読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chirl0301の山旅と手芸おまけににゃんこ

大好きな山の旅と つくること そしておまけににゃんこのブログ始めました

『奥多摩むかし道』境橋~奥多摩湖

『御前山』からの下山、ひょんなことから『むかし道』を奥多摩湖に向かう後編です(^^;
f:id:chirl0301:20170406112921j:plain

多摩川を渡る『境橋』の歩道
橋の下は深い渓谷
f:id:chirl0301:20170406113117j:plain
青梅街道は『白髭トンネル』
歩くのは怖いよー、冷たい風が➰((( ;゚Д゚)))
f:id:chirl0301:20170406113335j:plain
行きの車ではいくつかのトンネルを通過したことを思い出し、焦りながら早足でトンネルを抜ける
と、左手に案内板
f:id:chirl0301:20170406113611j:plain
『むかし道』とは良さげ!
歩道のない「青梅街道」を歩かなくても済む\(^o^)/
左手に惣岳渓谷を見ながら細い道を行きます
f:id:chirl0301:20170406113956j:plain
道の両側にはポツリポツリと民家があり
f:id:chirl0301:20170406114238j:plain
そこここに案内板があります
多摩川にはいくつかの吊り橋がかかっていて人は対岸に渡れます
f:id:chirl0301:20170406114523j:plain
『しだくら橋』「惣岳の光」と呼ばれた多くの巨岩の渓谷美が見られる橋だそう
『惣岳の不動尊
f:id:chirl0301:20170406115119j:plain
惣岳公衆トイレもあり、長い道程を行く者としては助かります
f:id:chirl0301:20170406115312j:plain
前回の御前山登山道も含め、小河内ダムのトイレ以外は全て「和式」です、膝プルプルの下山者には💧

樹齢約二百年の『いろは楓』
f:id:chirl0301:20170406115711j:plain
その奥には、たぶん歩き回って来たであろう山並みが見えます
ひとつひとつの案内板を見ながら進むと足元を何かが通過
f:id:chirl0301:20170406115953j:plain
蛇❗
渓谷を眺めているところを相棒がパチリ
良くそこまで近づけるねっ!

『縁結びの地蔵尊』なる夫婦地蔵
f:id:chirl0301:20170406120409j:plain
何でも「こっそり二股大根を供えて一心に祈れば結縁成就」と言われているそう
そんな状況の方、ぜひ試してみてください😊
『馬の水のみ場』や『牛頭観音様』
数々の案内板があり、ひとつひとつ見て周りたいのは山々ですが、何せ下山後のクタクタ状態😵💦
でも道端の花が癒してくれます
f:id:chirl0301:20170406121237j:plain
すみれ
f:id:chirl0301:20170406121311j:plain
山吹
f:id:chirl0301:20170406121345j:plain
えっと〰️ ピンクの花💦

『むかし道』はさらにさらに続き
f:id:chirl0301:20170406121552j:plain
標識に従い
f:id:chirl0301:20170406121657j:plain
さらに奥多摩湖に向かう山道へ
f:id:chirl0301:20170406121826j:plain
やっとダムが見えてきた!
f:id:chirl0301:20170406121917j:plain
ところが何故かダムとは青梅街道を挟んだ反対側の山へと道は続く
登って来た斜面の白い山を遥かに見ながらひたすら『むかし道』なる山道を行きます
f:id:chirl0301:20170406122359j:plain
やっと青梅街道に出る舗装路を見つけ『むかし道』をはずれました
標識によると、この先もまだまだ『むかし道』は続きいろいろ見せてくれるようです
今度はゆっくり奥多摩駅から『むかし道』を散策(結構あるよ!)しましょ。
今日はこの辺で…
舗装路の途中、なになに?陶器の便器らしきものがたくさん
f:id:chirl0301:20170406123030j:plain
不思議…
そして とても表情豊かなタヌキさん
f:id:chirl0301:20170406122853j:plain
動きが早くて撮れなかったけどおサルさんも出現して、疲れた体・すききったお腹を紛れさせてくれました(笑)
やっと奥多摩湖に到着!
f:id:chirl0301:20170406123504j:plain

帰路では奥多摩駅からちょっとの『もえぎの湯』に立ち寄り、長い周遊の疲れを湯に溶かしてきました😊
f:id:chirl0301:20170406123803j:plain
少し奥まっていますが、まだ新しめで大風呂と外湯のみのこじんまりしたお湯屋さんです

さぁ後は肉食べなきゃ!
と言うことで圏央道210円奮発して急いで『げんこつハンバーグ』を食す
f:id:chirl0301:20170406124223j:plain

前回の小河内ダムから惣岳山を経て御前山、そして体験の森らしき谷下り後の『むかし道』編でした
走行約9時間
『むかし道』だけ一緒だった大学生風の3人組、その行程だけでもかなりへこたれているのを見て、「まだまだ負けてないゼ!」とほくそ笑む足パンパンの私でした

奥多摩むかし道』は登山とは別に楽しんでいただくことを心からオススメします