読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chirl0301の山旅と手芸おまけににゃんこ

大好きな山の旅と つくること そしておまけににゃんこのブログ始めました

春の里山 日和田山~北向地蔵~鎌北湖~宿谷の滝

奥武蔵自然公園で花と新緑見ながら歩きますf:id:chirl0301:20170423134649j:plain
ファミリーで楽しめますよ🎵

電車なら西武線高麗駅から徒歩10分
車なら日和田山の登り口すぐに🅿️(300円)あり

登り口入ってすぐにベンチとトイレがあります
f:id:chirl0301:20170423135134j:plain
登る道はいくつかあって 山の真ん中 新緑の中を行きます
f:id:chirl0301:20170423135340j:plain
おしゃべりしなからや 小さいお子ちゃま連れの方は、右端に斜度の少ないゆったり道もありますよ。

目先には新緑の中 鮮やかな花🌸
f:id:chirl0301:20170423140703j:plain
足元にも花🌸
f:id:chirl0301:20170423140504j:plain

大きな鳥居を抜け
f:id:chirl0301:20170423135620j:plain
男坂と女坂の分岐点
f:id:chirl0301:20170423135722j:plain
男坂へ進むと木の根っこ登りや
f:id:chirl0301:20170423135835j:plain
岩をよじ登る
f:id:chirl0301:20170423140010j:plain
短いけれどアスレチックのように楽しめる男坂です
ゆっくり散策しながらの家族連れやカップルは女坂へ

岩を登りきるとまた鳥居があり、奥には本宮
f:id:chirl0301:20170423140624j:plain
振り返ると 眼下には菜の花の黄色と新緑がキレイな巾着田
f:id:chirl0301:20170423141000j:plain
ここでお昼を広げて のんびり景色を楽しんでお帰りになるファミリーがたくさんいらっしゃいます😊
さぁ歩くぞ の方は
和田山山頂へは本宮の右側へ
高指山・物見山へは本宮の左側へ進みます
物見山方面へ林道を行きます
f:id:chirl0301:20170423141354j:plain

少し行くと舗装路に出ます
右手奥の小高く 鉄塔がたつ『高指山』
f:id:chirl0301:20170423141743j:plain
歩道をしばらく行くと景色が開け ミカンの缶詰めのような(😄)山吹の花が咲き乱れています
f:id:chirl0301:20170423141935j:plain
右手にトイレあり(ボチャン式)
左手にちょっとした茶屋あり
いつもなら白い看板ネコが寝てますが 今日は朝早かったためお店も白ネコもまだでした

赤いお顔の案内板の先を右手の山道に入ります
f:id:chirl0301:20170423144931j:plain
林道をしばらく登り
f:id:chirl0301:20170423142840j:plain
『物見山』頂上(375m)
f:id:chirl0301:20170423142944j:plain
少し下って行くと林道の端に無人のお店
夏みかんに菜の花 ・ブロッコリー・里芋・ワラビ・ジャガイモ・キウリフルツ(たぶんキウイフルーツ😊)・シンギク(たぶん春菊😄)
f:id:chirl0301:20170423145638j:plain
季節によっていろいろ出てます
大きめのリュックで来てね
林道にも小さなたくさんの花
f:id:chirl0301:20170423145857j:plain
舗装路に出る直前
お花に囲まれた『北向地蔵』
f:id:chirl0301:20170423150241j:plain
地元の方に愛され 大事にされているのでしょう
赤いお揃いのお帽子にたくさんのお花
f:id:chirl0301:20170423150158j:plain

標識に従って鎌北湖へ
f:id:chirl0301:20170423150619j:plain
下りきると不思議なちょっと妖怪チック(?)な『鎌北湖』
f:id:chirl0301:20170423150950j:plain
新緑と花の中 木の階段を登り また山道へ
途中 新緑の中にベンチとテーブルがあります
目に風に癒されながら 行動食でも食べましょ🎵
f:id:chirl0301:20170423151454j:plain
可憐に咲く白いすみれ
f:id:chirl0301:20170423151216j:plain

舗装路に出て少し行くと左手に『宿谷の滝』に降りて行く木の階段があります
f:id:chirl0301:20170423151838j:plain
下りきると『宿谷の滝』
f:id:chirl0301:20170423152030j:plain
真冬の雪が残る頃 お経を唱える大きな声が響き渡り 白装束の修行者が滝に打たれていました
滝行が終わると 分厚いダウンに着替えお帰りなられました😅
滝の左手には川沿いに キレイに整備された歩道があり 暑い夏ファミリーで遊ぶ姿を見ました
先に舗装路とちょっとした車がおけるスペースがあり 穴場かも
f:id:chirl0301:20170423153028j:plain
滝の上には東屋があり 子どもたち遊べる広場もあります
f:id:chirl0301:20170423153253j:plain

物見山に向かって小さな沢沿いを行きます
f:id:chirl0301:20170423153512j:plain
沢脇に「パワースポット 宿谷の小滝」とあり
f:id:chirl0301:20170423153658j:plain
シダと高い杉の中の小さな滝
f:id:chirl0301:20170423160450j:plain
急に根っこの急斜面
f:id:chirl0301:20170423154030j:plain
えっちらこっちら登って行くと 右側が開け …植林が伐採された様子…はとても広く 春なのに寒々しい
f:id:chirl0301:20170423154326j:plain
登りきると 舗装路またぎ さらに登ると物見山から北向地蔵の間の林道に戻ります
f:id:chirl0301:20170423154628j:plain

和田山に戻り たくさんの人がくつろぐ岩の上をすり抜けて女坂で花を楽しみながら下山
f:id:chirl0301:20170423154927j:plain

全ての行程でなくても 体調にあわせてお楽しみください
春の新緑やお花を楽しむなら 『今』です❗
家族で ふたりの散策で ぜひ訪れてみてください❗