原まで引き返す
f:id:chirl0301:20220724105022j:image

途中2度程休みながら、湯滝まで戻り売店で元気ジュースを飲み、滝脇の階段を登り湯ノ湖へ

行きと対岸のコースへ
f:id:chirl0301:20220724105028j:image

湖の縁に湧き出す温泉
f:id:chirl0301:20220724105037j:image

湯元温泉に戻る周遊

いまの足腰には限界の歩きかな。。。

帰路の夕焼け

夏だなぁ
f:id:chirl0301:20220724105043j:image

 

アプリによりますと

走行距離 20.7km

走行時間 約7時間

累計標高差 ↑381m↓382m

消費カロリー 3200kcal

 

 

 

初夏 花の高峯山〜水ノ塔山〜西篭ノ山

f:id:chirl0301:20220703160032j:image

お花の山に行きたい!

そこで浅間山嶺、お花の山々へ

ただ、今週は仕事が忙しく、座骨神経痛が。。。

まっ、行けるところまで行ってみよー!

まずは車坂峠の🅿️よりスタート

高峯山登山口は白い鳥居をくぐる

f:id:chirl0301:20220703160141j:image

鮮やかなドウダンツツジのお出迎え
f:id:chirl0301:20220703160139j:image

青空の下、気持ちの良い登山道
f:id:chirl0301:20220703160148j:image

木々も生き生き
f:id:chirl0301:20220703160152j:image

シャクナゲの中でも、可憐なハクサンシャクナゲ

浅間外輪で一目惚れ以来
f:id:chirl0301:20220703160145j:image

とてもステキな登山道
f:id:chirl0301:20220703160154j:image

今日はお花の写真だらけになりそー

f:id:chirl0301:20220703160929j:image

パンショウヅルでしょうか
f:id:chirl0301:20220703160933j:image

アヅマツリガネツツジでしょうか
f:id:chirl0301:20220703160936j:image

ゴゼンタチバナですわ
f:id:chirl0301:20220703160919j:image

マイヅルソウかな?

f:id:chirl0301:20220703170109j:image

えっとー。。。
f:id:chirl0301:20220703160923j:image

たくさんのウラジロヨウラクが登山道をより映えさせる

f:id:chirl0301:20220703162109j:image

蕾のシャクナゲも可憐
f:id:chirl0301:20220703160926j:image

お尻や足が痛いなんて言ってられない

観るモノだらけの登山道

f:id:chirl0301:20220703161445j:image

浅間山嶺らしい大きな岩も青空に映えます
f:id:chirl0301:20220703161448j:image

どうよ!ってな感じ
f:id:chirl0301:20220703161451j:image

楽しみながら、あっと言う前に

高峯山山頂
f:id:chirl0301:20220703161454j:image

久々の北アルプス

大パノラマに感激!
f:id:chirl0301:20220703161457j:image

祠に剣
f:id:chirl0301:20220703161500j:image

分岐まで戻り、水ノ塔山方面へ

f:id:chirl0301:20220703162416j:image

ナナカマドのお花
f:id:chirl0301:20220703162435j:image

足元にも葉の楽園
f:id:chirl0301:20220703162409j:image

スキー場脇の森の中の登山道
f:id:chirl0301:20220703162420j:image

抜けると、高峯温泉宿
f:id:chirl0301:20220703162402j:image

水ノ塔山方面登山道
f:id:chirl0301:20220703162424j:image

ゴゼンタチバナ
f:id:chirl0301:20220703162429j:image

こちらでもまだシャクナゲが見られます
f:id:chirl0301:20220703162432j:image

高原の森の登山道
f:id:chirl0301:20220703162406j:image

一変、溶岩転がる登山道へ
f:id:chirl0301:20220703162413j:image

痛み始めたけど、先に行きたい!

コーヒーブレイクし、痛み止めを飲んで進みます

f:id:chirl0301:20220703163741j:image

岩の合間のお花たちが痛みを和らげてくれるはず

f:id:chirl0301:20220703163754j:image


青空も岩もとにかくカッコイイ
f:id:chirl0301:20220703163748j:image

癒されて
f:id:chirl0301:20220703163744j:image

登ります
f:id:chirl0301:20220703164520j:image

水ノ塔山

f:id:chirl0301:20220703164227j:image

まだ続くな

痛み止め効いてるうちにもう一座

東篭ノ塔山方面へ
f:id:chirl0301:20220703163757j:image

やっと会えたね!

久しぶりのイワカガミ

f:id:chirl0301:20220703165652j:image

岩ゴロゴロの登山道を登り降り
f:id:chirl0301:20220703165649j:image

開ける
f:id:chirl0301:20220703165655j:image

大きな岩は笑ってる?
f:id:chirl0301:20220703165646j:image

先の登山道が見えます

f:id:chirl0301:20220703170610j:image

ガレの下に自動車道
f:id:chirl0301:20220703170604j:image

癒しの花束
f:id:chirl0301:20220703170630j:image

次々変わる登山道
f:id:chirl0301:20220703170607j:image

東篭ノ塔山
f:id:chirl0301:20220703170636j:image

石ゴロゴロの山頂

反対側の池の平から、大勢の方が登って来られる
f:id:chirl0301:20220703170640j:image

ママハハコも久しぶりだなぁ
f:id:chirl0301:20220703170623j:image

ピストンで戻ります

岩も上を向いて何やら叫んでる?
f:id:chirl0301:20220703170620j:image

振り返ると歩いて来た登山道の先に、東篭ノ山
f:id:chirl0301:20220703170627j:image

戻りの登山道

反対側から見ると、また新たな発見
f:id:chirl0301:20220703170613j:image

イワカガミも行きよりたくさん見つけられる
f:id:chirl0301:20220703170633j:image

こ〜んな登山道

久しぶり❣️
f:id:chirl0301:20220703170617j:image

痛みが戻ってきたけど、楽しみながらゆっくり気をつけながら高峯温泉宿まで戻る

ここにも癒しのお花

f:id:chirl0301:20220703171603j:image

スキー場の中の砂利道を🅿️に向けて歩きます

f:id:chirl0301:20220703171925j:image

やった!

クリーム色のキバナノヤマオダマキみっけ!
f:id:chirl0301:20220703171616j:image

ハクサンフウロ
f:id:chirl0301:20220703171626j:image

先始めのニッコウキツゲ
f:id:chirl0301:20220703171620j:image

アヤメも
f:id:chirl0301:20220703171606j:image

花花花

変化に富む登山道

なかなか楽しい山歩きでした

 

アプリによりますと

走行時間 6時間弱

走行距離 8.9km

累計標高差 ↑↓701m

消費カロリー 2748kcal

 

おまけは帰路の横川で「おぎのや峠の釜飯」を購入
f:id:chirl0301:20220703171609j:image

迫力満点の妙義山
f:id:chirl0301:20220703171612j:image

麓の温泉で汗を流して高速で帰宅
f:id:chirl0301:20220703171623j:image

痛みも温泉に溶けてなくなって欲しい!!

な、山旅でした。

初夏の大菩薩嶺へ

f:id:chirl0301:20220626174539j:image

何だか尻切れとんぼのような梅雨があがったらしい宣言

真っ晴れた6月最終末 3度目の大菩薩嶺

少し遅めの8時着のため、🅿️はギリセーフ

f:id:chirl0301:20220626175012j:image

上日峠登山口より森の中の登山道へ

(車道の登山道あり)
f:id:chirl0301:20220626175010j:image

昨日こちらは雨降った?

みずみずしい苔がキレイ
f:id:chirl0301:20220626175002j:image

福ちゃん荘
f:id:chirl0301:20220626174958j:image

ここからも登山道は選べます

雷岩経由の大菩薩嶺への登山道へ

(大菩薩峠への車道の登山道あり、そちらの方に進む方が多いみたい)
f:id:chirl0301:20220626175007j:image

緑耀く登山道を行きます

f:id:chirl0301:20220626175830j:image

青空とのコントラスト最後
f:id:chirl0301:20220626175833j:image

開けると石ゴロゴロのつづらおりが始まります
f:id:chirl0301:20220626175837j:image

やっぱり青空に勝る登山道なし な感じ

f:id:chirl0301:20220626175827j:image

約1時間弱で尾根へ

雷岩付近は相変わらず多くの人

久しぶり 青空バックの富士山

f:id:chirl0301:20220626180611j:image

足元、ぬかる登山道を進むと木々に囲まれた

大菩薩嶺(2056.9m)

f:id:chirl0301:20220626181107j:image

雷岩まで戻り、ここからは展望の良い尾根歩き

甲府盆地の先に、南アルプス
f:id:chirl0301:20220626181120j:image

今日は風が強い

木々がオブジェみたい
f:id:chirl0301:20220626181113j:image

青空 緑 緑 緑の登山道に控えめなお花
f:id:chirl0301:20220626181103j:image

ポッカリ雲も絵のような風景に

f:id:chirl0301:20220626181110j:image

最高のロケーション
f:id:chirl0301:20220626181116j:image

🅿️の人々はどこ?

な位の尾根歩きを満喫
f:id:chirl0301:20220626181100j:image

進んで行くと、思った通り、車道方面からの登山者とすれ違いが始まる

賽の河原

f:id:chirl0301:20220626182400j:image

斜面に控えめな山ツツジ

岩陰でコーヒーブレイク

f:id:chirl0301:20220626182612j:image

人が増えて来たので足早に

岩ゴロゴロも多少ありますよ

f:id:chirl0301:20220626183359j:image

有名な介山荘
f:id:chirl0301:20220626182407j:image

そして大菩薩峠
f:id:chirl0301:20220626182403j:image

トイレをお借りして、足早に石丸峠方面に上がって行きます
f:id:chirl0301:20220626180607j:image

この登山道はジブリの世界観

f:id:chirl0301:20220626183309j:image

かわいいし!
f:id:chirl0301:20220626183303j:image

輝いてるし!
f:id:chirl0301:20220626183249j:image

可憐だし!
f:id:chirl0301:20220626183307j:image

ジブリ感の森をぬけると熊沢山
f:id:chirl0301:20220626183246j:image

この先は景色が一変

青空の下の笹原のお山
f:id:chirl0301:20220626183259j:image

こちらもため息出ちゃうような景観

風に吹かれながら気持ち良い登山道
f:id:chirl0301:20220626183255j:image

人も少なく、たっぷり楽しみながら石丸峠
f:id:chirl0301:20220626183243j:image

上日峠目指して下山開始も気持ちの良い道
f:id:chirl0301:20220626183252j:image

林の中の登山道

f:id:chirl0301:20220626184226j:image

車道を横切り進む
f:id:chirl0301:20220626184223j:image

沢を3回程渡ります
f:id:chirl0301:20220626184241j:image

森の登山道を進む

元気なマムシ草くんがお出迎え
f:id:chirl0301:20220626184220j:image

上日峠のすぐ下で、久々のお花
f:id:chirl0301:20220626184236j:image

🅿️に戻る周遊

 

帰路の温泉は丹波山村の のめこいの湯へ

道の駅丹波山から川に下り、吊り橋を渡る
f:id:chirl0301:20220626184229j:image

のめこいの湯
f:id:chirl0301:20220626184232j:image

入口に木のオブジェが出迎えてくれます
f:id:chirl0301:20220626184217j:image

良い湯ですよ〜!

 

アプリによりますと

走行時間 4:52

走行距離 8.6km

累計標高差 ↑717m ↓ 714m

消費カロリー  2085kcal