chirl0301の山旅と手芸おまけににゃんこ

大好きな山の旅と つくること そしておまけににゃんこのブログ始めました

日本百名山18座めは『浅間山』

新花の百名山でもある『浅間山』は、活火山レベル2
f:id:chirl0301:20170716173907j:plain
半径2km内は立ち入り禁止のため、前掛山までは行けず、外輪の山々を周り「さいの河原」・「火山館」を経由する周遊コースです

中央高速「小諸インター」から約30分、高峰高原ホテル前のビジターセンター🅿️(無料)に車を停め、登山届を出して出発。
f:id:chirl0301:20170716082634j:plain
まずは登山口より「トーミの頭」を経て一つめの外輪山「黒斑山(ふろふやま)」目指す「中コース」へ
f:id:chirl0301:20170716092702j:plain
歩きやすい林道を登って行くと
f:id:chirl0301:20170716095729j:plain
そこは花の百名山
たくさんの山の花が迎えてくれます
ゴゼンタチバナ
f:id:chirl0301:20170716093215j:plain
花だけではありません
もりの中にはカワイイきのこや
f:id:chirl0301:20170716100058j:plain
形もツヤツヤ色もステキな葉っぱ集
f:id:chirl0301:20170716100257j:plain
足元にはワクワクがいっぱい!
こんなモノまで!
f:id:chirl0301:20170716100414j:plain
シカさん?サルさん?クマさん!?
楽しい(?)ねっ!
森を抜けると木々な合間の尾根歩き
途中 木の間からの展望
f:id:chirl0301:20170716100919j:plain
開けた場所に案内図
ここまで「中コース」は2km
f:id:chirl0301:20170716101419j:plain
火山活動に備えて 山の中にはこんなモノが設置されています
f:id:chirl0301:20170716101627j:plain
トーミの頭」の向こうに『浅間山
f:id:chirl0301:20170716101804j:plain
さらに尾根を行くと「黒斑山」2404m
f:id:chirl0301:20170716102116j:plain
稜線から観る「アズマシャクナゲ」の向こうの夏空の『浅間山
f:id:chirl0301:20170716102507j:plain
「コケモモ」
f:id:chirl0301:20170716102617j:plain
浅間山』を右手に見ながら外輪の稜線を行く
f:id:chirl0301:20170716102929j:plain
次のピークは「蛇骨岳」2366m
f:id:chirl0301:20170716103122j:plain
火山の山を体感しながら進む
f:id:chirl0301:20170716103543j:plain
次のピークは「仙人岳」2319m
f:id:chirl0301:20170716103659j:plain
その先、さあ ここから一気に降るぞ
「Jバンド」
f:id:chirl0301:20170716103906j:plain
岩の間を急降下
f:id:chirl0301:20170716103950j:plain
振り返ると 歩いてきた外輪の稜線がそびえ立つ
f:id:chirl0301:20170716104121j:plain
先に進む道も一望出来る
f:id:chirl0301:20170716104240j:plain
この下りには「アズマシャクナゲ」がたくさん咲いてます
下り切ると
今度は左手に『浅間山』カッコイイなあ
f:id:chirl0301:20170716104417j:plain
森の中を行くと 現在入れない「前掛山(浅間山)』への」登山口
f:id:chirl0301:20170716104833j:plain
いつか行って見たいですね
さらに草原を行くと「草滑り」を登り返して「トーミの頭」への分岐点
f:id:chirl0301:20170716105344j:plain
その前にちょっと下って「火山館」に寄り道
ここは「浅間山荘」の登山口からのコースで無料休憩所・シェルター・バイオトイレ(200円)・水場があります
f:id:chirl0301:20170716110121j:plain
水場で手を洗い、昼休憩とトイレを使用させていただきました
ここまで約4時間
そして ひっそりたたずむ浅間山の守り神様「浅間神社
f:id:chirl0301:20170716110219j:plain
もちろん お参りして分岐点に」戻ります
一瞬硫黄の臭いのする「湯の平」を通り抜け、急峻の登りへ
目指すは緑の急斜面の上 岩の稜線(0.9km)
f:id:chirl0301:20170716111117j:plain
つづら折れの急斜面を登りながら 振り返るとグラデーションカラーの『浅間山
f:id:chirl0301:20170716111328j:plain
登りは急だけど そこはお花畑
ノアザミ
f:id:chirl0301:20170716111451j:plain
キバナノコマノツメ(黄色スミレ)
f:id:chirl0301:20170716120449j:plain
ツリガネニンジンハクサンフウロ
f:id:chirl0301:20170716111856j:plain
ヤマオダマキ
f:id:chirl0301:20170716112034j:plain
ミネウスユキソウ
f:id:chirl0301:20170716112134j:plain
まだまだたくさんの花々が楽しめ、登りの辛さを忘れさせてくれますよ。
稜線の分岐点に到着
f:id:chirl0301:20170716112711j:plain
トーミの頭」から登ってきた急峻を見下ろす
f:id:chirl0301:20170716112836j:plain
「槍ケ鞘」を経て「表コース」へ
f:id:chirl0301:20170716113240j:plain
途中ここにもシェルターが
f:id:chirl0301:20170716113323j:plain
上板のない木道を降る
f:id:chirl0301:20170716113433j:plain
林道にはデイズニーの森のような きのこ
f:id:chirl0301:20170716113557j:plain
分岐点から2.3km 登山口に到着
f:id:chirl0301:20170716113734j:plain

約6時間の周遊コースは森あり、稜線あり、眺望あり、急峻あり、そしてそこここにたくさんの花や葉っぱや苔やきのこ
とーっても楽しい、飽きない周遊コースでした
7月8月の『浅間山外輪周遊』は超オススメ!
季節を変えても行ってみたいと思ってます
ちなみに逆回りの周遊コースで行く方も、「浅間山荘」コースの方もたくさんいらっしゃいましたよ

下山後は「ビジターセンター」のデッキで果物のスムジー(大550円)でクールダウン
f:id:chirl0301:20170716114752j:plain
りんごとももの香りで、ウソのない100%果実のスムージーGood!
そして「高峰高原ホテル」の日帰り温泉「コマクサの湯」で汗を流し、帰路の横川「おぎのや」で「峠の釜飯」を食し、大満足の1日でした。
f:id:chirl0301:20170716115136j:plain
帰路の方面が同じでしたら、少し下道(旧中山道)で懐かしい味をご堪能ください